コマンドマクロ*

コマンドマクロは、コマンドのセットに名前付きのショートカットを提供します。

$ *[!DNL name]*$

name マクロ名

マクロは、個別のマクロ定義ファイルで定義され、マテリアルカタログや既定のカタログにアタッチできます。

name では大文字と小文字が区別されません。また、ASCII文字、数字、「 — 」、「_」、「。」の組み合わせで構成することができます。文字.

リクエスト内で'?'の後、またはvignette::Modifierフィールド内の任意の場所でマクロを呼び出します。 マクロは、1つ以上の完全な画像レンダリングコマンドのみを表すことができ、他のコマンドとは「&」区切り文字で区切る必要があります。

マクロ呼び出しは、解析の初期段階で置き換え文字列に置き換えられます。 マクロ内のコマンドは、要求でマクロを呼び出す前に発生した場合、要求内の同じコマンドよりも優先されます。 これは、vignette::Modifierとは異なります。要求文字列内のコマンドは、要求内の位置に関係なく、vignette::Modifier文字列内のコマンドを常に上書きします。

コマンドマクロには引数の値を指定できませんが、カスタム変数を使用して要求の値をマクロに渡すことができます。

マクロは入れ子にできません。

マクロは、同じコマンドや属性を異なるレンダリングイメージに適用する場合に便利です。

http://server/ir/render/cat/vig0?fmt=jpeg&qlt=80&sharpen=1&src=cat/matA&res=40 http://server/ir/render/cat/vig1?fmt=jpeg&qlt=80&sharpen=1&src=cat/matB&res=40 http://server/ir/render/cat/vig2?fmt=jpeg&qlt=95&sharpen=1&src=cat/matC&res=40

次の共通属性に対してマクロを定義できます。

render vignette=cat/$vig$&fmt=jpg&qlt=80&sharpen=1&src=cat/$mat$&res=40

このマクロは次のように使用されます。

http://server/ir/render/cat/vig0?$mat=matc&$render$ http://server/ir/render/cat/vig0?$mat=matc&$render$ http://server/ir/render/cat/vig0?$mat=matc&$render$&qlt=95

qlt=は3番目の要求とは異なるので、マクロの呼び出し後に値を上書きします(qlt=before $render$を指定しても何も起こりません)。

関連項目

catalog::MacroFile, catalog::Modifier,マクロ定義リファレンス

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free