光沢効果

ビネットで有効にすると、レンダラは照明アルゴリズムを変化させて、マテリアルの光沢の変化をシミュレートします(主にコントラストを制御することで)。

この効果は反射レンダリングとは無関係で、鏡面反射をシミュレートすることで補完されます。 エフェクトは、反射を制御するのに使用されるのと同じgloss=glossmap=、およびtype=属性を使用して制御されます。

このページ