材料の色付け

ほとんどのマテリアルは動的にカラー化できます。

カラー化アルゴリズムは非常に単純で、色合い範囲が限られた素材画像に最適です。 マテリアルに色を付けるには、レンダラーは単にbgc=値を引き、各ピクセル値にcolor=値を追加します。

color=が指定されていない場合、色付けは無効になります。 bgc= は、キャビネットマテリアルでは無視されます。代わりに、ファイルに埋め込まれ vnc た基本色の値が使用されます。

このページ