レンダリングの詳細設定

ビネットオーサリングツール (Dynamic Media Image Authoring パッケージの一部 ) は、ビネットレンダーエンジンの低レベルの側面を制御するメカニズムを提供します。

メモ

レンダリング設定は、画像レンダリングおよび画像オーサリングの高度な機能です。 レンダリング設定の使用に関するトレーニング、コンサルティング、またはその両方については、AdobeのテクニカルサポートまたはAdobeのコンサルティング担当者にお問い合わせください。

これらの設定は、画像オーサリングでインタラクティブに制御されます。 画像レンダリングで同じ設定を適用するには、 rs= コマンド ( または catalog::RenderSettings の値 ) です。 このメカニズムは、マテリアルごとに異なるシャープオプションを選択し、ハイライトの彩度やシャドウのコントラストの変化など、照明レンダリングアルゴリズムの動作を変更する場合に使用します。

レンダリングの詳細設定 (rs=) 値

コード

説明

最小値

最大値

説明

A

レンダリングエフェクト/代替シェーダ (Render Effects/Alternate Shader) は、ビネットの設定をオーバーライドします。

0

1

A0=レンダリング効果

A1=代替シェーダ

U

USM (アンシャープマスク)

0

2

USM を使用するには、0 より大きい値を指定する必要があります

W

USM 金額 (%)。

1

500

V

USM 半径(ピクセル)

1

100

X

USM しきい値(レベル)。

0

255

Q

サイズ変更モード。

1

5

  • 最寄りの隣人
  • バイリニア法
  • バイキュービック法
  • スーパーサンプリング(デフォルト値)
  • ランコス窓

R

再サンプリングモード。

0

5

  • 初期設定
  • 最寄りの隣人
  • バイリニア法
  • スーパーサンプリング
  • アダプティブ
  • ポアソンサンプラー

T

スーパーサンプリング:ランダム。

0

200

初期設定は 0 です

S

スーパーサンプリング:ランダムレート。

1

20

初期設定は 5 です

M

アダプティブサイズ変更:深さ。

4

8

N

アダプティブサイズ変更:幅。

2

10

P

ポアソン:サンプル/ピクセル。

1

4

初期設定は 1 です

Y

ポアソン:切り替えを使用します。

0

1

初期設定は 1 です

レンダリングエフェクト(古いシェーダ)

I

ハイライト。

0

100

J

彩度をハイライトします。

0

50

H

明るいマテリアルのシャドウ。

50

100

K

シャドウの彩度。

0

400

L

光沢に基づく外挿強度。

100

600

F100G0

明るさ補正(チェックボックス)

初期設定は on (空白)で、選択解除はF100G0 です。

代替シェーダ

Z

基本的なコントラスト。

0

100

初期設定は 50 です

a

明るさの補正。

0

255

異なる形式:a36.207.136.177.xx

b

彩度の調整。

0

255

異なる形式:b36.207.136.177.xx

c

シャドウの調整。

0

255

異なる形式:c36.207.136.177.xx

d

調整をハイライトします。

0

255

異なる形式:d36.207.136.177.xx

e

鏡面反射光ハイライト。

0

255

異なる形式:e36.207.136.177.xx

xx

形状.

-100

100

上記の値の「xx」を参照してください。

k

照明の調整。

0

255

異なる形式:k64.138.175.60.xx.133.242

u & s

シャドウの色相シフト。

0

255

異なる形式:u8.1.2.3.4.5.6.7.8.s8.1.2.3.4.5.6.7.8.

v&t

ハイライトの色相シフト。

0

255

異なる形式:v8.1.2.3.4.5.6.7.8.t8.1.2.3.4.5.6.7.8.

w

彩度の調整。

g

低彩度のブースト。

詳細レンダリング設定のサンプル

構成を設定中

説明

H60I30J10K200L400U1V10W100X0

画像オーサリングのデフォルト値。

  • USM1
  • H60 =明るいマテリアルのシャドウ (50 ~ 100)
  • I30 =ハイライト (0-100)
  • J10 =ハイライトの彩度 (0~50)
  • K200 =影の彩度 (0~400)
  • L400 =光沢ベースの外挿強度 (100~600)。
  • U1 = USM(アンシャープマスク)(0-2)
  • V10 = USM 半径(1 ~ 100 ピクセル)
  • W100 = USM 量 (1%~500%)
  • X0 = USM しきい値(0 ~ 255 レベル)

H50I0J0K0L100U1V1W1

  • USM1
  • 最大および明るさの補正がすべてオンです。

F100G0H50I0J0K0L100U1V1W1

  • USM1
  • 最大および明るさの補正はすべてオフです。

F100G0H100I100J50K400L600U2V100W500X255

  • USM2
  • 最大および明るさの補正はすべてオフです。

H80I70J40L300U1V8W80X5

  • H80 = USM 金額
  • I70 =ハイライト
  • J40 =ハイライトの彩度
  • L300 =光沢ベースの外挿強度
  • U1 = USM
  • V8 = USM 半径
  • W80 =明るいマテリアルのシャドウ
  • X5 = USM しきい値

Q5R3S11T103U1V6W120X5Z80b.188.88.75.37

シャープ付き代替シェーダ:

  • USM1
  • USM 金額 (120)
  • USM 半径 (0.6)
  • USM しきい値 (5)
  • サイズ変更 (Lanczos)
  • 再サンプリング(スーパーサンプリング、ランダム=ハーフ、レート=ハーフ)
  • コントラスト(強)
  • 彩度の調整(中央の 1 つ目の頂点、エッジの 2 つ目の頂点、3 つ目の頂点の中点の低さ)
  • シャープ(3/4 方向右)

このページ