プロパティ

プロパティデータは、次のreq=タイプに応じて返されます。imagepropsとprops

返信データは、Javaプロパティとして読み取り可能な形式になっています。 一般的なテキストプロパティの応答は、次の一般的な構造を持ちます。

#S7Z OK

# *[!DNL timeStamp]*

*[!DNL objectName.propertyName]*= *[!DNL propertyValue]*

*[!DNL propertyValue]* は空にできます。各行の先頭と末尾、および「=」区切り文字の前後に空白を入れることはできません。 文字列値は一重引用符または重複引用符で囲むことができますが、必須ではありません。

文字列値には、\n\t\:など、JAVAスタイルのエスケープ文字を含めることができます。 または \\.

関連項目

req=

このページ