プロパティ

プロパティデータは、次のreq=タイプに応じて返されます。imagepropsとprops

返信データは、Javaプロパティとして読み取り可能な形式になっています。 一般的なテキストプロパティの応答は、次の一般的な構造を持ちます。

#S7Z OK

# *[!DNL timeStamp]*

*[!DNL objectName.propertyName]*= *[!DNL propertyValue]*

*[!DNL propertyValue]* は空にできます。各行の先頭と末尾、および「=」区切り文字の前後に空白を入れることはできません。 文字列値は一重引用符または重複引用符で囲むことができますが、必須ではありません。

文字列値には、\n\t\:など、JAVAスタイルのエスケープ文字を含めることができます。 または \\.

関連項目

req=

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now