src

マテリアルファイル。 マテリアルデータは、単一のマテリアルカタログ参照の形式、または1つまたは2つのイメージまたはマテリアルデータファイルとして、コンマで区切って指定します。

src = * *|{{ * *| * *}[, *catalogEntrymaterialFileembeddedReqmaterialFile*]

srcE= *name*

srcN= *索引*

catalogEntry

[/][ catId/] recId

materialFile

styleFile | imageFile

embeddedReq

{'is{' isReq'}'}|{'ir{' irReq'}'|{'&brace;' foreignReq'&rbrbrbrace;'

catId

マテリアルカタログID(属性:RootId)。

recId

マテリアルカタログエントリ( catalog::Id)。

styleFile

マテリアルスタイルファイル( .vncまたは .vnw)。

imageFile

画像データファイル。

isReq

画像サービングに対する要求。

irReq

イメージレンダリングのリクエスト。

foreignReq

外部サーバーにリクエストします。

name

埋め込みマテリアルの名前。

索引

埋め込みマテリアルの0を基準とするインデックス番号。

繰り返し可能なテクスチャ、デカール、壁紙のマテリアルには、1つの画像が必要です。画像は、ファイルまたは埋め込み要求として指定できます。

キャビネットマテリアルにはキャビネットスタイルのファイル(.vnc)が必要です。このファイルはネストされた要求として指定できません。 テクスチャイメージファイルはキャビネット用にオプションで、指定した場合は、ファイルまたは埋め込み要求のいずれかになります。

窓の覆いのマテリアルには窓の覆いのスタイルファイル(.vnw)が必要です。これはネストされた要求としては指定できません。 テクスチャファイルはオプションで、指定する場合は、ファイルまたは埋め込み要求です。

画像レンダリングでは、マテリアルカタログ、カタログエントリ、データファイルを検索する際に、画像サービングと同じ規則が使用されます。 詳しくは、画像サービングのドキュメントの​object​データタイプの説明を参照してください。

materialFile は、に対する相対パスで attribute::RootPathす。

foreignReq には、からの相対URLを指定できま attribute::RootUrlす。が設定されている場合は、絶対URLを attribute::AllowDirectUrls 指定できます。

catId​を指定しない場合は、セッションカタログが使用されます。

srcE= ビネット srcN= に埋め込まれたマテリアルへのアクセスを提供します。

サポートされているファイル形式

画像レンダリングは、Dynamic Media画像サービングと同じソース画像形式をサポートします。

複数の異なる解像度の画像データを必要とするアプリケーションは、Scene7 Pyramid TIFF(PTIFF)多解像度形式を使用する場合に最適です。 画像サービングには、サポートされている任意の形式からPTIFF画像を作成するImage Converter(IC)ユーティリティが含まれています。

サポートされているファイル形式の完全なリストについては、画像サービングのドキュメントのICユーティリティの説明を参照してください。

プロパティ

マテリアル属性。 べた塗りを除くすべてのマテリアルに必須です(べた塗りのマテリアルには使用できません)。 すべての文字列では大文字と小文字が区別されます。 index は0以上に設定する必要があります。

初期設定

なし

繰り返し可能なテクスチャを別々に持つ色付きキャビネット用のMSS:

…&obj=cabinets&src=cabs/maple02.vnc,cabs/maple.jpg&res=40&color=185,105,35&…

同じマテリアルを、レコード’ 12-3-2’のマテリアルカタログ'cat’に配置できます。

…&obj=cabinets&src=cat/12-3-2&…

テクスチャ画像を取得するための、画像サービングに対するネストされた要求:

…&obj=main&src=is{texCatalog/texture123?res=30}&res=30&…

関連項目

マテリアルカタログattribute::RootUrlattribute::AllowDirectUrls

このページ