rs

詳細なレンダリング設定。 現在の選択範囲をレンダリングする際に適用する詳細なレンダリング設定を指定します。

rs= *val*

val

レンダリング設定文字列。

レンダリングの外観を微調整するために使用します。 ビネットオーサリングツール(Dynamic Media Image Authoringパッケージの一部)のレンダリング機能を使用して、レンダリング設定文字列を作成します。

プロパティ

マテリアル属性。

初期設定

catalog::RenderSettings をクリックします。

画像オーサリングで何らかの実験を行った後、特定のアプリケーションおよびマテリアルに対して、アンシャープマスク(USM)が正しい量のシャープを提供すると判断されます。 USMを設定するレンダリング設定文字列は、このマテリアルで使用するようにrs=コマンドにコピーされます。

…&rs=U2V20W50X2&…

関連項目

catalog::RenderSettings

このページ