fmt

返信画像の形式。 クライアントに送信される画像データの画像エンコーディング形式と、HTTP応答ヘッダーに対応する応答MIMEタイプを指定します。

fmt= * *[,[ * *][, *formatpixelTypetiffCompression*]]

フォーマット

jpeg

非可逆JPEG

jpg

非可逆JPG

png

損失なしのPNG。

png-alpha

アルファチャンネル付きの損失なしPNG。

tif

TIFF.

tif-alpha

アルファチャンネル付きTIFF

swf

Macromedia swfファイルに埋め込まれた非可逆JPEG。

swf-alpha

Macromedia swfファイルに埋め込まれた非可逆JPEGおよびデフレート圧縮マスク。

PDF

PDFに埋め込まれた画像。

eps

非圧縮バイナリEncapsulated PostScript。

gif

256色のGIF。

gif-alpha

255色とキーカラーの透明度を加えたGIF

pixelType

rgb

RGB画像データを返します。

灰色

グレースケールの画像データを返す。

cmyk

CMYK画像データを返します。

tiffCompression

除外

非圧縮.

lzw

LZW(Lempel-Ziv-Welch)圧縮(可逆)。

zip

「デフレート」圧縮(可逆)。

jpeg

JPEG圧縮(非可逆)。

pixelType このエフェクトは、が指定されていない場合にカ icc= ラースペース変換を出力します。に対応するデフォルトのカラープロファ pixelType イルが適用されます。カラーマネジメントが無効になっている場合、純粋な変換が適用されます。 pixelType を指定した場合は無視 icc= され、出力ピクセルタイプが決定されます。

compression は、tif、tif-alpha、またはPDFがに指定されている場合にのみ使用できま format​す。これらの画像形式でサポートされる圧縮オプションについては、以下の表を参照してください。

qlt- は、次の形式のJPEGエンコーディングオプションを設定します。JPEG、JPEG圧縮のTIFF、JPEG圧縮のPDFおよびSWFファイル。fmt=gifまたはfmt=gif-alphaの場合はquantize=を使用します。 詳しくは、コマンドの説明を参照してください。 その他の形式には、設定可能なオプションはありません。

すべての形式とピクセルタイプに対して、ピクセルコンポーネントあたり8ビットが返されます。

次の表に、format​と​pixelType​の有効な組み合わせ、対応するHTTP応答のMIMEタイプ、ICCプロファイルを埋め込めるかどうか(iccEmbed=を参照)、適用できる形式固有のオプションコマンドを示します。

フォーマット

pixelType

応答のMIMEタイプ

Embed ICC Profile

オプション

jpeg,jpg

rgb、グレー、cmyk

<image>

はい

qlt=

png, png-alpha

rgb、グレー

<image>

はい

png8, png8-alpha

rgb

<image>

はい

tif、tif-alpha

rgb、グレー、cmyk

<image>

はい

tiffCompression

(none|lzw|zip|jpeg)、pathEmbed=、qlt

qlt= は、 tiffCompression が「jpeg」に設定されていない限り無視されます)。

swf、swf-alpha

rgb、グレー

<application>

いいえ

(Flash Playerは、埋め込みICCプロファイルを無視します)。

qlt= attribute::TrustedDomains

PDF

rgb、グレー、cmyk

<application>

はい

tiffCompression

(none|zip|jpeg),qlt=

qlt= は、 tiffCompression が「jpeg」に設定されていない限り無視されます)。

eps

rgb、グレー、cmyk

<image>

はい

pathEmbed=

gif, gif-alpha

rgb、グレー

(データはグレーまたはrgbに変換後、パレットに変換されます)。

<image>

いいえ

クライアントに送信される返信画像データのエンコーディング形式と、HTTP応答ヘッダーに対応する応答MIMEタイプを指定します。

png-alpha は、関連付けられていないアルファを返します(つまり、アルファはピクセル値に事前に乗算を行いません)。一方 tif-alpha swf-alpha で、関連付けられているアルファを返します(つまり、アルファ値はアルファ値に事前乗算されます)。アルファチャンネルは、req=imgのビネットの背景マスクの逆に対応し、req=objectがある場合はグループまたはオブジェクトマスクに対応します。 ネストされたIR要求を使用する際にアルファを適用するには、適切なアルファファイル形式のfmt=を埋め込まれたIR要求とメイン要求に追加します。 icc=でCMYKまたはグレースケールのICCプロファイルが指定されている場合、アルファデータは返されません。

プロパティ

リクエストの任意の場所で発生する可能性があります。

初期設定

format のデフォルト値は attribute::Formatに設定さ tiffCompression れ、デフォルトはに attribute::TiffEncoding設定されます。pixelType を指定しな rgb い場 icc= 合はデフォルトがに設定され、それ以外の場合は指定したICCプロファイルのピクセルタイプに対応します。

関連項目

attribute::Formatattribute::JpegQualityattribute::TiffEncodingqlt=iccEmbed=pathEmbed=req=quantize=

このページ