updateVignettePublishFormat

ビネット公開形式の設定を更新します。

許可されたユーザーの種類

  • IpsAdmin
  • IpsCompanyAdmin
  • TrialSiteAdmin
  • ImagePortalAdmin

パラメータ

入力(updateVignettePublishFormatParam)

名前 種類 必須 説明
*companyHandle* xsd:string はい 会社の担当。
*vignetteFormatHandle* xsd:string はい 発行形式ハンドル。
*name* xsd:string いいえ 発行形式名。
*targetWidth* xsd:int はい ビネットビューのターゲット幅をピクセル単位で指定します。 出力ビネットのサイズがプライマリビネットと同じになるように、ゼロを使用します。
*targetHeight* xsd:int はい 作成されるビネットビューのターゲットの高さをピクセル単位で指定します。 出力ビネットのサイズがプライマリビネットと同じになるように、ゼロを使用します。
*createPyramid* xsd:boolean はい 画像レンダリングサーバでのズーム処理に最適なピラミッドビネットを作成します。このオプションでは、1 つのビネット出力ファイルで複数サイズの表示を作成します。ターゲットビネットサイズフィールドで設定された最大サイズから作成を開始します。表示のサイズは、幅と高さが 128x128 ピクセル以内になるまで、1/2 ずつ縮小されます。
*thumbWidth* xsd:int はい 生成される各サムネールの幅をピクセル単位で指定します。この設定はオプションです。 サムネールファイルを使用しない場合はゼロのままにします。
*saveAsVersion* xsd:int はい 公開するビネットのファイル形式を指定します。 新しいバージョンの画像オーサリングと古いバージョンの画像レンダリングサーバーを前提として、ImageRendering Serverが読み取るビネットバージョンを指定する必要があります。 より高いバージョンを指定した場合、Image Rendering Serverは公開済みのビネットを読み取れません。 ビネットを最新バージョンで公開するには、0に設定します。
*sizeSuffixSeparator* xsd:string はい ビネット名と幅を示すサフィックスを区切る文字を指定します。
*鋭くする* xsd:int いいえ パブリッシュビネットサイズごとに、メインビュー画像にシャープを適用します。シャープは、ビネットを拡大/縮小したときにぼかしを補うことができます。
*usmAmount* xsd:double はい デジタルアンシャープマスクは、特にスキャンされた画像でシャープネスを高める柔軟で強力な方法です。 これにより、各オーバーシュートの大きさ(エッジの境界線の暗さと明るさ)を制御します。
*usmRadius* xsd:double はい 拡張するエッジのサイズやエッジリムの幅に影響を与えるので、半径を小さくすると、より小さいスケールの詳細が強調されます。 半径の値を大きくすると、エッジにハローが発生する場合があります。 細かい詳細は、同じサイズの細かい詳細または半径より小さい細かい詳細が失われるので、小さい半径が必要です。
*usmThreshold* xsd:int はい シャープにする最小の明るさの変更、または隣接する階調値の間隔を、フィルターが機能する前に制御します。 この設定により、より微妙なエッジを手つかずに、より回転するエッジをシャープにすることができます。 許容範囲は0~255です。

出力(updateVignettePublishFormatReturn)

名前 種類 必須 説明
*vignetteFormatHandle* xsd:string はい 更新されたビネット公開形式を処理します。

次のコードサンプルは、ビネット公開形式を更新し、ハンドルを更新された形式に戻します。

リクエスト

<updateVignettePublishFormatParam xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
   <companyHandle>c|21</companyHandle>
   <vignetteFormatHandle>v|21|283</vignetteFormatHandle>
   <name>APIcreateVignettePublishFormat2</name>
   <targetWidth>1000</targetWidth>
   <targetHeight>800</targetHeight>
   <createPyramid>false</createPyramid>
   <thumbWidth>100</thumbWidth>
   <saveAsVersion>0</saveAsVersion>
   <sizeSuffixSeparator>-</sizeSuffixSeparator>
   <sharpen>50</sharpen>
   <usmAmount>240.0</usmAmount>
   <usmRadius>3.1</usmRadius>
   <usmThreshold>150</usmThreshold>
</updateVignettePublishFormatParam>

応答

<updateVignettePublishFormatReturn xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
   <vignetteFormatHandle>v|21|283</vignetteFormatHandle>
</updateVignettePublishFormatReturn>

このページ