setZoomTargets

アセット画像に関連付けられているズームターゲットを設定します。 既存のズームターゲットが上書きされます。

構文

認証されたユーザータイプ

  • IpsUser
  • IpsAdmin
  • IpsCompanyAdmin
  • ImagePortalAdmin
  • ImagePortalContrib
  • ImagePortalContribUser

パラメータ

入力(setZoomTargetsParam)

名前 種類 必須 説明
*companyHandle* xsd:string はい 会社の担当。
*assetHandle* xsd:string はい 設定するズームターゲットを持つアセット。
*zoomTargetArray* types:ZoomTargetDefinitionArray はい ズームターゲット定義の配列。

出力(setZoomTargetsReturn)

名前 種類 必須 説明
*zoomTargetHandleArray* types:HandleArray はい この操作で作成されたズームターゲットに対するハンドルのセット。

このコード例では、名前、位置(x軸とy軸)、幅、高さでズームターゲットの配列を定義し、その配列をアセットに割り当てます。 応答には、新しく作成されたズームターゲットへのハンドルが含まれます。

リクエスト

<setZoomTargetsParam xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
   <companyHandle>c|6</companyHandle>
   <assetHandle>a|739|1|537</assetHandle>
   <zoomTargetArray>
      <items>
         <name>zoomTarget2</name>
         <xPosition>40</xPosition>
         <yPosition>40</yPosition>
         <width>400</width>
         <height>400</height>
      </items>
      <items>
         <name>zoomTarget3</name>
         <xPosition>40</xPosition>
         <yPosition>40</yPosition>
         <width>400</width>
         <height>400</height>
      </items>
   </zoomTargetArray>
</setZoomTargetsParam>

応答

<setZoomTargetsReturn xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
   <zoomTargetHandleArray>
      <items>a|947|9|41</items>
      <items>a|948|9|42</items>
   </zoomTargetHandleArray>
</setZoomTargetsReturn>

このページ