setUrlModifier

指定したアセットに対して、画像サービングまたは画像レンダリングプロトコルコマンドを設定します。 これらのコマンドは、アセットを破棄せずにアセットの表現を変更します。

画像サービングの場合、urlModifierパラメーターのコマンドは「修飾子カタログ」フィールドに公開され、要求URLで指定されたコマンドの前に適用されます。 urlPostApplyModifier内のコマンドは、PostModifierカタログフィールドに公開され、リクエストURLまたはurlModifier内のコマンドが上書きされます。 画像レンダリングの場合、urlModifierurlPostApplyModifierのコマンドが連結され、モディファイヤカタログフィールドにパブリッシュされます。

許可されたユーザーの種類

  • IpsUser
  • IpsAdmin
  • IpsCompanyAdmin
  • ImagePortalAdmin
  • ImagePortalContrib
  • ImagePortalContribUser

パラメータ

入力(setUrlModifierParam)

名前 種類 必須 説明
*companyHandle* xsd:string はい 会社の担当。
*assetHandle* xsd:string はい アセットハンドル。
*urlModifier* xsd:string いいえ 要求またはurlPostApplyModifierコマンドの前に適用する画像サービングまたは画像レンダリングプロトコルコマンド。
*urlPostApplyModifier* xsd:string いいえ urlModifierの後に適用する画像サービングまたは画像レンダリングプロトコルコマンドと、コマンドを要求します。

出力(setUrlModifierReturn)

IPS APIは、この操作に対する応答を返しません。

リクエスト

<setUrlModifierParam xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
   <companyHandle>c|6</companyHandle>
   <assetHandle>a|942|1|579</assetHandle>
   <urlModifier>modify=that</urlModifier>
   <urlPostApplyModifier>action=awesomeToo</urlPostApplyModifier>
</setUrlModifierParam>

応答

なし

このページ