setAssetSetDefinition

既存のアセットセットのセット定義を更新します。

構文

許可されたユーザーの種類

  • IpsUser
  • IpsAdmin
  • IpsCompanyAdmin
  • ImagePortalAdmin
  • ImagePortalContrib
  • ImagePortalContribUser

パラメータ

入力(setAssetDefinitionParam)

名前 種類 必須 説明
*companyHandle* xsd:string はい アセットセットを持つ会社へのハンドル。
*assetHandle* xsd:string はい アセットセットハンドル
*setDefinition* xsd:string はい 定義文字列。 以下を参照してください。

出力(setAssetSetDefinitionReturn)

IPS APIは、この操作に対する応答を返しません。

setDefinitionパラメータ:について

setDefinition関数

setDefinition置換関数をインラインで指定します。 これらは、カタログ検索中またはパブリッシュ時に解決されます。 置換文字列の形式は${<substitution_func>}で、次のようになります。

メモ

パラメーターリスト内のハンドルリテラルは、角括弧([])で囲む必要があります。 解決時に、置換文字列の外側のテキストが出力文字列にコピーされます。

置換関数 アセットの
getFilePath([ asset_handle ]) プライマリファイルのパス。
getCatalogd([ asset_handle ]) カタログID。
getMetaData([ asset_handle ],[ metadata_field_handle ]) メタデータ値。
getThumbCatalogId([ asset_handle ]) カタログID。 画像ベースのアセット(画像、調整されたビュー、レイヤービュー)に適用されます。

その他のアセットの場合は、サムアセットのカタログID(存在する場合)を返します。 サムアセットがアセットに関連付けられていない場合、この関数は空の文字列を返します。

setDefinitionの例

このメディアセット定義文字列:

${getCatalogId([a|1664|22|1664])};${getCatalogId([a|1664|22|1664])}; 
1,${getFilePath([a|1036|19|144])};${getCatalogId([a|452|1|433])};2; 
${getMetadata([a|1036|19|144], [m|1|ASSET|SharedDateField])}

参照時または公開時に次のように解決されます。

jcompany/myRenderSet;jcompany/myRenderSet; 
1,jcompany/Videos/N08275_flv.flv;jcompany/myimg-1;2;20090703 10:05:53

リクエスト

<setAssetSetDefinitionParam xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2009-07-31"> 
   <companyHandle>c|1</companyHandle> 
   <assetHandle>a|1802|44|1802</assetHandle> 
   <setDefinition>${getCatalogId([a|1553|1|1176])};${getCatalogId([a|1553|1|1176])};1;img1, 
   ${getCatalogId([a|632|1|452])};${getCatalogId([a|632|1|452])};1,${getCatalogId([a|1664|22|1664])}; 
   ${getCatalogId([a|1664|22|1664])};1,${getFilePath([a|1036|19|144])};${getCatalogId([ a|452|1|433])}; 
   2;${getMetadata([a1036|19|144], [m|1|ASSET|SharedDateField])}</setDefinition> 
</setAssetSetDefinitionParam>

応答

なし

このページ