saveZoomTarget

ズームターゲットを作成または編集します。

構文

認証済みユーザータイプ

  • IpsUser
  • IpsAdmin
  • IpsCompanyAdmin
  • ImagePortalAdmin
  • ImagePortalContrib
  • ImagePortalContribUser

パラメータ

入力(saveZoomTargetParam)

名前 種類 必須 説明
*companyHandle* xsd:string はい 保存するズームターゲットを持つ会社のハンドル。
*assetHandle* xsd:string はい ズームターゲットのハンドル。
*zoomTargetHandle* xsd:string いいえ ズームターゲットを編集または作成します。
*name* xsd:string はい ズームターゲット名
*xPosition* xsd:int はい 左ピクセルの場所。
*yPosition* xsd:int はい 上のピクセル位置。
*width* xsd:int はい ズームターゲットの幅
*height* xsd:int はい ズームターゲットの高さ
*ユーザデータ* xsd:string はい 顧客固有の情報。 任意のタイプのデータを含めることができます。

出力(saveZoomTargetReturn)

名前 種類 必須 説明
*zoomTargetHandle* xsd:string はい 新しく作成されたズームターゲットを処理します。

このコードサンプルを使用すると、ズームターゲットを保存できます。 応答は、ズームターゲットハンドルを返します。

リクエスト

<saveZoomTargetParam xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd">
   <companyHandle>47</companyHandle>
   <assetHandle>24267|1|17063</assetHandle>
   <name>My Zoom Target</name>
   <xPosition>2</xPosition>
   <yPosition>2</yPosition>
   <width>10</width>
   <height>10</height>
   <userData>My User Data</userData>
</saveZoomTargetParam>

応答

<saveZoomTargetReturn xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd">
   <zoomTargetHandle>34194|9|301</zoomTargetHandle>
</saveZoomTargetReturn>

このページ