createTemplate

複数のテキストと画像レイヤーを含むレイヤーイメージを作成します。

urlModifierパラメーターは、URL上のユーザーが指定したコマンドの前に適用されるImage Serverカタログに保存されるImage Serverプロトコルコマンドを指定します。 urlPostApplyModifierパラメーターは、URLコマンドの後に適用されるプロトコルコマンドを指定します。このコマンドは、ユーザー指定の競合する設定を上書きします。

許可されたユーザーの種類

  • IpsUser
  • IpsAdmin
  • ImagePortalAdmin
  • ImagePortalContrib
  • ImagePortalContribUser

パラメータ

入力(createTemplateParam)

名前 種類 必須 説明
*companyHandle* xsd:string はい テンプレートが属する会社。
*folderHandle* xsd:string はい テンプレートが存在するフォルダーを表すフォルダーハンドル。
*name* xsd:string はい テンプレート名。
*type* xsd:string はい テンプレートタイプ。
*urlModifier* xsd:string はい ISカタログに保存され、URL上のユーザが指定したコマンドの前に適用されるImage Serverコマンドを指定します。
*urlPostApplyModifier* xsd:string いいえ URLコマンドの後に適用するプロトコルコマンドを指定します。このコマンドは、ユーザーが指定した矛盾する設定を上書きします。

出力(createTemplateParam)

名前 種類 必須 説明
*assetHandle* xsd:string はい テンプレートのハンドル。

このコード例では、ハンドル名がAPIcreateTemplateurlModifier、およびurlPostApplyModifierのフォルダーにテンプレートを作成します。 応答は、新しく作成されたテンプレートにハンドルを返します。

リクエスト

<createTemplateParam xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
   <companyHandle>c|21</companyHandle>
   <folderHandle>ApiTestCo/</folderHandle>
   <name>APIcreateTemplate</name>
   <type>Template</type>
   <urlModifier>url=Modifier</urlModifier>
   <urlPostApplyModifier>urlPostApply=Modifier</urlPostApplyModifier>
</createTemplateParam>

応答

<createTemplateReturn xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
   <assetHandle>a|153393|2|2061</assetHandle>
</createTemplateReturn>

このページ