createPropertySet

プロパティセットは、プロパティセットの種類に応じて、様々なIPSオブジェクトにアタッチできる、アプリケーション固有の名前と値のペアのセットです。 プロパティセットの種類で、複数のセットを1つのオブジェクトにアタッチできず(PropertySetType/allowMultipleisfalse)、オブジェクトに既に同じ種類のセットが関連付けられている場合は、既存のセットが新しいセットに置き換えられます。

構文

許可されたユーザーの種類

  • IpsAdmin
  • IpsCompanyAdmin
  • TrialSiteAdmin
  • ImagePortalAdmin

パラメータ

入力(createPropertySetParam)

名前 種類 必須 説明
*typeHandle* xsd:string はい プロパティセットタイプのハンドル。
*primaryOwnerHandle* xsd:string はい プロパティセットのプライマリ所有者へのハンドル。
*secondaryOwnerHandle* xsd:string いいえ プロパティセットのセカンダリ所有者へのハンドル。
*propertyArray* types:PropertyArray はい プロパティの配列。
*permissionArray* types:PermissionUpdateArray

出力(createPropertySetParam)

名前 種類 必須 説明
*setHandle* xsd:string はい 新しいプロパティセットへのハンドル。

このコードのサンプルを使用すると、プロパティの名前と値を含むプロパティセットを作成できます。 応答は、新しいプロパティセットにハンドルを返します。

リクエスト

<createPropertySetParam xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
   <typeHandle>pt|10801</typeHandle>
   <primaryOwnerHandle>u|41|strangio@adobe.com</primaryOwnerHandle>
   <propertyArray>
      <items>
         <name>application_project_whatever</name>
         <value>true</value>
      </items>
      <items>
         <name>application_server_prefix_published_test</name>
         <value>http://s7everest.macromedia.com:8080/is/image/</value>
      </items>
      <items>
         <name>application_server_prefix_origin_test</name>
         <value>http://s7everest:8080/is/image/</value>
      </items>
   </propertyArray>
</createPropertySetParam>

応答

<createPropertySetReturn xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
   <setHandle>ps|941</setHandle>
</createPropertySetReturn>

このページ