batchSetImageFields

1つ以上の画像アセットの画像固有のフィールドを設定します。

構文

許可されたユーザーの種類

  • IpsUser
  • IpsAdmin
  • IpsCompanyAdmin
  • ImagePortalAdmin
  • ImagePortalContrib
  • ImagePortalContribUser

パラメータ

入力(batchSetImageFields)

名前 種類 必須 説明
*companyHandle* xsd:string はい 画像アセットを含む会社へのハンドル。
*updateArray* types:ImageFieldUpdateArray はい 画像フィールドの配列が更新されます。

出力(batchSetImageFields)

名前 種類 必須 説明
*successCount* xsd:int はい 正常に設定された画像フィールドの数。
*warningCount* xsd:int はい 操作が画像フィールドの設定を試みたときに生成された警告の数。
*errorCount* xsd:int はい 操作が画像フィールドの設定を試みたときに生成されたエラーの数。
*warningDetailArray* types:AssetOperationFaultArray いいえ 操作が更新を適用しようとしたときに警告が生成されたアセットに関連付けられた詳細の配列。
*errorDetailArray* types:AssetOperationFaultArray いいえ 操作が更新を適用しようとしたときにエラーが発生したアセットに関連付けられた詳細の配列。

次の例では、更新配列の2つの画像のフィールドにデータを設定します。 この配列では、画像はアセットハンドルで指定され、ピクセル単位の解像度、X位置およびY位置のアンカー座標およびユーザーデータを含みます。 応答は、両方の画像のフィールドが正常に設定されたことを示します。

リクエスト

<batchSetImageFieldsParam xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
   <companyHandle>c|21</companyHandle>
   <updateArray>
      <items>
         <assetHandle>a|140626|1|102524</assetHandle>
         <resolution>72</resolution>
         <anchorX>50</anchorX>
         <anchorY>100</anchorY>
         <userData>nada1</userData>
      </items>
      <items>
         <assetHandle>a|96680|1|64865</assetHandle>
         <resolution>150</resolution>
         <anchorX>100</anchorX>
         <anchorY>50</anchorY>
         <userData>nada2</userData>
      </items>
   </updateArray>
</batchSetImageFieldsParam>

応答

<batchSetImageFieldsReturn xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
   <successCount>2</successCount>
   <warningCount>0</warningCount>
   <errorCount>0</errorCount>
</batchSetImageFieldsReturn>

このページ