batchSetAssetMetadata

バッチモードを使用してアセットメタデータを設定します。

構文

許可されたユーザーの種類

  • IpsUser
  • IpsAdmin
  • IpsCompanyAdmin
  • ImagePortalAdmin
  • ImagePortalContrib
  • ImagePortalContribUser

パラメータ

入力(batchSetAssetMetadataParam)

名前 種類 必須 説明
*companyHandle* xsd:string はい バッチ操作で設定するメタデータの会社へのハンドル。
*updateArray* types:BatchMetadataUpdateArray はい アセットに適用されたメタデータの更新の配列。

出力(batchSetAssetMetadataParam)

名前 種類 必須 説明
*successCount* xsd:int はい 正常に設定されたメタデータの数。
*warningCount* xsd:int はい 操作がメタデータの設定を試みたときに生成された警告の数です。
*errorCount* xsd:int はい 操作がメタデータの設定を試みたときに生成されたエラーの数。
*warningDetailArray* types:AssetOperationFaultArray いいえ 操作がアセットのメタデータをバッチ設定しようとしたときに警告を生成するアセットに関連付けられた詳細の配列。
*errorDetailArray* types:AssetOperationFaultArray いいえ 操作がアセットのメタデータをバッチ設定しようとしたときにエラーを生成するアセットに関連付けられた詳細の配列。

リクエスト

<batchSetAssetMetadataParam xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
<companyHandle>c|6</companyHandle>
<updateArray>
   <items>
      <assetHandleArray>
         <items>a|743|1|538</items>
         <items>a|744|1|539</items>
      </assetHandleArray>
      <updateArray>
         <items>
            <fieldHandle>m|6|IMAGE|saveMetadataField</fieldHandle>
            <value>400</value>
         </items>
      </updateArray>
   </items>
   <items>
      <assetHandleArray>
         <items>a|732|1|535</items>
         <items>a|739|1|537</items>
      </assetHandleArray>
      <updateArray>
         <items>
            <fieldHandle>m|6|IMAGE|saveMetadataField</fieldHandle>
            <value>300</value>
         </items>
      </updateArray>
   </items>
</updateArray>
</batchSetAssetMetadataParam>

応答

<batchSetAssetMetadataReturn xmlns="http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15">
   <successCount>4</successCount>
   <warningCount>0</warningCount>
   <errorCount>0</errorCount>
</batchSetAssetMetadataReturn>

このページ