ScheduledJob

実行がスケジュールされているジョブ。

構文

パラメータ

名前 種類 説明
companyHandle xsd:string 会社の取り扱い。
jobHandle xsd:string スケジュール済みのジョブハンドル。
name xsd:string ジョブ名.
originalName xsd:string スケジュール済みジョブの元の名前。
タイプ xsd:string ジョブタイプ。
submitUserEmail xsd:string ジョブをスケジュールしたユーザーの電子メールアドレス。
ロケール xsd:string ジョブログの詳細と電子メールのローカライゼーションに使用するロケールです。 ロケールは、 <language_code>[- <country_code>](言語コードは ISO-639 で指定された小文字 2 文字のコードで、オプションの国コードは ISO-3166 で指定された大文字 2 文字のコードです)。 例えば、英語(米国)のロケール文字列は次のようになります。 en-US.
description xsd:string 最初に指定されたジョブの説明 ( submitJob.
execSchedule xsd:string ジョブの実行がスケジュールされている場合。
nextFireTime xsd:dateTime ジョブが実行された日付、時刻、およびタイムゾーン。
timeZone xsd:dateTime スケジュール済みジョブのタイムゾーン。
triggerState xsd:int ジョブのトリガー状態の選択。
imageServingPublishJob types:ImageServingPublishJob 画像サービング公開ジョブのジョブの詳細。
imageServingRenderJob types:ImageServingRenderJob 画像レンダリングジョブのジョブの詳細。
videoPublishJob types:VideoPublishJob ビデオ公開ジョブのジョブの詳細。 詳しくは、 VideoPublishJob.
serverDirectoryPublishJob types:ServerDirectoryPublishJob サーバーディレクトリ公開ジョブのジョブ詳細。
uploadDirectoryJob types:UploadDirectoryJob アップロードディレクトリジョブのジョブの詳細。
uploadUrlsJob types:UploadUrlsJob アップロード URL ジョブのジョブ詳細。
optimizeImagesJob types:OptimizeImagesJob
ripPdfsJob types:RipPdfsJob
reprocessAssetsJob types:ReprocessAssetsJob
exportJob types:ExportJob 以前にアップロードしたファイルの承認済み書き出しを許可します。 詳しくは、 書き出しジョブ.

説明

でジョブタイプの値を指定する場合 submitJobの場合、システムはそのタイプに基づいてジョブを返します。 次のジョブを返すことができます。

  • imageServingPublishJob
  • imageRenderingPublishJob
  • videoPublishJob
  • serverDirectoryPublishJob
  • uploadDirectorhJob
  • uploadUrlsJob

このページ