操作:新規および変更済み

最終更新日: 2022-03-11
  • 作成対象:
  • Developer
    Admin

IPS API バージョン 4.5 の新しい操作方法および変更された操作方法について説明します。

構文

新しい操作

  • addMediaPortalEvent
  • addTagFieldValues
  • cdnCacheInvalidation
  • deleteTagFieldValues
  • deleteTagFieldValues
  • getDistinctMetadataValues
  • getMediaPortalEvent
  • getTagFieldValues
  • getXMPPacket
  • searchAssetsByFullText
  • searchAssetsByMetadata
  • setTagFieldValues
  • updateTagFieldValues
  • updateXMPPacket

変更された操作

  • Asset 次を含む animatedGifInfo, swcInfo, cssInfo、および javascriptInfo パラメーター。
  • createMetadataField オプションの isHidden パラメーター。
  • saveMetadataField オプションの isHidden パラメーター。
  • searchAssets
  • この renameFiles パラメーターは以前のリリースで非推奨となり、から削除されました renameAsset 操作。 仮想ファイルのパスは、新しいアセット名(ファイル拡張子を維持)に一致するように変更されますが、物理ファイルのパスは影響を受けません。 API クライアントは、新しい API バージョンに更新する際に、このパラメーターへの参照を削除する必要があります。

このページ