新規追加と変更

IPS API v4.0 の新しい変更と実装された変更について説明します。

異なる WSDL とスキーマ名前空間を使用して、API バージョンを並べて実装しました。

  • 以前の API バージョン: IpsApi.wsdl, http://www.scene7.com/IpsApi/xsd.
  • SPS 4.0 バージョン: IpsApi-2008-01-15.wsdl, http://www.scene7.com/IpsApi/xsd/2008-01-15.

追加済み PostScriptOptions/alpha フィールドに入力します。

追加済み VideoRootUrl および SwfRootUrl プロパティ getProperty 操作。

オプションの追加 appName および appVersion パラメーター authHeader 呼び出し元のアプリケーションを追跡する。 にログを追加しました ipsApiService.log.

オプションの serviceUrl パラメーターを WSDL 生成サーブレットに渡します。 このパラメーターは、デバッグプロキシに役立ちます。 例:http://<server>/scene7/webservice/IpsApi-2008-01-15.wsdl?serviceUrl=http://localhost:8081

実装済み getZipEntries 操作。

システムフィールド条件の検索範囲および入力された比較値を実装しました。

追加済み 'Asset' 主にアセット間メタデータフィールドを許可するための、アセットタイプの文字列定数。

実装済み trashState パラメーター searchAssets.

実装済み getAssetPublishHistory 操作。

オプションの追加 faultHttpStatusCode Flexで障害処理を有効にする SOAP ヘッダー。 Flexの場合は、 <faultHttpStatusCode>200</faultHttpStatusCode>. 障害応答のデフォルトのステータスコードは次のとおりです。 500 (Internal Server Error).

ごみ箱からアセットを復元する操作と、ごみ箱からアセットを空にする操作を追加しました。

CRUD 操作を実装しました。

有効フラグを ImageMap 入力と saveImageMap 操作。

残りのファイルの最適化ジョブのサポートが追加されました。

追加済み setAssetsPublishState 一括公開状態の更新の場合。

追加済み ImageServingPublishSettings, getImageServingPublishSettings, setImageServingPublishSettings.

非推奨 saveMetadataField 新たな手術に有利な createMetadataField および updateMetadataField 操作。

実装済み deleteAssetsParam バッチ削除操作。

実装済み moveAssetsParam バッチ移動操作。

実装済み deleteMetadataField 操作。

実装済み get/setImageRenderingPublishSettings, get/set/create/updateVignettePublishFormat 操作。

実装済み getAssetCounts.

サポートを setImageSetMembers 含む RenderSet メンバー ImageSet アセット。

追加済み replaceImage 操作。

追加済み copyImage 操作。

追加済み setUrlModifier 操作と urlModifier/urlPostApplyModifier フィールド LayerViewInfo, TemplateInfo、および WatermarkInfo.

追加済み createDerivedAsset 操作。 現在、 ownerHandle は画像アセットを参照し、タイプは AdjustedView または LayerView.

追加済み createTemplate 操作。 を呼び出して、テンプレートまたは透かしアセットを作成します。

IPS 会社設定 CompanySettingsを Web サービス API に移行しました。

追加済み excludeByproducts フラグをフィルター searchAssets 操作。 このフラグを true に設定すると、実行が実行されます PSDlayer 画像とPDFのリッピング画像。

追加済み getGenerationInfo 操作。

追加済み SystemMessage プロパティ名 getProperty 操作。

一部のアセットタイプ文字列定数を、対応する「 Asset Info 」フィールドに合わせて変更しました。

  • WordDoc:Word
  • ExcelDoc:Excel
  • PowerPointDoc:PowerPoint
  • RTFDoc:Rtf

成功、警告およびエラーを要約するために、バッチ操作の結果の形式を変更しました。

実装済み batchSetAssetMetadata バッチメタデータ操作。

アプリ固有のデータをサポートするようになりました。

のブール型フラグのサポートを実装しました。 createTemplate, extendLayers、および extractText Photoshop処理のプロセスを制御するためのアップロードジョブ(追加ファイルのアップロードの変更と同様)。

実装済み setImageMaps および setZoomTargets 操作。

実装済み ViewerPreset 操作。 次のタイプが認識されます。

  • VideoPlayer (ビデオでは、これらのビューアのみが公開されています)。
  • Brochure
  • BasicZoom
  • AdvancedZoom
  • Spin
  • Custom types

ビューアスキンでは、次の 2 つのパラメータがサポートされています。 skinFg および skinBg. バックエンドコードは、後方互換性を維持するために必要なすべての処理を実行します。

実装済み getAssociatedAssets 操作。

追加済み ReprocessAssets ジョブタイプ:リッピングPDFの再処理や画像の再最適化を含む、以前にアップロードしたプライマリソースファイルの再処理を許可する場合。

名前を変更 PropertySetType フィールドタイプ: propertyType. 名前の変更は createPropertySetType パラメーターと getPropertySetType/getPropertySetTypes 応答。

実装済み batchSetImageFields 画像ユーザーデータおよびその他の編集可能な画像フィールドの設定をサポートする操作。

47 様々なアセット情報タイプに、 fileSize フィールドを追加しました。

  • VignetteInfo
  • CabinetInfo
  • WindowCoveringInfo
  • IccProfileInfo
  • FontInfo
  • XslInfo
  • ViewerSwfInfo
  • XmlInfo
  • SvgInfo
  • ZipInfo
  • VideoInfo
  • AcoInfo
  • PdfInfo
  • PsdInfo
  • FlashInfo
  • InDesignInfo
  • PostScriptInfo
  • IllustratorInfo
  • WordInfo
  • ExcelInfo
  • PowerPointInfo
  • IllustratorInfo
  • WordInfo
  • ExcelInfo
  • PowerPointInfo
  • RTFInfo

実装済み getActivePublishContexts 操作。 この操作は、指定した会社のアクティブな公開サーバーを持つ公開コンテキスト名の配列を返します。 現在の公開コンテキスト名は次のとおりです。

  • ImageServing
  • ImageRendering
  • Video

実装済み getSearchStrings 操作。 指定されたアセットの検索文字列の配列を返します。

ジョブのロケールパラメーターと、API 操作のロケールを設定するメカニズムを追加しました。 ロケール文字列は <language_code>[-<country_code>]. 言語コードは、ISO-639 で指定された小文字の 2 文字のコードで、オプションの国コードは、ISO-3166 で指定された大文字の 2 文字のコードです。

オプションのロケールパラメーターを authHeader API 操作のロケールを設定する SOAP ヘッダー。 このパラメーターがない場合、HTTP ヘッダー Accept-Language が使用されます。 このヘッダーも存在しない場合は、IPS サーバのデフォルトのロケールが使用されます。

厳密に型指定されたメタデータフィールドに対する get/set のサポートを追加しました。

gzip 応答制御に SOAP および HTTP ヘッダーのサポートを実装しました。

追加済み gzipResponse フラグ設定 authHeader. 存在しない場合、API は HTTP を確認します Accept-Encoding ヘッダー。

厳密に型指定されたメタデータフィールド条件に対する searchAssets のサポートを追加しました。

  • すべてのフィールドタイプに対して、値は文字列比較演算子 ( Equals, NotEquals, Contains, NotContains, StartsWith, EndsWith)
  • ブール値フィールドの場合、 boolVal は、 Equals op.
  • Int フィールドの場合、 longVal は数値比較演算子 ( Equals, NotEquals, LessThan, LessThanEquals, GreaterThan, GreaterThanEquals) または minLong/maxLong は数値範囲演算 ( Between, NotBetween) をクリックします。
  • フロートフィールドの場合、 doubleVal は数値比較演算子 ( Equals, NotEquals, LessThan, LessThanEquals, GreaterThan, GreaterThanEquals) または minDouble/maxDouble は数値範囲演算 ( Between, NotBetween) をクリックします。
  • 日付フィールドの場合、 dateVal と数値比較演算子 ( Equals, NotEquals, LessThan, LessThanEquals, GreaterThan, GreaterThanEquals) を渡すか、数値範囲演算 ( Between, NotBetween) をクリックします。

説明を追加しました。 jobSubType、および originalJobName フィールド JobLog タイプ。

  • originalJobName は、次に送信されたジョブ名です: submitJob (一意性のサフィックスや後続のジョブ名を含まない)。
  • jobSubType が次の場合にのみ使用されます: ImageServingPublishJob ジョブ ( ここで、 full, increment, fullwithsearch, または fulloverride) をクリックします。
  • description はすべてのジョブタイプに対して空の文字列ですが、最終的には、アップロードパスなどの概要ジョブ情報が含まれます。

また、次のフィールドは、 getJobLogs および getJobLogDetails. 以前のバージョンでは、でのみ使用できました。 getJobLogDetails.

  • endDate (ジョブが完了した場合)。
  • fileDuplicateCount ( 以前は 0getJobLogs)
  • fileUpdateCount ( 以前は 0getJobLogs およびに含まれる fileSuccessCount;現在は、別々のフィールドに分割されます )。

assetHandle フィールドを JobLogDetail タイプ。

オプションの説明パラメーターをに追加しました。 submitJob. このパラメーターは、で取得するために渡されます。 getScheduledJobs, getActiveJobs、および getJobLogs.

「 SKU システム」フィールドが非推奨となりました。 フィールドが SystemFieldCondition から searchAssets.

追加済み excludeAssetTypeArray フィルター searchAssets.

追加済み MaskInfo 入力 Asset.

IPS による管理用の新しいアセットタイプを追加しました。

アセットタイプ

説明

Illustrator

Adobe Illustratorファイル。

PostScript

EPSファイルと PostScript ファイル

WordDoc

Microsoft® .doc で終わるファイルの Word ドキュメント。

ExcelDoc

Microsoft® .xls で終わるファイルに関する Excel ドキュメント。

PowerPointDoc

.ppt で終わるファイルのMicrosoft® PowerPoint ドキュメント。

RTFDoc

.rtf で終わるファイルの RTF ファイル。

次の追加オプションが追加されました: UploadDirectoryJob および UploadUrlsJob PostScript ファイル、Illustratorファイル、PDFファイルの処理を個別に制御する。 既存のすべてのジョブは、3 つの処理パイプラインのそれぞれに必要なパラメーターを提供し、現在のとおりに機能するようにします。 オリジナル PostScriptOptions ブロックは、IllustratorファイルとEPS/PS ファイルの処理を設定するために使用されます。 必要に応じて、処理を指定するために、特定のファイルオプションブロックを指定できます。 変更のリストには、以下が含まれます。

フィールド

パラメータ

説明

PostScriptOptions

プロセス

  • なし

  • ラスタライズ (デフォルト)

  • アセットの管理のみを行い、アップロード時に派生アセットを作成しないでください。

  • EPSと PostScript ファイルを、所定の解像度とカラースペースで画像にレンダリングします。

alpha

(オプション)

<ブール>

ファイルを画像にラスタライズするときに有効になります。 元のファイルがこの方法でロゴのオーバーレイに定義されている場合、透明な背景が作成されます。

IllustratorOptions

プロセス

  • なし
  • ラスタライズ (デフォルト)

  • アセットの管理のみを行い、アップロード時に派生アセットを作成しないでください。

  • ファイルを所定の解像度とカラースペースで画像にレンダリングします。

resolution

<整数>

解像度をラスタライズする。

カラースペース

レンダリング用のターゲットカラースペース。

アルファ

(オプション)

ファイルを画像にラスタライズするときに有効になります。 元のファイルがこの方法で定義されている場合、オーバーレイロゴを作成する際に透明な背景を作成します。

PDFOptions

プロセス

  • なし

  • ラスタライズ (デフォルト)

  • アセットの管理のみを行い、アップロード時に派生アセットを作成しないでください。

  • ファイルを所定の解像度とカラースペースで画像にレンダリングします。

resolution

<整数>

解像度をラスタライズする。

カラースペース

レンダリング用のターゲットカラースペース。

pdfCatalog

<ブール>

レンダリング後に、複数のページPDFを eCatalog に組み合わせるかどうかを定義します(デフォルトは true)。

extractSearchWords

<ブール>

後で検索サーバーに提供するために、PDFからの単語を DB に抽出するかどうかを定義します(デフォルトは false)。

また、 getScheduledJobs.

変更された webservice.gzip.response 設定プロパティで次のいずれかの値を取得します。

説明

決してない

応答を gzip で圧縮しないでください。

SOAP

authHeader/gzipResponse が true の場合のみ、Gzip 応答。

受��入れる

authHeader/gzipResponse が true の場合は Gzip。それ以外の場合、gzipResponse ヘッダーが存在せず、HTTP Accept-Encoding ヘッダーに gzip が含まれている場合は Gzip。 (初期設定).

いつも

ヘッダー値に関係なく、常に gzip 応答です。 この値は、デバッグ目的でのみ使用します。

このページ