ズームビューアプリセットの設定

ズームビューアプリセットによって、ズームビューアのスタイル、動作、外観が決まります。AdobeDynamic Media Classicには、ビューアのカスタマイズとスキニングに関する多くのオプションが用意されています。 AdobeDynamic Media Classicには、初期設定の基本(高速)、フライアウトおよびカスタムのズームビューアプリセットが付属しています。 管理者は、会社のズームビューアプリセットを作成するか、デフォルトのプリセットを編集して新しい名前で保存することができます。

すべてのズームビューアに、ズームイン、ズームアウト、パンおよびズーム後に画像を元の状態に戻すためのボタンがあります。これらのボタンの外観とウィンドウ自体の表示は、選択したズームビューアプリセットに応じて異なります。 異なる色、境界線、フォントおよび画像設定のズームビューアプリセットを設定することもできます。ガイドズームビューアを設定するときに、ズームターゲットを配置する場所も選択できます。ズームターゲットは、クリックすると指定した領域がズームされるサムネールです。

ズームビューアプリセットについて

AdobeDynamic Media Classicには、次のズームビューアプリセットが用意されています。

  • ズームビューア:基本 — 元の画像に対する基本ズームを提供します。

  • ズームビューア:フライアウト — 元の画像の横に、ズームされた領域の2番目の画像を表示します。使用できるコントロールはなく、ユーザは表示する範囲の選択だけが可能です。

このビューアの完全な帯域幅使用量を決定する場合、メイン画像とフライアウト画像の両方がビューアに提供されます。メイン画像のサイズ(ステージの幅と高さ)とズーム率によりフライアウト画像のサイズが決定されます。フライアウト画像のサイズを大きくなり過ぎないようにするには、メイン画像のサイズとズーム率の値のバランスを保ってください。大きいサイズのメイン画像を使用する場合は、ズーム率の値を小さくします(フライアウト幅とフライアウト高さは、フライアウトウィンドウのサイズを決定しますが、ビューアに供給されるフライアウト画像のサイズは決定しません)。

例えば、350 x 350 pixel、ズーム率 3 のメイン画像の場合、表示されるフライアウト画像は 1050 x 1050 pixel になります。300 x 300 pixel、ズーム率 4 のメイン画像の場合、表示されるフライアウト画像は 1200 x 1200 pixel になります。JPEG の画質設定(推奨される設定は 80 ~ 90 です)に応じて、ファイルのサイズを大幅に小さくすることができます。メイン画像のサイズによりますが、推奨されるズーム率は 2.5 ~ 4 です。

AdobeDynamic Media Classicでは、フライアウトズームビューアプリセットに対して次のパラメーターを使用することをお勧めします。

  • 画像サイズの拡大 — 約1,500 x 1,500ピクセル。2,000 x 2,000ピクセルを超えないようにします。

  • 画像サイズ - 100 KB以下(150 KBを超えないようにする)(150 KB未満に保つようにファイルを圧縮します)。

  • ズームビューア:カスタム — 画像、複数ビューの画像セット、カラースウォッチセットを含むガイド付きズームまたはガイドなしズームを提供します。

ズームビューアプリセットの作成と編集

  1. グローバルナビゲーションバーで、設定 /ビューアプリセット​に移動します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • プリセットの作成 - 「追 」を選択します。ビューアプリセットを追加ダイアログボックスで、プラットフォームを選択し、ズームビューアを選択して、「​を追加」を選択します。 「プリセット名」ボックスに、プリセットの名前を入力します。

    • プリセットの編集 — ズームビューアプリセットを選択し、「編 集」を選択します

  3. 必要に応じて、設定を指定します。

    オプションの説明を確認するには、オプションの横にある​情報ヒント​アイコンを選択します。

    設定を更新および変更すると、プレビューページにビューアが表示されます。

  4. 保存」または「名前を付けて保存」を選択します。

  5. ビューアプリセットページで、作成したズームビューアプリセットまたはガイド付きズームビューアプリセットを確認します。 調整が必要な場合は、「編集」を選択し、ビューアを設定ページの設定を変更して、「保存」を選択します。

ビューアプリセット画面でビューアプリセットを管理する方法については、ビューアプリセットを参照してください。

このページ