画像アセットまたはベクトルアセットのアップロード

画像アセットをアップロードするには、その前に共有秘密キーを要求する必要があります。この共有秘密キーを、アップロードトークンの取得に使用します。取得したら、このアップロードトークンを使用して、画像アセットまたはベクトルアセットをアップロードします。

共有秘密キーの要求

共有秘密キー​をAdmin Consoleを使用してリクエストし、サポートケースを作成します。 サポートケースでは、共有秘密キーをリクエストします。

電子メールの本文には、画像アセットのアップロードに使用する会社名を記載してください。Dynamic Mediaクラシックからキーを受け取ったら、今後使用するためにローカルに保存します。

アップロードトークンの取得

アップロードトークン​は、ほかのユーザが同じ共有秘密キーを使用してアセットをアップロードすることができないようにします。つまり、アップロードの合法性とソースの信頼性を確保します。

アップロードトークンは英数字で構成された文字列で、一定の期間しか利用できません。アップロードトークンを取得するために共有秘密キーを送信する場合は、以下の URL を使用します。

  • 画像
    https://s7ugc1.scene7.com/ugc/image?op=get_uploadtoken&shared_secret=fece4b21-87ee-47fc-9b99-2e29b78b602この例では、共有秘密キーは fece4b21-87ee-47fc-9b99-2e29b78b602

  • ベクトル
    https://s7ugc1.scene7.com/ugc/vector?op=get_uploadtoken&shared_secret=2d19f60e-890a-4e79-a1a5-9ac2875429b9この例では、共有秘密キーは 2d19f60e-890a-4e79-a1a5-9ac2875429b9

初期設定で、アップロードトークンは取得後 5 分(300 秒)で有効期限切れになります。期限を延長するには、URL に expires パラメータを追加し、必要とする時間を秒単位で入力します。例えば、次のサンプル画像の URL では、1800 秒間有効なアップロードトークンを取得します。

https://s7ugc1.scene7.com/ugc/image?op=get_uploadtoken&shared_secret=fece4b21-87ee-47fc-9b99-2e29b78b602&expires=1800

画像について正常に完了した場合の応答は次のようになります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no" ?> 
<scene7> 
    <user_generated_content> 
        <response> 
        <serviceName>User Generated Content - Images</serviceName> 
        <version>1.0.0</version> 
        <operationName>get_uploadtoken</operationName> 
        <serviceStatus>SUCCESS</serviceStatus> 
        <title>Upload Token for fece4b21-87ee-47fc-9b99-2e29b78b602</title> 
        <message> 
            <uploadtoken>aa2a378a-cd25-4c80-994d-312094e0ef20_1800</uploadtoken> 
            <expiration_in_seconds>1800</expiration_in_seconds> 
        </message> 
        </response> 
    </user_generated_content> 
</scene7>

今後の要求で使用できるように、アップロードトークンをローカルに保存します。

クエリ URL 文字列で以下のフィールドを使用して、アップロードトークンを取得できます。

URL パラメータ 必須またはオプション
op 必須 get_uploadtoken
shared_secret 必須 アップロードを行う会社の共有秘密キー。
expires オプション アップロードトークンの有効秒数。指定しない場合は、初期設定の 300 秒になります。

サンプル画像の URL:

https://s7ugc1.scene7.com/ugc/image?op=get_uploadtoken&shared_secret=fece4b21-87ee-47fc-9b99-2e29b78b602&expires=600

ベクトル URL例:

https://s7ugc1.scene7.com/ugc/vector?op=get_uploadtoken&shared_secret=2d19f60e-890a-4e79-a1a5-9ac2875429b9&expires=5000

使用可能な HTTP メソッド: GET および POST

これで、画像アセットをアップロードできるようになりました。

詳しくは、画像アセットのアップロードを参照してください。

画像アセットのアップロード

一定時間有効なアップロードトークンを取得したら、画像アセットをアップロードできます。この例では、マルチパート/フォームとしてアセットをアップロードし、残りの値を URL クエリ文字列として送信します。

https://s7ugc1.scene7.com/ugc/image?op=upload&upload_token=aa2a378a-cd25-4c80-994d-312094e0ef20_18000&company_name=000Company

upload_tokenフィールドとcompany_nameフィールドは必須です。

詳しくは、アップロードトークンの取得を参照してください。

詳しくは、共有秘密キーの取得を参照してください。

この例のように、他のオプションの値も URL クエリ文字列として送信できます。

https://s7ugc1.scene7.com/ugc/image?op=upload&upload_token=aa2a378a-cd25-4c80-994d-312094e0ef20_18000&company_name=000Company&file_limit=2000000&file_exts=jpg,gif

file_limitパラメーターは、ファイルサイズ制限をバイト単位で指定します。 file_exts パラメータでは、アップロード可能なファイル名拡張子を指定します。この 2 つのパラメータはオプションです。

ファイルサイズ制限とファイル名拡張子に適用されるグローバル制限は、アプリケーション内で設定されます。要求での送信内容がグローバル制限のサブセットの場合は、この制限が適用されます。グローバル制限は次のとおりです。

グローバル制限
すべてのクライアントのファイルサイズ 20MB
アップロードでサポートされている画像ファイルの形式 BMP、GIF、JPG、PNG、PSD

アセットのアップロードには次の HTML フォームを使用できます。フォームからは次の情報の入力が求められます。

  • 会社名.
  • アップロードトークン.
  • ファイルサイズ制限.
  • ファイル名拡張子のリスト.
  • アセットに関連付けられているカラープロファイルとファイル名を保持するかどうかを指定します。
  • ノックアウトの背景を使用するかどうか。 ノックアウトの背景を有効にする場合は、「隅」、「許容値」、「塗りつぶし方法」を設定します。 アップロードの「画像編集オプション」の「ノックアウトの背景」を参照してください。
  • アップロードするファイルの名前

![] ()

上のフォームに関連付けられたHTMLソースコードを表示するには、次のリンクをクリックします。

https://s7ugc1.scene7.com/ugc/upload.html

Firefoxで、ブラウザーウィンドウを右クリックし、「表示ページのソース」をクリックします。 コードには、該当する URL クエリ文字列と、ユーザが​「送信」​をクリックしたときに実行される POST メソッドが表示されます。

XML 応答を Internet Explorer で表示するには、表示/ソース​をクリックします。FirefoxでXML応答を表示するには、ツール/Web開発者/ページソース​をクリックします。 XML 応答の表示には、Firefox を使用することをお勧めします。

以下は、アップロードが正常に完了した場合のサンプル応答です。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no" ?> 
<scene7> 
    <user_generated_content> 
        <response> 
            <serviceName>User Generated Content - Images</serviceName> 
            <version>1.0.0</version> 
            <operationName>upload</operationName> 
            <serviceStatus>SUCCESS</serviceStatus> 
            <title>Your file has been uploaded Successfully.</title> 
            <message> 
            <url>https://s7w2p1.scene7.com/is/image/ </url> 
            <path>000Company/ugc/1442564.tif</path> 
            <fullurl>https://s7w2p1.scene7.com/is/image/000Company/ugc/1442564.tif </fullurl> 
            </message> 
        </response> 
    </user_generated_content> 
</scene7>
メモ

アップロードされたアセット(JPG、GIF など)は PTIFF 形式に変換され、応答ではその PTIFF アセットへの直接リンクが送信されます。

ほかの ImageServing リソースの場合と同様に、アセットには処理クエリを適用できます。例えば、以下の URL は、指定された幅と高さにストレッチされたアセットを要求します。

https://s7w2p1.scene7.com/is/image/S7WebUGC/ugc/9536356.tif?&wid=800&hei=100&fit=stretch

アップロードするアセットをマルチパート/フォームとしてアップロードし、残りの値を URL クエリ文字列として送信します。URL クエリ文字列で以下のフィールドを使用して、アセットをアップロードできます。

URL パラメータ 必須またはオプション
op 必須 アップロード
upload_token 必須 会社と関連付けられている共有秘密キーに対応するアップロードトークン。
company_name 必須 アップロードを実行する会社の名前。
file_limit オプション アセットのファイルサイズ制限(バイト単位)。
file_exts オプション 画像アセットファイルで許可される拡張子のリスト。
preserve_colorprofile オプション アップロードされたファイルを PTIFF 形式に変換するときに埋め込まれているカラープロファイルを保持します。値は true または false。初期設定は false。.
preserve_filename オプション アップロードされたアセットのファイル名を保持します。値は true または false。初期設定は false。.
メモ

アップロードするアセットは、マルチパート POST 要求の唯一のフィールドとして送信する必要があります。

サンプル URL:

https://s7ugc1.scene7.com/ugc/image?op=upload&upload_token=aa2a378a-cd25-4c80-994d-312094e0ef20_18000&company_name=000Company

使用可能な HTTP メソッド:

POST

画像のアセットメタデータの取得

image_info を使用して、アップロードしたアセットのメタデータを取得できます。次に例を示します。

https://s7ugc1.scene7.com/ugc/image?op=image_info&shared_secret=fece4b21-87ee-47fc-9b99-2e29b78b602&image_name=1442564.tif

正常に完了した場合の応答は次のようになります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no" ?> 
<scene7> 
    <user_generated_content> 
        <response> 
            <serviceName>User Generated Content - Images</serviceName> 
            <version>1.0.0</version> 
            <operationName>image_info</operationName> 
            <serviceStatus>SUCCESS</serviceStatus> 
            <title>More information on 1442564.tif</title> 
            <message> 
            File created on Tue Sep 08 19:02:04 CDT 2009, File Size = 243494 bytes 
            <imageFormat>Tiff</imageFormat> 
            <colorSpace>Rgb</colorSpace> 
            <width>686</width> 
            <height>457</height> 
            </message> 
        </response> 
    </user_generated_content> 
</scene7>

URL クエリ文字列で以下のフィールドを使用して、アセットの情報を要求できます。

URL パラメータ 必須またはオプション
op 必須 image_info
shared_secret 必須 会社の共有秘密キー.
image_name 必須 画像の名前。

サンプル URL:

https://s7ugc1.scene7.com/ugc/image?op=image_info&shared_secret=fece4b21-87ee-47fc-9b99-2e29b78b602&image_name=1442564.tif

使用可能な HTTP メソッド:

GET と POST

ベクトルアセットのアップロード

一定時間有効なアップロードトークンを取得したら、ベクトルアセットをアップロードできます。この例では、マルチパート/フォームとしてアセットをアップロードし、残りの値を URL クエリ文字列として送信します。

https://s7ugc1.scene7.com/ugc/image?op=upload&upload_token=aa2a378a-cd25-4c80-994d- 312094e0ef20_18000&company_name=000Company

upload_tokenフィールドとcompany_nameフィールドは必須です。

詳しくは、アップロードトークンの取得を参照してください。

詳しくは、共有秘密キーの取得を参照してください。

この例のように、他のオプションの値も URL クエリ文字列として送信できます。

https://s7ugc1.scene7.com/ugc/vector?op=upload&upload_token=aa2a378a-cd25-4c80-994d- 312094e0ef20_18000&company_name=000Company&file_limit=2000000&file_exts=ai,pdf

file_limitパラメーターは、ファイルサイズ制限をバイト単位で指定します。 file_exts パラメータでは、アップロード可能なファイル名拡張子を指定します。この 2 つのパラメータはオプションです。

ファイルサイズ制限とファイル名拡張子に適用されるグローバル制限は、アプリケーション内で設定されます。要求での送信内容がグローバル制限のサブセットの場合は、この制限が適用されます。グローバル制限は次のとおりです。

グローバル制限
すべてのクライアントのファイルサイズ 20MB
アップロードでサポートされているベクトルファイルの形式 AI、EPS、PDF(以前、PDF ファイルが Adobe Illustrator CS6 で開いて保存されている場合のみ)

アセットのアップロードには次の HTML フォームを使用できます。フォームからは次の情報の入力が求められます。

  • 会社名.
  • アップロードトークン.
  • ファイルサイズ制限.
  • ファイル名拡張子のリスト.
  • アセットに関連付けられているカラープロファイルとファイル名を保持するかどうかを指定します。
  • ノックアウトの背景を使用するかどうか。 ノックアウトの背景を有効にする場合は、「隅」、「許容値」、「塗りつぶし方法」を設定します。 アップロードの「画像編集オプション」の「ノックアウトの背景」を参照してください。
  • アップロードするファイルの名前

![] ()

図に示されたフォームに対して、ブラウザウィンドウを右クリックし、「ソースの表示」​をクリックすると、次の HTML コードが表示されます。コードには、該当する URL クエリ文字列と、ユーザが​「送信」​をクリックしたときに実行される POST メソッドが表示されます。

<body> 
<script language="javascript"> 
function uploadImage() 
{ 
document.image_upload.action="vector?op=upload&company_name="+document.image_upload.company_name.value+"&upload_token="+document.image_upload.upload_token.value+"&file_limit="+document.image_upload.file_limit.value+"&file_exts="+document.image_upload.file_exts.value; 
return true; 
} 
</script> 
<form method="POST" enctype="multipart/form-data" name="image_upload" id="image_upload" onSubmit="return uploadImage();"> 
<table> 
<tr><td colspan="2"><strong> UGC Vector Upload Test Page: </strong></td></tr> 
<tr><td colspan="2"></td></tr> 
<tr><td><strong> Company Name</strong></td><td><input type="text" size="40" name="company_name"></td></tr> 
<tr><td><strong> Upload Token </strong></td><td><input type="text" size="40" name="upload_token"></td></tr> 
<tr><td><strong> File Size Limit (in bytes) </strong></td><td><input type="text" size="40" name="file_limit"> bytes</td></tr> 
<tr><td><strong> File Extensions allowed </strong></td><td><input type="text" size="40" name="file_exts"></td></tr> 
<tr><td colspan="2"></td></tr> 
<tr> 
<td><strong>File to upload: : </strong></td> 
<td><input name="filename" type="file" id="filename" size="58" maxlength="1024" /></td> 
</tr> 
<tr><td colspan="2"></td></tr> 
<tr> 
<td><strong>Click Submit to upload your Vector: </strong></td> 
<td><input type="submit" value="Submit"></td> 
</tr> 
</table> 
</form> 
</body>

XML 応答を Internet Explorer で表示するには、表示ソース​をクリックします。XML 応答を Firefox で表示するには、表示ページのソース​をクリックします。XML 応答の表示には、Firefox を使用することをお勧めします。

以下は、アップロードが正常に完了した場合のサンプル応答です。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no" ?> 
    <scene7> 
    <user_generated_content> 
    <response> 
    <serviceName>User Generated Content -Vector</serviceName> 
    <version>1.0.0</version> 
    <operationName>upload</operationName> 
    <serviceStatus>SUCCESS</serviceStatus> 
    <title>Your file has been uploaded Successfully.</title> 
    <message> 
    <url>https://s7w2p1.scene7.com/is/agm</url> 
    <path>W2PTest/ugc/8875744.fxg</path> 
    <fullurl> 
        https://s7w2p1.scene7.com/is/agm/W2PTest/ugc/8875744.fxg 
    </fullurl> 
</message> 
</response> 
</user_generated_content> 
</scene7>
メモ

アップロードされたアセット(AI、EPS、PDF など)は FXG 形式に変換され、応答ではその FXG アセットへの直接リンクが送信されます。

他の Web-to-Print リソースの場合と同様に、アセットには処理クエリを適用できます。例えば、次の URL は FXG リソースを 500x500 png 画像に変換します。

https://s7w2p1.scene7.com/is/agm/W2PTest/ugc/8875744.fxg?fmt=png&wid=500&hei=500

アップロードするアセットをマルチパート/フォームとしてアップロードし、残りの値を URL クエリ文字列として送信します。URL クエリ文字列で以下のフィールドを使用して、アセットをアップロードできます。

URL パラメータ 必須またはオプション
op 必須 アップロード
upload_token 必須 会社と関連付けられている共有秘密キーに対応するアップロードトークン。
会社名 必須 アップロードを実行する会社の名前。
file_limit オプション アセットのファイルサイズ制限(バイト単位)。
file_exts オプション アセットファイルで使用できる拡張子のリスト。
メモ

アップロードするアセットは、マルチパート POST 要求の唯一のフィールドとして送信する必要があります。

サンプル URL:

https://s7ugc1.scene7.com/ugc/vector?op=upload&upload_to ken=aa2a378a-cd25-4c80-994d- 312094e0ef20_18000&company_name=000Company

使用可能な HTTP メソッド:

POST

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now