ファイルの公開

アセットをDynamic MediaImage Serverに公開します。 アセットは1回限りで公開することも、定期的に公開するようにDynamic Mediaクラシックを設定することもできます。 アセットの公開が完了すれば、それらを配信することができます。Dynamic MediaクラシックからURL呼び出しをコピーして、それらをWebサイトやアプリケーションに追加できます。

Dynamic Mediaクラシックでは、HTTP/2を介したすべての画像とビデオの配信がサポートされるようになりました。 つまり、画像またはビデオの公開済みURLまたは埋め込みコードは、ホストされているアセットを受け入れる任意のアプリケーションと統合できます。 その後、公開済みのアセットは、HTTP/2プロトコルを使用して配信されます。 この配信方式により、ブラウザーとサーバーとの通信方法が改善され、すべてのDynamic Mediaクラシックアセットの応答時間と読み込み時間が向上します。 HTTP2配信のコンテンツFAQを参照してください。

アップロード後に公開

アセットは、公開または非公開のいずれかの状態です。デフォルトでは、Dynamic Mediaクラシックにアップロードしたアセットは、自動的に公開用にマークされます。

詳しくは、即時公開に関するお知らせのPDFを参照してください。

アセットを公開用にマークするには、次の手順に従います。

  • アップロード後に公開 — アップロードページの下部にある「アップロード後に公開」を選択します。初期設定では選択された状態になります。

  • アップロード後に公開 — オプションダイアログボックスで、「アップロード後に公開」を選択します。初期設定では選択された状態になります。

一部の子アセットは、親アセットを公開用にマークしたときに自動的に公開用にマークされます。次の表に、自動的に公開用にマークされる子アセットを示します。

親(グループ)項目 子(メンバー)項目
画像セット セット内の画像。
スウォッチセット セット内のスウォッチ。
スピンセット セット内の画像。
テンプレート テンプレートファイル、ページおよび画像。

派生画像も、親画像が公開されるときに自動的に公開用にマークされます。派生画像には、画像編集オプションで調整した画像が含まれます。これらの派生画像は、詳細ビューの「ビルトと派生」で確認できます。

公開ジョブの作成

Dynamic Mediaクラシックサーバにアップロードしたが、自動的に公開しないように選択したアセットを公開する公開ジョブを作成します。 1回限りの公開ジョブを実行したり、定期的に繰り返されるようにジョブをスケジュールしたりできます。 Dynamic Mediaクラシックオファーは、特定のサーバに公開するための高度な公開オプションと、既に公開されているアセットを再公開するためのオプションを提供します。

公開ジョブを作成するには:

  1. グローバルナビゲーションバーで「公開」をクリックします。

  2. 公開ダイアログボックスで、一時公開ジョブとするか定期公開ジョブとするかを選択します。

    一時公開ジョブの作成および定期公開ジョブの作成を参照してください。

  3. ジョブ名を入力します。

  4. 必要に応じて、詳細オプションを表示し、これらのオプションを選択します。

    詳しくは、詳細公開オプションを参照してください。

  5. 公開を送信」をクリックします。

Dynamic Mediaクラシックは、ジョブページの公開ジョブを追跡します。 このページで公開ジョブを確認できます。

メモ

再公開した(以前に公開したことのある)アセットは、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)の Web キャッシングメカニズムにより、Web サイトに直ちに表示されません。詳しくは、アセットの再公開と CDN の遅延を参照してください。

一時公開ジョブの作成

一時公開ジョブは、公開ページで「一時」オプションを選択して作成します。

公開ジョブを後で実行する場合は、公開ページで「1回限り」を選択し、「後でスケジュール」ドロップダウンをクリックします。 カレンダーと時間スライダを使用して、公開ジョブを実行する日時を選択します。

定期公開ジョブの作成

定期公開ジョブは、公開ページで「定期」を選択して作成します。

「繰り返し」オプションとして「毎日」、「毎週」、「毎月」または「カスタム」を選択し、公開ジョブの頻度を指定します。 定期公開ジョブをスケジュール設定するためのカレンダーツールが、Dynamic Mediaクラシックに表示されます。 「カスタム」オプションをクリックし、「ルール」テキストフィールドにルールを入力して、カスタムジョブの間隔を示すことができます。

詳しくは、アップロードジョブまたは公開ジョブのカスタム時間間隔の設定を参照してください。

メモ

定期公開ジョブおよびアップロードジョブは、ジョブページに表示されます。ジョブページの「スケジュール済み」タブで、スケジュール済みジョブを編集または削除できます。

詳細な公開オプション

公開ページで詳細オプションを表示して、公開ジョブに関する次のオプションを選択することができます。

  • 発行先 — 特定のサーバにのみアセットを公開するには、サーバの種類を選択します。

  • 公開 — 初期設定では、Dynamic Mediaクラシックは、以前に公開されたことのない、新しいアセットのみを公開します(「最後の公開以降の新規アセット」オプション)。ただし、「完全な発行」をクリックして、最後に発行されてから更新または変更されたアセットも発行できます。 eCatalogを公開し、読者がキーワードで検索できるようにするには、「検索データを含める/すべて」を選択します。

  • ジョブの実行ユーザー -リストからユーザー名を選択します。ジョブページで、ジョブをユーザー名で並べ替えることができます。名前を選択することで、公開ジョブをユーザに関連付けます。

HTTP通知 — 後続の公開ジョブをトリガーするURLを入力します。

詳しくは、アップロードジョブおよび公開ジョブによるジョブのトリガを参照してください。

公開ジョブのキャンセル

処理中の公開ジョブをキャンセルすることができます。管理者は、会社のジョブページから処理中の公開ジョブをキャンセルすることもできます。

公開ジョブをキャンセルするには、ジョブページに移動し、キャンセル​をクリックします。 ジョブページの「スケジュール済み」タブで、ジョブの「アクティブ」列のチェックボックスを選択解除または選択して、ジョブを一時停止または再開することができます。

メモ

公開ジョブをキャンセルすると、安全に停止できる位置にジョブが到達するまで、ステータスが「停止中」に変わります。公開ジョブがデータベースからデータを取得しているときにジョブを停止した場合、停止するまでに多少時間がかかることがあります。

手動でのアセットの公開

公開ジョブを作成する代わりに、手動で個々のアセットを公開することができます。画像セットやアダプティブビデオセットなどのセットを公開すると、そのセット(「親」)と、そのセット内のすべてのメンバー(「子」)が公開されます。

非公開アセットは、ユーザーインターフェイス内ではアセット名の左側に、線が入った灰色の丸いアイコンとして示されます(非公開状態)。 アセットの公開後は、このアイコンが、中央に白色のチェックマークが付いた緑色のアイコンに変わります(公開状態)。

手動でアセットを公開するには:

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • グリッドビュー、リストビューまたは詳細ビューで、標準的なファイル選択方法によって、1 つ以上の非公開アセットを選択します。

      グローバルナビゲーションバーで​ファイル公開​をクリックします。

    • グリッド表示、リスト表示または詳細表示で、アセット名の左側にある、線が入った灰色の丸いアイコンをクリックします。

手動でのアセットの非公開

手動で個々のアセットを非公開にすることができます。スウォッチセットや eCatalog などのセットを非公開にすると、セット(「親」)自体が非公開状態に切り替わります。ただし、そのセット内のメンバー(「子」)は影響を受けず、それらの既存の公開または非公開の状態が維持されます。

公開アセットは、ユーザーインターフェイス内ではアセット名の左側に、中央に白色のチェックマークが付いた緑色の丸いアイコンとして示されます(公開状態)。アセットを非公開にした後、アイコンは線が入った灰色のアイコンに変わります(非公開状態)。

手動でアセットを非公開にするには:

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • グリッド表示、リスト表示または詳細表示で、1つ以上の公開済みアセットを選択します。

      グローバルナビゲーションバーで​ファイル非公開​をクリックします。

    • グリッドビュー、リストビューまたは詳細ビューで、アセット名の左側にある、チェックマークが付いた緑色の丸いアイコンをクリックします。

アセットの公開ヒストリーの取得

パネルの上部の詳細ビューに、前回アセットが公開された日付が表示されます。詳細ビューのヒストリーおよび公開済みサーバパネルを開いて、公開ヒストリーに関する詳細情報を得ることができます。アセットの公開日と公開先サーバをこのパネルで確認することができます。

アセットの再公開と CDN の遅延

Dynamic Mediaクラシックアセットは、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)上で配布されます。 CDN は、ネットワーク化された複数のコンピュータサーバで構成されたシステムで、透過的に連携してコンテンツ(特に、サイズの大きいメディアコンテンツ)をエンドユーザに配信します。CDN システムでは、Web コンテンツはインターネット全体に存在する Web キャッシュに格納されます(エッジキャッシュネットワークといいます)。Webコンテンツは、配信を高速化するために、Webキャッシュからエンドユーザーに配信されます。

ある閲覧者が初めて Web ページをダウンロードしたときに、アセットは CDN Web キャッシュサーバに配信されます。アセットはこのサーバに格納されます。その後同じ地域の閲覧者が Web ページにアクセスすると、キャッシュされているコンテンツが迅速に配信されます。これは、コンテンツがエンドユーザに近い場所にあるためです。CDN により、高速な Web ページの表示が可能になります。また、コンテンツは毎回中央サーバから配信されるのではなく、エッジキャッシュネットワークから配信されるため、中央サーバの帯域幅の需要も低下します。

新たに公開されたDynamic Mediaクラシックコンテンツは、直ちにエンドユーザが利用でき、エッジキャッシュネットワークに素早く接続できます。 ただし、新たに再公開したコンテンツ(Image Server に以前公開された画像と同じ名前の画像)は、CDN 上で最大 10 時間更新されません。エンドユーザには、新たに再公開したコンテンツの代わりに CDN ネットワーク上の Web キャッシュの内容が表示されます。このため、Dynamic Mediaクラシックの再公開済みアセットは、10時間はエンドユーザに表示されません。

新たに再公開した画像アセットを 10 時間よりも短い遅延時間で利用できるようにする場合は、CDN 上の Web キャッシュをフラッシュできます。これらの Web キャッシュをフラッシュすると、CDN Web キャッシュから古いコンテンツが削除され、最新の公開アセットで置き換えられます。

キャッシュをフラッシュするには、グローバルナビゲーションバーで​ファイル/CDNを無効にする​をクリックします。 選択されているすべての URL が CDN キャッシュから削除されます。キャッシュクリア可能な URL がない場合または現在のユーザが会社管理者ではない場合、「CDN を無効にする」オプションは使用できません。

このページ