テンプレートパラメータの作成

パラメータにより、最高の柔軟性でテンプレートを使用できるようになり、テンプレート画像を動的にカスタマイズすることができます。テンプレートに含めるテキストおよび画像レイヤーを指定して、各レイヤーに表示するパラメータを指定することができます。例えば、セール中(On Sale)の製品に注目させたい場合は、On Sale テキストレイヤーを作成します。その後、On Sale パラメータを削除して、このレイヤーを削除して残りのテンプレート画像を残しておくことができます。

テンプレートパラメータを作成するときに、URL 文字列で呼び出すテンプレートの部分を宣言します。パラメータで構成された URL の場合、これらの項目が URL 文字列に表示されます。パラメータが表示されている場合、Image Server でテンプレート画像が動的に構成される方法により生じる結果をカスタマイズすることができます。この方法により、URL でテンプレートの一部またはすべてのパラメータを呼び出すことができるため、テンプレートを動的に変更することができます。

テキストレイヤーのパラメータでは、テキスト文字列を、データベース内の値にリンクされた動的フィールドにすることもできます。テキストをデータベースにリンクできることは、プロモーションなどの場合に便利で、クライアント名または顧客名が表示されるようにテンプレート画像をカスタマイズすることができます。また、テキストレイヤーパラメータを価格データベースにリンクして、製品の価格をテンプレート画像に表示することもできます。

パラメータは複数回参照できます。パラメータダイアログボックスの各コマンド用のコンボボックスを使用して、特定のコマンドに該当するパラメータを選択します(例えば、すべての size パラメータは size= コマンドで使用可能、など)。パラメータ参照は、コンボボックスに既に存在する任意のパラメータに再割り当てすることと、コンボボックスに存在しない名前に変更することができます。後者の場合、名前は固有である必要があります。重複があると、そのパラメータが既に存在する旨のエラーが表示されます。パラメータ参照を削除すると、そのパラメータがほかで参照されていなければ URL から削除されます。text パラメータの初期設定値を変更すると、そのパラメータへのすべての参照が更新されます。更新はレイヤーテーブル、テンプレートのレンダリング、URL で確認できます。サイズ変更ハンドルを操作したり、プロパティパネルで値を入力したりして、レイヤー属性を変更すると、パラメータ値が更新され、そのパラメータへのすべての参照が更新されます。例えば、2 つのレイヤーのサイズを 1 つのパラメータでパラメータ化した場合、片方のレイヤーのサイズが変更されると両方のレイヤーサイズが更新されます。テンプレートをプレビューし、パラメータを変更すると、そのパラメータへのすべての参照が更新されます。

レイヤーのパラメータの設定

テンプレートパラメータを作成するには、テンプレート内の各レイヤーで、次の手順に従います。

  1. 「レイヤー」リストで、パラメータを作成するレイヤーの名前の隣にあるパラメータボタン を選択します。パラメータ画面が開きます。レイヤー上の各パラメータの名前、値および種類が表示されます。
  2. テンプレート画像に含める各パラメータの名前の隣にあるオンオプションを選択します。
  3. 閉じる」を選択して、パラメータ画面を閉じます。
メモ

パラメータ画面でパラメータ名を変更することができます。パラメータ名を変更すると、URL 文字列でパラメータを容易に識別できるようになり、データベース値として使いやすくなります。パラメータ名を変更するには、オンオプションを選択して、名前をクリックし、「名前」フィールドに新しい名前を入力します。

テンプレートで作成したパラメータのリストを表示するには、テンプレート画面で「パラメータの概要」ボタンを選択します。パラメータの概要画面が開きます。各レイヤーの名前が表示され、レイヤーのパラメータを作成した場合はパラメータの名前と値が表示されます。

動的テキストパラメータの作成

テキストレイヤーの場合は、テキスト文字列を、データベース値にリンクされた動的フィールドにすることもできます。このようにするには、次の手順に従います。

  1. テンプレート画面で、動的テキストパラメータを作成するテキストレイヤーの名前の隣にあるパラメータボタン を選択します。パラメータ画面が開きます。
  2. テキスト属性(textAttr)の名前の隣にあるオンオプションを選択します。
  3. パラメータ画面で「テキスト」タブを選択します。
  4. 「パラメータを追加」ボタンをクリックします。初期設定のパラメータ名が表示されます。この名前は変更することができます。変更するには、名前を選択して上書きします。現在のテキスト文字列がパラメータの新しい名前になります。
  5. 「閉じる」ボタンを選択してパラメータ画像を閉じます。

パラメータ名にデータベース値が使用されるようにするには、テンプレート URL に次の文字列を追加します。

?$_2(parameter name)=(database value)

パラメータ名が、データベースフィールドまたは Java コード内の名前(製品の現在の価格や顧客名などを示す名前)で置き換えられます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now