オファーセットをAdobe Target標準/プレミアムにプッシュ

オファーセットを作成または編集した後、次の手順に従ってTarget Standard/Premiumにプッシュします。

  1. テストターゲットオファーセット画面で、「オファーをプッシュ」をクリックします。
  2. クライアントコードとログイン資格情報を入力します。
  3. ログイン」をクリックします。

Target Standard/Premiumへの転送中に、オファー名の開始にプリフィックスS7_が自動的に付加されます。 このプレフィックスは、Test&ClassicオファーをTest&ターゲットオファーリストで簡単に見つけられるように追加されています。 例えば、オファーは、「S7_<オファーセット名>_<オファー名>」のように表示されます。

Dynamic Mediaクラシックは、Target Standard/Premiumのウィジェットオファーにプッシュします。 Widgetオファーを使用して、Target Standard/Premiumの外部で独自のオファーコンテンツをホストできます。 ウィジェットのオファーは、Target Standard/Premiumの外部でホストされる標準のオファーに似ています。 Target Standard/Premiumでは、サーバーに保存されたオファーコンテンツをデプロイできるので、より高度で動的な使用方法が可能です。 ウィジェットオファーはURLからコンテンツを取得し、約2時間そのコンテンツをキャッシュして提供します。 ウィジェットオファーは、Target Standard/Premium以外の他のオファーが実行できない、動的コンテンツ生成機能を提供します。 オファーを提供するmboxに、mboxProductIDmbox.offerIdなどのmboxパラメーターが含まれる場合、リクエストされたURLにproductId=[PRODUCT_ID]offerID=[OFFERID]のURLパラメーターが追加されます。 これらのパラメーターは、ウィジェットオファーURLで利用できるサービスによって、mboxからの製品情報や注文情報を使用するTarget Standard/Premiumの外部のコンテンツを返すために使用できます。 また、ウィジェットオファーはAPIを介してアクセスし、Target Standard/Premium以外でプログラム的にオファーを作成することもできます。

このページ