Media Portal ユーザが使用できる書き出しオプションの指定

管理者から権限が付与されている場合、Media Portal ユーザは画像を書き出すときにその形式を変更できます。例えば、サイズ、ファイル形式および画質を変更できます。書き出し時に画像の形式を自動的に変更することで、画像を個別に変換する手間を省き、時間を節約できます。また、管理者はプリセット、つまり事前に選択した画像形式の設定を作成できます。画像の書き出し時にプリセットを使用すると、会社が指定した内容で画像の形式を変更できます。

ユーザー定義変換を使用して画像アセットを書き出す場合、または元のマスター画像を書き出す場合は、次の 2 つの制限が適用されます。

  • 書き出しジョブの場合、書き出し用の圧縮 ZIP ファイルの最大ファイルサイズは 1 GB です。
  • 書き出しジョブあたり合計 500 個のアセットまで許容されています。

AdobeDynamic Media Classicからのアセットの書き出しも参照してください。

Media Portal ユーザが使用できる書き出しオプションを指定するには:

  1. グローバルナビゲーションバーで、設定 /画像プリセット​に移動します。

  2. 画像プリセットウィンドウで、必要に応じて次のオプションを選択します。

    • ユーザー定義の変換を有効にする — このオプションを選択すると、選択したアセットを書き出しウィンドウのサイズドロッ ​プダウンリストから他のアセットを選択できます。次に、ユーザはピクセルまたはセンチメートルなどの測定単位を選択して、希望の幅と高さを指定できます。ユーザがこれらのファイルを書き出したり、ダウンロードしたりするとき、画像ファイルの形式が変更されます。

      サイズ​ドロップダウンリストから pixel が選択されている場合、画像の幅 × 高さ は 1 億 pixel を超えることはできません。このサイズは 10,000 × 10,000 pixel の画像(正方形)または 8,000 × 12,000 pixel の画像(縦横比 2x3)と同一です。元のマスター画像を書き出す場合、このサイズ制限は適用されません。

      ダウンロードするときにファイルの形式を変更せずに、ファイルをダウンロードできるようにするには、このオプションの選択を解除します。

    • オリジナルを書き出しを有効にする — オリジナルのマスター画像を書き出すことができます。選択したアセットを書き出し​パネルで、コンバージョン​ドロップダウンメニューを開き、「オリジナルを書き出し」を選択して元のファイルを書き出すことができます。 ユーザーが画像を書き出す際に画像プリセットを選択するか、変換オプションを選択するようにする場合は、このオプションの選択を解除します。

このページ