メタデータの効率的な使用

Dynamic Media Classic上のすべてのファイルには、Adobeメタデータが含まれています。 メタデータは、ファイルを記述し、識別します。アセットの検索と整理に使用されます。アセットのメタデータを表示するには、詳細ビューでアセットを開き、メタデータパネルを確認します。 このパネルのメタデータフィールドには、アセットに関する説明情報が表示されます。

メタデータは、メタデータフィールドに正しく入力されていなければ、検索やアセット整理に役立ちません。メタデータを正しく入力し、すべての適切なメタデータフィールドにメタデータを格納するため、メタデータプリセットを作成できます。メタデータプリセット​は、メタデータエントリの定義済みセットです。メタデータ自体を入力する代わりに、詳細表示でメタデータプリセットを選択して、メタデータフィールドに定義済みの情報を入力することができます。

メタデータプリセットの作成については、メタデータプリセットを参照してください。

操作するアセットを一意に記述するメタデータフィールドの作成については、ユーザ定義フィールドを参照してください。

このページ