PostScriptファイルとIllustratorファイルの操作

Dynamic Media Classicでは、Adobe PostScript®(EPS)およびAdobe®Illustrator®(AI)ファイルを使用できます。 AdobeDynamic Media Classicには、アップロード時にこれらのファイルを設定するためのコマンドが用意されています。

PostScript(EPS)画像ファイルまたは Illustrator(AI)画像ファイルをアップロードする際、それらのファイルを様々な方法でフォーマットできます。ファイルをラスタライズしたり、印刷テンプレート用に FXG に変換したり、透明の背景を維持したり、解像度を選択したり、カラースペースを選択したりできます。PostScript ファイルと Illustrator ファイルのフォーマット用オプションは、アップロードオプションを設定ボックスの「PostScript オプション」および「Illustrator オプション」の下のアップロード画面で利用できます。

  • 処理中 - 「ラスタライ ​ズ」を選択して、ファイル内のベクトルグラフィックをビットマップ形式に変換します。

  • レンダリングイメージで透明背景を維持 — ファイルの背景の透明度を維持します。

  • 解像度 — 解像度の設定を決定します。この設定には、ファイルの 1 インチあたりに表示されるピクセル数(ppi)を決定します。

  • カラースペース — カラースペー スメ ニューを選択し、カラースペースを選択します。

    • 自動検出 — ファイルのカラースペースを保持します。

    • RGBとしてレンダリング - RGBカラースペースに変換します。

    • CMYKとして強制 - CMYKカラースペースに変換します。

    • グレースケールとしてレンダリング — グレースケールカラースペースに変換します。

このページ