画像の調整

AdobeDynamic Media Classicには、画像の外観を調整するための様々なコマンドが用意されています。 これらのコマンドによって、画像の反転、回転、ぼかし、カラーバランスの変更、色彩の統一が可能です。これらのコマンドを試すと、操作対象の画像に対するそれぞれの効果が確認できます。

画像のエイリアスの作成も参照してください。

画像を調整するには:

  1. 画像のロールオーバーの「編集」ボタンを選択して「調整」を選択するか、参照パネルで画像をダブルクリックして詳細ビューで開きます。

  2. ウィンドウ下部で、サイズと画像プリセットを選択します。

  3. 調整エディタウィンドウの右側にあるコマンドを使用して画像を調整します。

    • 「反転」オプションは、画像を水平または垂直方向に反転します。
    • 回転スライダを使用して画像を回転します。「回転」フィールドに値を入力すると、画像が回転します。正の値を入力すると、時計回りに回転し、負の値を入力すると、反時計回りに回転します。
    • ぼかしスライダまたはそれに対応するボックスは、画像のぼかしに使用します。値が大きいほど、画像のぼかしが強くなります。
    • コントラスト、明るさ、彩度、色相およびカラーバランスの各オプションを使用して、色と明るさを調整します。これらの効果は累積的に作用します。例えば、「マゼンタ」や「グリーン」の設定に対する変更は、「色相」設定の変更に追加されます。
    • 「色彩の統一」オプションを使用すると、シャドウやハイライトを維持したまま、画像の色彩が統一されます。「色彩の統一」オプションに対する変更もまた、累積的です。明るさメニューから、「補正なし」を選択して、明るさの自動補正を無効にします。 コントラスト値を 0 に設定して、元の画像のコントラストの範囲を維持するか、0 を超える数値を使用して、コントラストの範囲を指定します。値を 100 に設定すると、コントラストが最大になります。一般的な値は30 ~ 70の範囲です。
  4. 画像の調整が完了したら、次のいずれかの操作を行います。

    • 保存」を選択します。

    • 画像の元の画像を置き換えるには、「名前を付けて保存」を選択します。

      ドロップダウンリストで、「元の​を置き換え」を選択し、「保存」を選択します。

    • 画像を新しいマスター画像として保存するには、「名前を付けて保存」を選択します。

      ドロップダウンリストで、「新しいマスターとして保存」を選択します。フォルダー名​リストボックスで、新しいマスター画像を保存するフォルダーを選択します。「保存」を選択します。

    • 画像をマスター画像の別のビューとして保存する。 画像のエイリアスを作成できます。名前を付けて保存​を選択します。

      名前を付けて保存​ダイアログボックスのドロップダウンリストで、「マスターの別のビューとして保存」を選択します。
      フォルダー名​リストボックスで、新しいマスター画像を保存するフォルダーを選択します。「保存」を選択します。

画像のエイリアスの作成

画像を調整したら、マスター画像の別のビューとして保存できます。 そのために、「追加のマスター表示として保存」機能を使用して、画像のエイリアスを作成できます。

画像のエイリアスを作成するには:

  1. グリッドビューまたはリストビューで、エイリアスを作成する画像の横にある「編集」ドロップダウンリストから「調整」を選択します。
  2. ページの右下隅にある「名前を付けて保存」を選択します。
  3. 名前を付けて保存​ダイアログボックスのドロップダウンリストで、「追加のマスタービューとして保存」を選択します。
  4. フォルダー名​リストボックスで、エイリアス画像を保存するフォルダーを選択します。
  5. ファイル名​フィールドに、エイリアスに使用する名前を入力します。
  6. 保存」を選択します。

このページ