メタデータの表示、追加、書き出し

AdobeDynamic Media Classicでは、操作するファイルに固有の情報を保存できます。この情報は、metadata​と呼ばれます。 Dynamic Media ClassicのAdobeでは、メタデータを使用して、アセットを整理、検索、フィルタリングおよび並べ替えることができます。

メタデータは、AdobeDynamic Media Classicで生成された情報(ファイル作成日、公開日、キーワードなど)と共に詳細ビューに表示されます。 メタデータを表示するには、詳細ビューでアセットを開き、メタデータパネルを選択します。 メタデータは詳細ビューで入力して編集できます。

一部のメタデータは、直接ファイルに埋め込まれます。ファイルにこのメタデータが含まれている場合、AdobeDynamic Media Classicはファイルと共に自動的にアップロードします。 Adobe Photoshop、InDesign、Illustrator、その他のアプリケーションのソースアセットにメタデータを埋め込むことができます。AdobeDynamic Media Classicはこのメタデータを認識します。 詳細ビューのメタデータパネルで、個々のファイルにメタデータを追加することもできます。 アセット間で統一をとるために、会社の管理者は、入力できるメタデータフィールドを指定したメタデータテンプレートを作成できます。

埋め込みメタデータについて詳しくは、拡張可能なメタデータプラットフォームを参照してください。

メタデータの表示

アセットのメタデータを表示するには、詳細ビューでアセットを開き、メタデータパネルをタップします。 一連のメタデータフィールドを選択するには、メタデータビューメニューでオプションを選択します。 AdobeDynamic Media Classicは、次のメタデータ表示を提供します。

  • コンパクトビュー — 値の基本的なリストです。

  • IPTC - International Press Telecommunications Councilで定義される値。

  • XMP — 拡張可能なメタデータプログラムで定義された値。

管理者はメタデータビューを作成できます。これらのビューは、メタデータビューメニューにも表示されます。

メタデータビューの作成について詳しくは、メタデータビューを参照してください。

アセットのメタデータの手動入力

  1. 詳細ビューでアセットを開きます。

  2. メタデータパネルを開いて、次のいずれかの操作またはその両方を実行します。

    • メタデータビューを選択して、パネルに表示するメタデータフィールドを指定します。
    • 「プリセット値」を選択し、「適用」を選択して、メタデータフィールドにプリセット値を入力します。 これらのプリセット値は、会社の管理者が作成します。
  3. メタデータパネルに値を入力します。

メモ

複数のアセットのメタデータを一度に編集するには、アセットを選択し、ファイル /情報を編集​に移動します。 情報を編集ウィンドウでメタデータに行った編集は、選択したすべてのアセットに適用されます。

キーワードの追加または編集

メタデータに加えて、キーワードを使用してアセットを検索および管理できます。

このセッション中に他のファイルにキーワードを追加した場合、またはリストからキーワードを削除した場合は、そのキーワードが「サーチクエリ」テーブルに表示されます。

  1. 詳細ビューでファイルを開きます。

  2. キーワード​を選択します。

  3. キーワードを追加するには、次のいずれかの操作を行います。

    • テキストボックスにキーワードを入力し、「追加」を選択します。
    • キーワード候補​テーブルでキーワードを選択します。
  4. キーワードを削除するには、キーワードを選択し、「削除」を選択します。 そのキーワードがキーワード候補テーブルに移動します。

メモ

キーワードをファイルに追加して、AdobeDynamic Media Classicにアップロードできます。 アップロードオプションを設定ダイアログボックスで、「追加のメタデータ」を選択し、キーワードを入力します。
詳しくは、 アップロードオプションを参照してください。

メタデータの取り込み

メタデータを 1 つずつ手動で入力する代わりに、タブ区切りファイルまたは XML ファイルから数多くのアセット用のメタデータを取り込むことができます。タブ区切りファイルまたは XML ファイルにメタデータを入力してファイルを取り込む方法の方が、個々のアセットにメタデータを入力する方法より手間が省けます。タブ区切りファイルの最初の行に、ID、およびメタデータを記録するフィールドの名前を入力します。後続の各行に、アセット ID 名に続けてメタデータ値を入力します。タブ区切りファイルまたは XML ファイルに含まれていないフィールドは変更されません。XML ファイルからメタデータを取り込むには、DTD に準拠していることを確認します。

メモ

メタデータを入力するためのテンプレートを作成して、Dynamic Media Classicに適切に読み込めるようにすることができます。 テンプレートを作成したら、テンプレートをメタデータの入力用に使用できます。
詳しくは、アップロードするメタデータを入力するためのテンプレートの作成を参照してください。

標準化されたプロパティの詳細については、AdobeXMPデベロッパーセンターを参照してください。

  1. 参照パネルで、タブ区切りファイルまたは XML ファイルからメタデータを追加する画像を選択します。
  2. ファイル > メタデータを読み込み​に移動します。
  3. メタデータ​をアップロードダイアログボックスで、「参照」を選択します。
  4. アップロードするファイルを選択​ダイアログボックスで、メタデータが含まれているタブ区切りファイルまたは XML ファイルを選択します。
  5. ジョブ名を入力します。
  6. アップロード」を選択します。

読み込みでの様々なメタデータタイプの特定

読み込もうとする複数のメタデータの種類を識別する場合は、以下のことを考慮してください。

  • ユーザー定義フィールドは、設定 > アプリケーション設定 > メタデータ > ユーザー定義フィールド​で作成された名前で識別されます。 すべての定義済み UDF を正しい取り込み形式で示したリストを取得するには、生成ファイル機能を使用します。
  • XMP メタデータプロパティには、(プロパティ)名より前に、関連する XMP プリフィックスを付ける必要があります。プリフィックスと名前をコロンで区切ります。XMPのプレフィックスは、 設定 > アプリケーション設定 > メタデータ > メタデータスキーマ​エディターで確認できます。 技術的な名前は、関連する XMP スキーマのドキュメントで確認できます。XMPのプロパティ名は、「ファイルを生成」機能には表示されません。
  • メタデータスキーマプロパティには、(プロパティ)名より前に、関連するプリフィックスを付ける必要があります。プリフィックスと名前をコロンで区切ります。プリフィックスとプロパティ名はメタデータスキーマエディタで定義します。メタデータスキーマのプロパティ名は、「ファイルを生成」機能に表示されません。

例:キーワードのXMPプロパティは、XMPスキーマ「Dublin Core」にプレフィックスdcを付け、 subjectはテクニカルXMP名です。 プレフィックスと技術的なXMP名が、dc:subject完全なプロパティ名に結合されます。 XMLメタデータの読み込み形式では、dc.subjectをプロパティ名にする必要があります。 タブ区切りのインポート形式では、列ヘッダーにする必要があります。

キーワードの読み込み

キーワードは、コンマ区切りリストとして読み込むことができます。 個々の値のいずれかにコンマが含まれる場合は、バックスラッシュ()でエスケープする必要があります。 円マーク自体を表すには、2 つの円マーク(¥¥)を使用します。

例えば、dc:subjectの値Hello\, World!,back\\slash,fooを含むメタデータ読み込みファイルでは、3つのXMPキーワードがアセットに設定されます。Hello, World!, back\slash,foo

XMP とメタデータスキーマのメタデータ XMP ファイルの取り込み

XML 取り込みでは、有効な XML のみを受け入れます。XMPまたはメタデータスキーマフィールドを読み込むと、名前空間のプレフィックスが追加され、XMP名前空間のように動作します。 この名前空間は宣言する必要があります。 例えば、を最上位タグに挿入します。

例:

<ips> 
    <ghw_object vc_objectname="img_001" dc:subject="word1,word2" 
</ips>

「XMPとメタデータスキーマのメタデータの読み込み」タブ区切りファイル

取り込みフィールドの該当する列見出しに、プリフィックスを追加する必要があります。

メタデータの読み込み(FTP 経由)

タブ区切りファイルまたはXMLファイルにメタデータを入力し、アップロードジョブオプション(「FTP」タブ)ページで「メタデータファイルを処理」を選択して、複数のファイルのメタデータを読み込むことができます。

タブ区切りファイルまたは XML ファイル内のデータが正しい形式になっていることを確認してください。最初の行に、ID フィールドに続けて、変更するメタデータフィールドの名前を入力します。後続の各行に、アセット ID 名に続けてメタデータ値を入力します。タブ区切りファイルまたは XML ファイルに含まれていないフィールドは変更されません。

グローバルナビゲーションバーで、「アップロード」を選択します。 メタデータをインポートするには、アップロードページで「FTP経由」タブを選択し、「ジョブオプション」を選択します。 アップロードオプションを設定ダイアログボックスで、「ジョブ」を選択し、「メタデータファイルを処理」チェックボックスをオンにします。

メタデータを使用して ID をバッチで名前変更

タブ区切りファイルまたはXMLファイルから読み込んだメタデータを使用して、AdobeDynamic Media Classic IDの名前を変更できます。 取り込まれたメタデータは、メタデータファイルで指定されている画像だけに適用されます。参照パネルで画像が選択されているかどうかは関係ありません。

画像のAdobeDynamic Media Classic IDの名前を変更するには、newipsid​というラベルの列をタブ区切りファイルに追加するか、new_vc_objectnameというフィールドをXMLデータに追加します。

例:

newipsid
testjacket_1 Jacket_test_1
testjacket_blue Jacket_test_2

メタデータジョブのジョブログに、名前が正常に変更されたIDと変更されなかったIDが示されます。

アップロードするメタデータを入力するためのテンプレートの作成

AdobeDynamic Media Classicには、メタデータを記録するためのテンプレートを作成するためのコマンドが用意されています。 テンプレートを使用すると、AdobeDynamic Media Classicに正しくアップロードできるように、メタデータが正しい形式で入力されます。 AdobeDynamic Media Classicに対するメタデータの記録と読み込みに使用するテンプレートを作成するには、次の手順に従います。

  1. テンプレートに含めるメタデータフィールドを持つ画像アセットを選択します。
  2. ファイル > メタデータを読み込み​に移動します。
  3. アセットのプロパティのタイプ」で、「画像」を選択します。
  4. ファイルを生成」ドロップダウンリストから、「タブ区切りテンプレート」、「アセットのXMLメタデータ」、または「XML DTD」を選択します。
  5. 生成」を選択します。
  6. 表示されるダイアログボックスで、データをコピーします。このデータを使用してテンプレートを作成します。

メタデータスキーマの操作

会社の管理者は、すべての使用可能なスキーマから構成されるリストを表示できます。グローバルナビゲーションバーで、設定 > アプリケーション設定 > メタデータ > メタデータスキーマ​に移動します。

最初は、XMPのようなグローバル標準スキーマのリストは非表示になっています。 リストの下部にあるチェックボックスを使用してこれらを表示できます。

会社の管理者は、カスタムスキーマを作成したり、既存のカスタムスキーマを編集したりできます。

メタデータスキーマエディタを使用して以下のアクションを実行できます。

アクション 説明
追加 プロパティをスキーマに追加します。 モーダルダイアログで次の情報が収集されます。「ID」、「ラベル」、「構造」および「データタイプ」。
選択値を追加 自由選択、または選択肢から選択の構造を使用して、選択可能な新しい選択肢をプロパティに追加します。すべての選択値は同じタイプを持ちます。プロパティ自体を選択して、ボタンを有効にします。
編集 プロパティまたは選択値のラベルを編集します。変更できるのはラベルのみであり、ID とタイプの情報は変更できません。
上へ移動/下へ移動 スキーマ内の順序は、UI に反映されます。順序を変更するには、プロパティまたは選択値を選択し、ボタンを使用して移動します。現在、ドラッグ&ドロップはサポートされていません。
削除 スキーマからプロパティまたは選択値を削除します。XMPブロックやデータベースから値が削除されることはありません。 このプロパティは、メタデータ表示では使用できなくなり、アセットの詳細表示から削除されます。 プロパティがメタデータサーバに公開された場合は、強制的に公開を実行して、公開されるメタデータサーバからデータを削除します。

システムは、プレフィックスs7udfを持つユーザー定義フィールドのカスタムスキーマを自動的に生成します。 これは既存のユーザー定義フィールドで、独自の設定セクションで編集されます。

メモ

スキーマを変更しても、アセットのメタデータ自体は決して変更されません。ただし、Dynamic Media ClassicとメタデータサーバーのAdobe機能の一部に対しては表示されず、変更後はアクセスできません。 同様に、アセットのメタデータが存在する場合は、対応するスキーマを作成することで、AdobeDynamic Media Classicとメタデータサーバーでメタデータを使用できるようになります。

メタデータスキーマエディターを使用すると、Dynamic Media Classic内でカスタム会社スキーマをグラフィカルに追加または編集できます。 スキーマは、プリフィックス、名前空間、およびプロパティリストで定義されます。

  • 名前 — スキーマのUI名。メタデータビューおよび詳細検索でプロパティを識別するために使用します。基本、IPTC、PDF のような XMP セクションに似ています。

  • プレフィックス — スキーマの技術的な一意の識別子。a ~ zおよびA ~ Zの文字に制限されます。プレフィックスは、AdobeDynamic MediaクラシックUIでは表示されませんが、アセットのメタデータがXMPブロックとデータベースに格納されている場合に使用されます。 メタデータサーバおよび取り込みに関連するメタデータ検索クエリの中で、メタデータフィールドを固有に識別するために、プリフィックスが使用されます。

  • 名前空間 — スキーマの技術的な一意の識別子(通常はフォーム内のURL) https://your.company.com/name/version/。標準スキーマリストで例を参照してください。名前空間は、AdobeDynamic MediaクラシックUIでは表示されませんが、XMPブロックにメタデータを格納するために使用されます。

  • 説明 — スキーマの自由なフォーム説明。

メモ

プリフィックスと名前空間は編集できません。これらのプロパティを変更するには、スキーマを削除し、もう一度作成する必要があります。

プロパティは、このスキーマとともに XMP ブロックに格納できるメタデータを記述します。プロパティは以下のもので構成されます。

プロパティ 説明
ID このプロパティの技術的な識別子。このIDは、AdobeDynamic Media Classic UIには表示されませんが、アセットのメタデータがXMPブロックとデータベースに格納されている場合に使用されます。 ID は、メタデータサーバに対して検索クエリを作成するために使用されます。ID には、以下のようないくつかの制限があります。
  • スペースなし
  • 「.」、「:」、「$」は使用不可
  • 1 文字目は数字ではない
  • ベストプラクティスは、1文字目に a ~ z、または A ~ Z を使用することです

ID は作成した後に変更できません。
ラベル このプロパティの UI 名。
構造 データタイプとともに、プロパティのタイプを決定します。構造は次のいずれかです。
  • シンプルタイプ:データタイプの単一の値
  • シーケンス:同じデータタイプを持つ複数の値から構成されるリスト
  • 自由選択:定義済みのリストからいずれかの項目を選択、またはフリーテキストを入力。データタイプは文字列または整数のみを使用可能
  • 選択肢から選択:定義済みのリスト(ポップアップまたはコンボボックス)からいずれかの項目を選択
データタイプ 以下の使用可能なタイプから選択します。
  • 文字列
  • 整数
  • 浮動小数点
  • はい/いいえ(ブール値)
  • 日付

プロパティが自由選択、または選択肢から選択の構造を持つ場合は、少なくとも 1 つの選択値を指定する必要があります。自由選択では変更が可能です。選択肢から選択では変更が不可能です。すべての選択値は、プロパティと同じデータタイプを持ちます。

プロパティ 説明
ID この値の技術的な識別子。このIDは、AdobeDynamic MediaクラシックUIには表示されませんが、アセットのメタデータがXMPブロックとデータベースに格納されている場合に使用されます。 ID は、メタデータサーバに対する検索クエリの中で使用されます。ID にスペースを含めることはできません。ID は作成した後に変更できません。
ラベル この値の UI 名。

このページ