AdobeDynamic Media Classicからのアセットの書き出し

Dynamic Media Classicで編集したAdobeは、ローカルネットワークドライブに保存できます。 書き出されたアセットは、ダウンロード用または電子メールでの送信用に ZIP ファイルにまとめられます。

書き出しジョブの場合、圧縮 ZIP ファイルの最大ファイルサイズは 1 GB です。また、1つの書き出しジョブに許可されるアセットの合計は最大500個です。

AdobeDynamic Media Classicは、ジョブ画面に書き出しジョブの記録を保持します。

Dynamic Media ClassicからAdobeを書き出すには:

  1. 書き出すアセットを選択し、ファイル /書き出し​に移動します。

  2. 選択したアセットを書き出しウィンドウで、「イメージ」オプション​をクリックしてから、次のオプションを指定します(ユーザが指定できるオプションは管理者が決定します)。

    • プリセット — オプションで、アセットの書き出し時の形式を設定する「画像プリセット」を選択します。「画像プリセット」を選択した場合、アセットは画像プリセットで定義されている形式を採用するため、その他の形式オプションを選択できなくなります。

    • 変換 — アセットファイルまたは元の画像を変換します。

    • サイズ — 標準サイズを選択できます。または、「サイズ」ドロップダウンリストから「その他」を選択し、目的の測定単位を選択して、幅と高さを指定します。

      Media Portalユーザーが使用できる書き出しオプションの指定も参照してください。

    • 形式 — 画像形式を選択します。

    • カラー - RGB、CMYKまたはグレーを選択します。

    • 解像度 - 72 ppi、150 ppiまたは300 ppiを選択します。

    • ジョブ名 — エクスポートにジョブ名を割り当てることができます。

    • 電子メールの送信先 — アセットを電子メールで送信する場合は、必要に応じて電子メールアドレスを入力します。電子メールには URL が記載されていて、受信者はこの URL にアクセスしてアセットをダウンロードすることができます。

  3. 書き出し」を選択します。

次の 3 つの基本的な書き出し操作がサポートされています。

  • 元のファイル(アセットの元のファイルを書き出す)
  • プリセットを使用した変換(画像プリセットを使用してアセットをフォーマット)
  • プリセットなしの変換(書き出しダイアログを使用して画像修飾子を指定)

次のアセットタイプは書き出せません。それ以外の場合は、書き出しが生成されます。

  • 画像セット
  • レンダリングセット
  • スピンセット
  • メディアセット
  • マルチビットレートセット
  • eCatalog

また、テンプレートを「元のファイル」として書き出すことはできません。

変換を使用して次のアセットタイプを書き出すことができます。

  • 画像
  • テンプレート
  • 調整した画像
  • PDF(変換後のページを生成)
  • PostScript®

書き出し対象として様々なアセットタイプを大量に選択すると、次のような動作になります。

  • ジョブの送信前に、書き出せないすべてのアセットタイプがリストから削除されます。
  • 変換が要求されている場合、変換可能なすべてのタイプは変換され、それ以外のすべては元のまま書き出されます。

このページ