アセットフォルダーの操作

Dynamic Media ClassicAdobe内のファイルアセットは、フォルダーに保存されます。 これらのフォルダは、アセットライブラリパネルにアルファベット順に表示されます。コンピューターまたはネットワークからDynamic Media Classicにファイルをアップロードする前に、ファイルを保存するためのフォルダーの名前を指定するよう求められます。 ファイルをアップロードする前に、これらのフォルダを作成してください。

ファイルをアップロードする前に、Dynamic Media Classicでファイルを保存するためのAdobeー構造と組織を確立してください。

フォルダーの表示、移動、非表示、開く

ファイルはアセットライブラリにフォルダツリーの形式で表示されます。アセットライブラリでフォルダを選択すると、参照パネルにその内容が表示されます。フォルダツリーでフォルダを見つけるには、次の手順に従います。

  • サブフォルダーを表示 — フォルダーを展開 アイ コンを選択して、フォルダー内のサブフォルダーを表示します。このアイコンは、フォルダ名の左側にあります。

  • フォルダーの移動 — フォルダーをドラッグ&ドロップして新しい場所に移動するか、ファイル / フォルダーの移動 を選択し​て移動できます。

  • フォルダーを非表示にする — サブフォルダ ーを 折りたたんで表示しない場合は、フォルダーを折りたたみアイコンを選択します。このアイコンは、フォルダ名の左側にあります。

  • フォルダーを開く — 参照パネルにフォルダーの内容を表示する場合は、フォルダーを選択します。

ヒント

アセットライブラリの左側にある「展開」または「折りたたみ」コントロールを選択して、アセットライブラリの表示/非表示を切り替えることができます。 参照パネルの作業領域を広げるには、アセットライブラリパネルを折りたたみます。

フォルダーの作成

  1. アセットライブラリで、フォルダの作成場所とするフォルダを選択します。

  2. フォルダーを追加」ボタンを選択します。 このアイコンは、フォルダーリストの一番上に表示されます。

  3. フォルダアイコンの横のフィールドに、新しいフォルダまたはサブフォルダの名前を入力します。

    メモ

    FTPを使用してファイルをアップロードする際に、AdobeDynamic Media Classicでフォルダーを作成することもできます。 FTPを使用してアップロードする際に「サブフォルダーを含める」オプションを選択すると、システム内のコンピューター上でフォルダー構造がレプリケートされます。 コンピュータまたはネットワーク上のファイルとサブフォルダがアセットライブラリに複製され、アップロードするアセットがこれらのフォルダに配置されます。

フォルダーの削除と名前変更

フォルダを削除したり名前を変更するには、フォルダを選択して、次の手順に従います。

  • 削除 - 「フォルダーを削 除」ボタンを 選択します。削除したフォルダ内のアセットは、ごみ箱フォルダに配置されます。このフォルダからアセットを元に戻すことができます。

  • 名前を変更 — 名前をダブルクリックし、新しい名前を入力します。

メモ

フォルダーやアセットをコピーすると、AdobeDynamic Media Classic上に重複するフォルダーやアセットが作成され、重複は許可されないので、フォルダーやアセットをコピーできません。

このページ