役立つリソース

AdobeDynamic Media Classic技術ドキュメント

AdobeDynamic Media Classic開発者向けリソース

AdobeDynamic Media Classicニュースレター、Tutorials、ウェビナー

  • Dynamic Media ClassicAdobeのアーカイブ
  • 画像のシャープニングのベストプラクティス
  • アセットのROIの最大化 — サイトやモバイルアプリをまたいでリッチメディアを配信するための業界のベストプラクティスを学びます。このウェビナーでは、例とデモを使用して、デバイスをまたいでビデオを効率的に配信する方法、マーケティングキャンペーンで動的なクリエイティブを配信する方法、画像、スタイルガイド、ルックブックをショッパブルにしてコンバージョンを増やす方法を示します。
  • コンテンツ配信のライフサイクルを加速する — このウェビナーでは、リッチメディアの管理と配信を行う次世代プログラムであるAdobe Experience Manager Assetsの概要とデモを提供します。クリエイティブチームとマーケティングチームの間でアセットを共同作業および共有し、アセットのレビュープロセスを合理化する方法を説明します。 アセットの検索、使用、再利用、共有を容易にするための、アセットメタデータを効率的に管理するためのベストプラクティスについて説明します。 インタラクティブなクロスチャネルリッチメディアエクスペリエンスを提供する方法を説明します。
  • モバイル最適化のデザイン -AdobeDynamic Media Classicを使用して、ターゲットを絞り込んだリッチメディアをすべてのデバイスに効率的に配信します。このウェビナーでは、モバイルアプリやレスポンシブサイトをまたいで効果的な画像やビデオの視聴エクスペリエンスをデザインおよび配信する方法を学びます。
  • AdobeDynamic Media ClassicによるSEOのサポート — 現在、検索エンジンを使用してWebサイトや画像を検索できます。AdobeDynamic Media Classicは、より多くのトラフィックがAdobeのDynamic Media ClassicユーザーのWebサイトに導かれるように、画像をより検索エンジンに適したものにする取り組みをサポートしています。 このPDFでは、これを実現するための背景と実装ガイダンスを提供します。
  • AdobeDynamic Media Classicを使用してホリデーコンバージョンを最大化する — このウェビナーでは、自動ワークフローを設定して、監視フォルダーからコンテンツを取得し、スピンセットとビデオを自動的に作成する方法を説明します。また、変更をすばやく管理したり画像を更新したりする方法も説明します。
  • AdobeDynamic Media Classicを使用したインタラクティブなエクスペリエンスを提供するためのベストプラクティス — このウェビナーでは、AdobeDynamic Media Classicでのコンテンツの送受信方法を説明します。最適なパフォーマンスと最高のエクスペリエンスを得るための画像プリセットの設定方法を説明します。 また、ビューアプリセットおよびキャッシュ設定についても説明します。
  • レスポンシブデザインのベストプラクティス — このウェビナーでは、モバイル戦略の改善方法に関する実用的なヒントを説明します。レスポンシブデザインの実例を確認します。複数のデバイスで機能し、画像の解像度または画像の向き(縦長または横長)を動的に変更することでモバイルのパフォーマンスを向上させる、1 つのマスターアセットを作成します。また、画像を動的にトリミング、拡大縮小またはサイズ変更する方法についても説明します。

AdobeDynamic Media Classicトレーニング

ここに移動して、現在利用可能なトレーニングコースを確認します。
AdobeDynamic Media Classicのトレーニングビデオ

AdobeDynamic Media Classicで利用できる一般的なリソースをすべて表示します。

このページ