開発者向けリソース

AdobeDynamic Media Classicには、各AdobeDynamic Media Classicソフトウェアモジュールの最新のメジャーバージョンに関するドキュメントが用意されています。 モジュールドキュメントは、画像オーサリング、AdobeDynamic Media Classic、Image Serverと画像レンダリング、ビューアで使用できます。

また、一部のモジュールのリリースノートもあります。リリースノートには、拡張機能、新機能、ヒント、トラブルシューティングに関するアドバイス、未解決の既知の問題など、リリースに関する詳細情報が記載されています。また、リッチメディア機能のインタラクティブな例とそれらをアクティブにする方法も記載されています。また、リリースノートでは、ライセンス許諾されたソフトウェアを使用するユーザ向けのインストールおよび設定に関する情報も提供しています。

画像サービングと画像レンダリングのリファレンスガイド、およびビューアでは、これらのサーバーモジュールのHTTPプロトコルについて説明します。 Webサイトやカスタムアプリケーション向けに、AdobeDynamic Media Classicリッチメディアをさらにカスタマイズして使用するWebサイト開発者は、これらのガイドを使用できます。 AdobeDynamic Media Classicは、ユーザーがデスクトップアプリケーション、一般的なHTTPプロトコル標準および規則、基本的なイメージングの用語に精通していることを前提としています。

AdobeDynamic Media Classic API

ドキュメント Web アドレス
API リファレンスガイド ドキュメントについては、AdobeのDynamic Media Classicテクニカルサポートにお問い合わせください。

Image Authoring

ドキュメント Web アドレス
ユーザーガイド このドキュメントについては、AdobeDynamic Media Classicテクニカルサポートにお問い合わせください。
リリースノート このドキュメントについては、AdobeDynamic Media Classicテクニカルサポートにお問い合わせください。

画像サービングおよび画像レンダリング

ドキュメント Web アドレス
API リファレンスガイド https://experienceleague.adobe.com/docs/dynamic-media-developer-resources.html?lang=ja?lang=ja

ビューア

ドキュメント Web アドレス
ビューアリファレンスガイドおよびリリースノート https://experienceleague.adobe.com/docs/dynamic-media-developer-resources.html?lang=ja?lang=ja
ビューアライブラリの例 https://landing.adobe.com/en/na/dynamic-media/ctir-2755/live-demos.html

このページ