画像プリセットの設定

画像プリセットは、マクロのような定義済みのサイズおよび形式に関するコマンドの集まりであり、特定の名前が付けられて保存されています。ここでは、Web サイトで各製品の画像を 500 x 500 pixel と 150 x 150 pixel の 2 つの異なるサイズで表示する必要がある場合を例に、画像プリセットがどのように機能するかを説明します。500 x 500 pixel で画像を表示する「Enlarge」という画像プリセットと、150 x 150 pixel で画像を表示する「Thumbnail」という画像プリセットを作成したとします。画像を「Enlarge」および「Thumbnail」サイズで配信するために、Dynamic MediaImage Serverは、Enlarge画像プリセットとThumbnail画像プリセットの定義を参照します。 サーバは、各画像プリセットのサイズおよび形式の指定に従って画像を動的に生成します。

Dynamic Mediaクラシックには、既に使用可能な「ベストプラクティス」画像プリセットがいくつか用意されています。 管理者は、新しい画像プリセットを作成することもできます。 画像プリセットは、新規作成することも、既存のプリセットを使用して別の名前で保存することもできます。

サーバから動的に配信されるときにサイズが縮小される画像は、シャープとディテールが損なわれることがあります。このため、各画像プリセットには、特定のサイズで配信されるときに画像を最適化するための形式制御機能が含まれています。これらの制御機能により、画像がシャープでクリアな状態で Web サイトやアプリケーションに配信されるようになります。

画像プリセットの作成

会社の管理者は、独自の画像プリセットを作成できます。新しい画像プリセットまたは開始に、Dynamic Mediaクラシックが提供する初期設定の画像プリセットを作成、編集し、新しい名前で保存することができます。

画像プリセットを作成するには

  1. 設定画像プリセット​をクリックします。

    この画面で画像プリセット名を探して選択し、既存の画像プリセットをプレビューすることができます。画像プリセット名を選択すると、プレビューウィンドウ内のサンプル画像のサイズと外観が変わります。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 画像
      プリセットの作成クリック追加。

    • 画像プ
      リセットの編集作成する画像プリセットに最も近い画像プリセットを参照し、「編集」をクリックします。

  3. 画像プリセットの名前を入力します。

  4. 高さおよび幅の値をピクセル単位で入力します。これらの値は、画像が配信されるサイズを決定します。

  5. プリセットを追加画面またはプリセットを編集画面に必要な情報を入力します。詳しくは、画像プリセットのオプションを参照してください。

    Dynamic Mediaクラシックでは、次の「ベストプラクティス」オプションを開始に推奨しています。

    • 形式:JPEGまたは要件に合う他の形式を
      選択します。すべての Web ブラウザーで JPEG 画像形式がサポートされています。JPEG 形式は、小さいファイルサイズと画質のバランスが優れています。ただし、JPEG 形式の画像は非可逆圧縮方式を使用しているので、圧縮設定が低すぎると画像に望ましくないアーティファクトが発生する可能性があります。そのため、(スライダ上の)圧縮品質を75に設定することを推奨します。 この設定は、画質と小さなファイルサイズのバランスが取れた設定です。

    • シャ
      ープ:「シャープ」は選択しません(このシャープフィルターオファーでは、「アンシャープマスク」設定よりも制御が少なくなります)。

    • 再サンプル
      モードバイキュービック法を選択

    • アンシャープマスク(USM)
      オプション次の設定を入力します。
      | プリセットの種類 | サイズ | 適用量 | 半径 | しきい値 |
      |— |— |— |— |— |
      | Cross-Sell(ミニサムネール) | 75 x 75 | 1.5 | 0.8 | 5 |
      | Thumbnail | 150 × 150 | 1.1 | 1 | 5 |
      | Main | 350 x 350 | 1 | 1 | 6 |
      | Enlarge | 500 x 500 | 1.2 | 1.2 | 5 |

  6. 保存」をクリックします。

ここに示す画像プリセットを作成するための「Dynamic Mediaクラシック」の「ベストプラクティス」オプションは、一般的な推奨事項です。シャープの適用は、必ずしも主観的な方法です。 これらの「ベストプラクティス」設定は、2000 x 2000 のマスター画像に基づく設定です。これより大きいまたは小さいマスター画像では、異なる設定になります。アンシャープマスクの設定を調整する場合、Dynamic Mediaクラシックでは次の範囲を推奨します。

  • 0.8 ~
    1.5の範囲で指定します。

  • 0.6 ~
    2の範囲の半径。


  • きい値1 ~ 6。

画像プリセットを削除するには、画像プリセット画面で画像プリセットを選択して、「削除」ボタンを選択します。

このページ