Adobe Dynamic Media Classicプログラムの概要

Adobe Dynamic Media Classicは、統合されたリッチメディア管理、公開、および提供環境です。 リッチメディアは、あらゆる流通および販売経路を介して配信することができます。例えば、Web、印刷物、電子メールによる宣伝、Web ポータル、デスクトップ、デバイスを介して配信することができます。

プラットフォームの概要 のトレーニングビデオも参照してください。

ワークフロープロセス

主なAdobe Dynamic Media Classicワークフロー手順は次のとおりです。

  • アセットのアップロードと管理 — メディアアセットをAdobe Dynamic Media Classicにアップロードします。システム上のアセットに対して、整理、参照および検索を行うことができます。また、アセットにメタデータを適用することもできます。

  • リッチメディアの作成 - eCatalog、画像セット、スピンセット、スウォッチセット、混在メディアセット、基本テンプレート、FXG テンプレートなど、様々なアセット設定を作成します。

  • 公開と管理 - Adobe Dynamic Media Classic SaaS ネットワークへのアセットの公開。アセットが公開された際のステータスを監視します。 ユーザー権限の管理とセキュリティの維持

  • 提供 - Adobe Dynamic Media Classic SaaS ネットワークから Web ページ、アプリケーション、モバイルデバイスにメディアを配信する。メディアはパフォーマンスに最適化され、CDN キャッシュと共に配信されます。Adobe Dynamic Media Classicには、各アセットの URL が表示されます。 アセットを公開すると、URL がアクティブになります。

Adobe Dynamic Media Classicワークフロープロセス

1 つのマスター画像と 1 回の URL 呼び出し

Adobe Dynamic Media Classicは他のシステムとは根本的に異なります。単一のマスターアセットおよび URL 呼び出しからメディアを動的に配信するのにAdobe Dynamic Media Classicを使用できるからです。

Adobe Dynamic Media Classicで生成される URL 文字列には、アセットの配信時の表示方法をサーバーに伝える手順が含まれています。 例えば、1 つのマスター画像をもとに、サイズ、形式、重み、色、ズームビューをそれぞれ変えて配信させることができます。Adobe Dynamic Media Classicでメディアアセットを構築および公開する際に、効果を視覚的に設定できます。 この設定を行うには、マスターアセットをアプリケーションにどのような形態で配信するのかを正しくサーバに通知する URL 呼び出しを作成します。

Adobe Dynamic Media Classicは、サイズと形式が異なる異なる異なるメディアに同じマスター画像を配信できます。
Adobe Dynamic Media Classicは、サイズや帯域幅に関係なく、一貫性のある高品質のエクスペリエンスをあらゆる画面に提供します。

コンテンツのキャッシング

Adobe Dynamic Media Classicが動的に生成する画像は、キャッシュに適しています。通常は、JPEGを識別する一意の URL 呼び出しを持つ画像です。 画像はコンテンツ配信ネットワーク(CDN)方式で配信されます。この方式は、コンテンツ配信を高速化するために、サーバをインターネット上で相互接続する方式です。画像はグローバルに配置されたサーバ間で配信されてから、コンピュータに配信されます。任意の CDN ベンダーを使用してキャッシュメカニズムを実装する場合は、CDN 対応のDynamic Media Image Server を指すようにサーバー名を変更するだけです。 すべてのAdobe Dynamic Media Classicエディションには、CDN キャッシュのバンドルが含まれています。

このページ