eCatalogビューアプリセットの設定

eCatalog ビューアプリセットによって、eCatalog ビューアのスタイル、動作、外観が決まります。AdobeDynamic Media ClassicにはeCatalogビューアプリセットが用意されています。管理者は、独自のeCatalogビューアプリセットを作成することもできます。

プリセットを作成するには、最初から作成するか、AdobeのDynamic Media Classic提供のeCatalogビューアプリセットを使用して開始し、新しい名前で保存します。 製本する際に、会社の特性を表し、トーンを設定できるように独自の eCatalog ビューアプリセットを作成することができます。

eCatalog ビューアプリセットで設定できる内容は多数あり、ページ間の移動、ズーム、検索、スキンの選択などを設定することができます。eCatalogビューアプリセットの選択に応じて、これらのコントロールの外観とビューアの表示方法が変わります。

eCatalogビューアプリセットを作成できるようにするには、次の手順に従います(管理者である必要があります)。

  1. グローバルナビゲーションバーで、設定 /ビューアプリセット​に移動します。

  2. ビューアプリセット画面で、最初から新規に作成するか、既存の eCatalog ビューアプリセットを編集して作成する方法で、eCatalog ビューアプリセットを作成します。

    • eCatalogビューアプリセットの作成 - 「追 」を選択します。ビューアプリセットを追加ダイアログボックスで、プラットフォームを選択し、「eCatalogビューア」を選択して、「追加」を選択します。

    • eCatalogビューアプリセットの編集 - eCatalogビューアプリセットを選択し、「編 」を選択します。プリセットの作成が完了したら、「名前を付けて保存」を選択します。

  3. ビューアを設定画面で、eCatalog ビューアプリセットの名前を入力します。

  4. ビューア設定画面で、目的のオプションを設定します。

    説明を読むには、オプションの横にある​情報ヒント​アイコンを選択します。

    設定を更新および変更すると、プレビューページにビューアが表示されます。

  5. (オプション)情報パネルの設定​では、「情報サーバのURL」オプションに次の特殊なトークンを含めることができます。これは、ビューアによって置き換えられます。

    トークン 置換後 説明
    $1$ rollover_key 値 マップの<area>要素の項目識別子。
    $2$ frame 画像セット内で現在表示されているフレームのシーケンス番号。
    $3$ 画像ルート 画像コマンドで指定された最初の項目の最初のパス要素(通常、画像セットを指定するカタログエントリの画像カタログ ID)。
  6. (オプション)AdobeDynamic Media Classicで画像マップの情報の取得中にエラーが発生した場合に表示するテキストを、情報パネルの設定​の「応答テンプレート」ボックスに入力します。 例えば、システムで会社名と eCatalog 名は取得されるが、ロールオーバー識別子は取得されない場合に、このメッセージがユーザに表示されます。

メモ

eCatalog自体で定義されたテンプレートの代わりにこの応答テンプレートを使用するには、情報サーバURLの末尾にfmt=1を追加します。 例:https://.../$3$/$4$/$1$/?FMT=1.

  1. 保存」を選択します。
  2. 作成したeCatalogビューアプリセットをWebページにeCatalogを表示するために使用する場合は、「デフォルト」を選択します。

eCatalogビューアプリセットを削除するには、ビューアプリセット画面でeCatalogビューアプリセットを選択し、「削除」を選択します。

このページ