Adobe Analytics レポートの表示による統合のテスト

必要な変数をAdobe Analyticsで作成し、それらの変数をDynamic Mediaクラシックイベントにリンクし、必要な実装手順を完了したら、設定をテストできます。 データが Adobe Analytics 内で収集されることをテストして確認できます。設定が正常に動作する場合は、それ以上の手順は必要ありません。上記の手順に従って、Dynamic Mediaクラシックイベントデータを1つ以上のカスタムトラフィック変数にリンクしたと仮定し、次のワークフローに従ってAdobe Analytics内のデータをテストします。

Adobe Analyticsレポートを表示して統合をテストするには:

  1. アカウントからDynamic Mediaクラシックビューアを開始します。特に、取得する指標をブロードキャストするビューアで、これを操作してイベントデータを作成します。

    例えば、画像セット内の人気のある代替表示を測定する場合は、画像セットをプレビューし、様々なサムネール画像をクリックします。

  2. Adobe Analytics内で、カスタムトラフィック/カスタムトラフィック1-10/[prop]に移動し、メニュー項目から適切なトラフィックprop名を選択します。

    例えば、サンプルアカウントの​LoadAsset propにアクセスする場合、適切なメニュー項目は​カスタムトラフィック > カスタムトラフィック1-10 > LoadAsset​です。 カスタムpropが10個を超える場合は、他のメニュー項目も表示されます。

  3. Adobe Analytics が生成したチャートを参照します。通常、このグラフは1つの指標のデータに過ぎません。 このデータが関連付けられているアセットも特定したい場合は、このイベントのアセットデータを取得します。 例えば、50%までしか視聴されていないビデオや、セット内のどの画像が人気があるかを知ると役立ちます。

メモ

すべてのDynamic Mediaクラシックビューアのデータは、Adobe Analyticsのカスタムトラフィックレポートまたはカスタムコンバージョンレポートに表示およびレポートされます。

詳しくは、AnalyticsTutorialsを参照してください。

このページ