Adobe Analytics Instrumentation Kitを使用したビューアの実装

Adobe Analytics Instrumentation Kitを使用して、HTML5ビューアをAdobe Analyticsと統合できます。

事前定義済みのAdobeDynamic Media Classic HTML5ビューアプリセットを使用する場合、Adobe Analyticsにデータを送信するためのすべての実装コードが既に含まれています。これ以上の計測は必要ありません。

Dynamic Media ClassicからのAdobe AnalyticsAdobeのセットアップ

すべてのHTML5ビューアに対して、次のJavaScriptをHTMLコンテナ(通常は<head>要素内)に追加します。

<!-- ***** Adobe Analytics Tracking ***** --><script type="text/javascript" src="https://s7d6.scene7.com/s7viewers/s_code.jsp?company=<Adobe Dynamic Media Classic Company ID>&preset=companypreset-1"></script>

ここで、Adobe Dynamic Media Classic Company IDはAdobeDynamic Media Classicの会社名に設定します。 会社のプリセット名がcompanypresetでない限り、&presetはオプションです。 そのような場合はcompanypreset-1, companypreset-2などになります。 番号が大きいほど、プリセットの最新のインスタンスになります。正しい会社プリセット値の名前を判断するには、「 URL​をコピーpreset= 」を選択し、パラメーターを調べて会社プリセット名を特定します。

続けて、ビューアイベントをAdobe Analyticsトラッキングコードに送信する関数を追加します。

コンテナのHTML(またはJSP、またはASPXなど)にs7ComponentEvent()関数を追加します。

function s7ComponentEvent(objectId, componentClass, instanceName, timeStamp, eventData) {     s7track(eventData); }

関数名では大文字と小文字が区別されます。 s7componentEventに渡される必須のパラメーターは最後のパラメーターのみです。eventData. ここで、s7track()は、上記に含まれるs_code.jspで定義されます。 s7trackは、各イベントごとにすべての追跡を処理します。 (Adobe Analytics に送信されるデータをさらにカスタマイズする場合は、この領域で行います)。

HREFおよびITEMイベントの有効化

画像マップを編集することで、ビューアの HREF(ロールオーバー)および ITEM(マウスクリック/タッチ)イベントを有効にできます。ビューアコンテンツと関連付けられている画像マップ内で、HREF と ITEM の識別子を定義します。画像マップ内のHREF値に&rolloverKey=パラメーターを追加します。

このページ