Adobe Analytics 計測キットを使用したビューアの計測

HTML5ビューアをAdobe Analyticsと統合するには、Adobe Analytics計測キットを使用します。

定義済みのDynamic MediaクラシックHTML5ビューアプリセットのいずれかを使用する場合は、Adobe Analyticsにデータを送信するのに必要な実装コードがすべて含まれていることに注意してください。これ以上の実装は必要ありません。

Dynamic MediaクラシックのAdobe Analyticsトラッキングを設定

すべてのHTML5ビューアに対して、次のJavaScriptをHTMLコンテナ(通常は<head>要素)に追加します。

<!-- ***** Site Catalyst Tracking ***** --><script type="text/javascript" src="https://s7d6.scene7.com/s7viewers/s_code.jsp?company=<Dynamic Media Classic Company ID>&preset=companypreset-1"></script>

Company は、Dynamic Mediaクラシック会社名に設定されます。&preset は、会社プリセット名がでない場合はオプションで companypresetす。そのような場合は、companypreset-1, companypreset-2のようになります。 番号が大きいほど、プリセットの最新のインスタンスになります。正しい会社プリセット値の名前を指定するには、「URLをコピー」をクリックし、preset=パラメーターを確認して会社プリセット名を探します。

次に、ビューアイベントを Adobe Analytics 追跡コードに送信する関数を追加します。

コンテナ追加のHTML(またはJSP、ASPX、その他)に対するs7ComponentEvent()関数:

function s7ComponentEvent(objectId, componentClass, instanceName, timeStamp, eventData) {     s7track(eventData); }

関数名では大文字と小文字が区別されます。s7componentEventに渡す唯一の必須パラメータは最後のパラメータです。eventData. s7track() は、上記に含まれるs_code.jspで定義されます。s7track は、各イベントごとにすべての追跡を処理します。(Adobe Analytics に送信されるデータをさらにカスタマイズする場合は、この領域で行います)。

HREF および ITEM イベントの有効化

画像マップを編集することで、ビューアの HREF(ロールオーバー)および ITEM(マウスクリック/タッチ)イベントを有効にできます。ビューアコンテンツと関連付けられている画像マップ内で、HREF と ITEM の識別子を定義します。画像マ追加ップ内のHREF値の&rolloverKey=パラメータ。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now