Nielsen ツール

Nielsenツールを作成し、自動または手動でページコードを設定することで、Dynamic Tag Managementを使用したNielsen追跡を有効にできます。 導入する場合は、自動的にページコードを設定することをお勧めします。

前提条件

Nielsenツールをデプロイする前に、次のタスクを実行する必要があります。

タスク 説明

1. Dynamic Tag Managementをサイトに埋め込みます(サイトのWebページすべて)。

サイトにJavaScriptとページコンテンツを読み込むかどうかを決定するヘッダーおよびフッターコードを追加できます。 使用する ホスティングオプションに関係なく、サイトのすべてのページにヘッダーとフッターの両方のコードをインストールする必要があり ます。 詳しくは、「 ヘッダーとフッターのコード」を参照してくだ さい。

2. Experience Cloud IDサ追加ービスツールを使用します。

The Experience Cloud Visitor ID Service provides a universal visitor ID across Experience Cloud solutions. 訪問者IDサービスは、従来のAnalytics訪問者IDメカニズムに代わるものであり、 Analytics for ターゲットに必要 です。 ビデオハートビート ; と Experience Cloud 統合(Adobe/Nielsen統合を含む)を追加できます。 このサービスに関する一般的な情報については、『 Experience Cloud訪問者IDサービスガイド』を参照してくだ さい。 DTMへのExperience Cloud IDサービスツールの追加について詳しくは、Experience Cloud IDサービスの設定を参照して くだ さい。

3.Adobe Analytics ツールを追加します。

You can deploy Adobe Analytics (Standard and Premium) using Dynamic Tag Management by creating the Adobe Analytics tool and configuring the page code either automatically or manually. 導入する場合は、自動的にページコードを設定することをお勧めします。詳しくは、 Adobe Analyticsツールを参照してください

Nielsen追加ツール

  1. <Webプロパティ名> / Overview / Add a Tool /をクリック Nielsen します。

    手順の結果

  2. 以下のフィールドに入力します。

    要素 説明

    ツールの種類

    The type of tool, such as Nielsen .

    ツール名

    このツールを説明する名前。 この名前は、インストールされているツールの「概要」タブに表示されます。

    クライアントID

    Nielsenから伝えられたクライアントIDを指定します。

    収集サーバー

    Nielsenから伝えられた収集サーバー(secure-us、secure-auなど)を指定します。

    統合方法

    自動: Dynamic Tag Managementを使用して統合を管理します。 アカウントが接続されると、Adobe Analytics レポートスイート ID と名前が取得され、ツール設定インターフェイスに入力されます。したがってユーザーのミスが発生しにくく、ツールのデプロイメントを迅速に実行できます。

    手動: 統合を手動で管理します。 統合方法として「自動」を使用することを強くお勧めします。

  3. Click Create Tool to create the tool and display it for editing.

  4. 以下のフィールドに入力します。

    要素 説明

    アプリケーション ID

    Nielsenから伝えられたアプリのIDを指定します。

    アプリ名

    Nielsenから伝えられたアプリの名前を指定します。

    収集サーバー

    Nielsenから伝えられた収集サーバー(secure-us、secure-auなど)を指定します。 コレクションサーバーは、上記で指定した情報を引き継ぎます。

    コンテンツグループ

    Nielsenから伝えられたコンテンツグループを指定します。

    VCID

    Nielsenから伝えられたVCIDを指定します。

  5. Save Changes」をクリックします。

Dynamic Tag ManagementでのNielsenルールの設定

Dynamic Tag Management は、ルールでタグを管理するため、ユーザーの操作に関する各種データを参照します。ルールで概要が示されている条件が満たされると、ルールは、指定したツール、スクリプトまたはHTMLをトリガーします。 For general information, see Rules.

Nielsenツールを追加すると、Dynamic Tag ManagementによってデフォルトのNielsen時間追跡ルールが自動的に作成されます。

  1. Click the Rules tab > Page Load Rules > Nielsen.

  2. 必要に応じて、このページルールをいつ実行するかを指定し、ルールを設定します。

    1. をクリック Conditions​し、ルールが起動する場所(ページの下部、ページの先頭、DOM Ready状態、onLoad状態)を指定します。

    2. ルールの実行に関する条件を指定します。

    3. ルールを実行するページのパスを含めます(例:「videos」)。

    4. をクリック Nielsen すると、事前に設定されたデータ要素のセットが表示されます。

    5. Click Data Elements to map where you want Dynamic Tag Management to pull the information in these pre-populated data elements (Asset Name, Player ID, and so forth).

      例えば、アセット名は、指定する必要があるDIVから取り出すことができます。
      次の各トピックで詳しく説明します。

すべての変更を承認して発行する

前の節で行った変更を承認してから、変更を有効にする必要があります。

  1. Click the Approvals tab > Approve.

このページ