Experience Cloud ID サービス

Dynamic Tag Managementを使用してExperience Cloud訪問者IDサービスをデプロイします。

メモ

詳しくは、「 標準的なDTMによるMCIDの実装」を参照してください。

DTM設定に関するドキュメントについては、Experience CloudIDサービスのドキュメントの Experience CloudIDサービス設定(DTM用)を参照してください

重要

Experience CloudIDサービスツールは、Adobe AnalyticsおよびAdobe Experience Cloudとのみ統合されます。 このサービスは、ページに最初に読み込まれるコードである必要があります。 同期的に読み込む必要があり、編集することはできません。 また、競合を回避するには、Experience CloudIDサービスをデプロイする方法は1つだけ(Dynamic Tag Managementのデプロイメントまたは独自のコードを手動で使用)です。

<Web Property Name> > Overview > Add a Tool > Experience Cloud ID Service

Dynamic Tag Managementを使用したExperience CloudIDサービスのデプロイメントを自動化できます。 このサービスは、 オーディエンスなど、Experience Cloudのサービスや機能を有効にします。 (Analyticsオーディエンスセグメントの公開が可能)。

Experience CloudIDサービスのデプロイを検証しています

他のソリューションで使用されているライブラリが最新で、Experience CloudIDサービスをサポートしていることを確認します。 Dynamic Tag Managementエンジンでは、この検証は行われません。

重要

競合を避けるために、Experience CloudIDサービスの複数のデプロイメントを試行しないでください。

  • 1つの展開方法のみを使用する:Dynamic Tag Managementのデプロイメントか、手動で、独自のコードを使用するかを指定できます。
  • Dynamic Tag ManagementでExperience CloudIDサービスを導入する際に、この getInstance() 関数およびその他の関連するすべて visitorAPI.js の要素をAppMeasurementファイルから削除する必要があります。

「Analytics用のExperience CloudIDサービスの 実装 」の手順8を参照して、リク Analytics エストに mid (Experience Cloud訪問者ID)パラメーターが含まれていることを確認してください。

特定のコードバージョンと他の 訪問者IDサービスの要件について詳しくは、「訪問者IDサービスの要件 」を参照してください。

このページ