Experience Cloud ID サービス

Dynamic Tag Managementを使用してExperience Cloud訪問者IDサービスをデプロイします。

メモ

詳しくは、「 標準的なDTMによるMCIDの実装」を参照してください。

DTM設定に関するドキュメントについては、Experience CloudIDサービスのドキュメントの Experience CloudIDサービス設定(DTM用)を参照してください

重要

Experience CloudIDサービスツールは、Adobe AnalyticsおよびAdobe Experience Cloudとのみ統合されます。 このサービスは、ページに最初に読み込まれるコードである必要があります。 同期的に読み込む必要があり、編集することはできません。 また、競合を回避するには、Experience CloudIDサービスをデプロイする方法は1つだけ(Dynamic Tag Managementのデプロイメントまたは独自のコードを手動で使用)です。

<Web Property Name> > Overview > Add a Tool > Experience Cloud ID Service

Dynamic Tag Managementを使用したExperience CloudIDサービスのデプロイメントを自動化できます。 このサービスは、 オーディエンスなど、Experience Cloudのサービスや機能を有効にします。 (Analyticsオーディエンスセグメントの公開が可能)。

Experience CloudIDサービスのデプロイを検証しています

他のソリューションで使用されているライブラリが最新で、Experience CloudIDサービスをサポートしていることを確認します。 Dynamic Tag Managementエンジンでは、この検証は行われません。

重要

競合を避けるために、Experience CloudIDサービスの複数のデプロイメントを試行しないでください。

  • 1つの展開方法のみを使用する:Dynamic Tag Managementのデプロイメントか、手動で、独自のコードを使用するかを指定できます。
  • Dynamic Tag ManagementでExperience CloudIDサービスを導入する際に、この getInstance() 関数およびその他の関連するすべて visitorAPI.js の要素をAppMeasurementファイルから削除する必要があります。

「Analytics用のExperience CloudIDサービスの 実装 」の手順8を参照して、リク Analytics エストに mid (Experience Cloud訪問者ID)パラメーターが含まれていることを確認してください。

特定のコードバージョンと他の 訪問者IDサービスの要件について詳しくは、「訪問者IDサービスの要件 」を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now