Google Universal Analytics ツール

Google Universal Analytics用のDynamic Tag Managementの設定オプションです。

<Web Property Name> > Overview > Add a Tool > Google Universal Analytics

Google Universal Analyticsは、Dynamic Tag Managementインターフェイスのツールとして設定されます。

追加道具

設定 説明
ツール名 Google Analyticsのこのインスタンスの名前。
実稼動アカウントID Dynamic Tag Managementでは、データ収集用の実稼働用アカウントとステージング用アカウントを指定できます。 ステージングアカウント番号は開発またはテスト環境で使用され、テストデータは実稼動用とは別に保持されます。 Dynamic Tag Managementは、各環境に正しいアカウントを自動的にインストールします。

全般

要素 説明

Google Universal Analytics Premiumの機能を有効にする

ディメンションと指標の最大値を20から200に増加できます。

Google Universal Analyticsページコードが既に存在します

Google Analyticsのページコードが既にサイトに存在する場合、Dynamic Tag Managementがコードをインストールするのを防ぎます。 この機能を使用すると、一から開始するのではなく、Dynamic Tag Managementを使用して既存の実装を追加できます。 このボックスをチェックする場合は、トラッカー名を適切に設定してください。

Google Universal AnalyticsのEUコンプライアンスを有効にする

EU プライバシー Cookie に基づいたトラッキングを有効または無効にします。

ページが読み込まれる際に、システムは、sat_track という名前(またはプロパティ編集ページで変更したカスタム名)の Cookie が設定されているかどうかを確認します。次の情報を考慮してください。

  • If the cookie does not exist or if the cookie exists and is set to anything but true , the loading of the tool is skipped when this setting is enabled. つまり、ツールを使用するルールのどの部分も適用されません。

    ルールで Analytics の EU コンプライアンスがオンになっていて、ルールにサードパーティコードが含まれ、その Cookie が false の場合、そのサードパーティコードは実行されます。ただし、Analytics 変数は設定されません。

  • If the cookie exists but it is set to true , the tool loads normally.

訪問者がオプトアウトしている場合、sat_track(またはカスタム名)cookie を false に設定する必要があります。次のカスタムコードを実行することでこれを達成できます:

_satellite.setCookie(“sat_track”,&nbsp;“false”);

また、訪問者が後でオプトインできるようにするには、次のように、cookie を true に設定するメカニズムも必要です。

_satellite.setCookie(“sat_track”,&nbsp;“true");

IPアドレスの匿名化

IPアドレスが記録されないようにします。

SSLを強制

HTTPSを強制的に使用します。

トラッカー名

Google Analyticsのインストールに使用するトラッカー名です。 サイトのページにGoogle Analyticsが既にインストールされていることを指定した場合は、適切なデータ収集を行うために、ここで同じ名前を使用する必要があります。 Google Analyticsのデフォルトのトラッカー名は空白です。

Google Analyticsコード

Google Analyticsコードをホストする方法は2つあります。

  • Googleホスト:Googleでコードをホストできます。
  • URL:または、ここでファイルのURLを指定するだけでもかまいません。 Dynamic Tag Managementは、Google Analyticsの実装にこのコードを使用します。

データサンプル

Google Analyticsがサイトのデータのサンプルのみを取り込むようにするには、データサンプルのサンプルレートを指定します。 すべてのデータを収集するには、100%のままにします。

サイト速度サンプル

サイト速度とページパフォーマンスに対するデータキャプチャのサンプルレートも指定できます。 Google Analyticsのデフォルト値は1%です。

Social - Facebookの「いいね!」、「いいね!」の取り消し」、共有を追跡

サイト上の上記のソーシャルボタンに対する自動リンクトラッキングを有効にします。

Social — 公式のTwitterボタンの使用を追跡

サイト上のTwitterボタンに対する自動リンクトラッキングを有効にします。

すべてのページビュー、イベント、カスタム変数の呼び出しで強制的に小文字に変換

GAに送信されるすべてのページ表示、イベント、カスタム変数を、すべて小文字に変換する(ベストプラクティスの推奨)。

常にHTTP転送者URLを送信する

通常、Google Universal Analyticsを実装したドメインの外部からHTTPが参照されます。 多数のサブドメインがあり、すべてのURLを送信する場合は、この設定を有効にします。

ページの上部または下部にGoogle Analyticsページコードを読み込む

ページコードを読み込むタイミングと位置を(ルールごとに)制御できます。

グローバル設定 — 自動リンカーリンクトラッキングを有効にする

クロスドメインプロパティの追跡を自動化します。 Google Analyticsでは、異なる内部ドメインにリンクする場合は、Cookieが内部ドメイン間で共有されるように、JavaScriptコードを導入する必要があります。

Googleの詳細については、ここをクリックして ください

Cookie

要素 説明
訪問者Cookieタイムアウト

訪問者が繰り返し訪問者としてカウントされるまでのCookieの存続期間を制御します。 デフォルト値は2年です。

cookie 名

解析データの保存に使用するcookieの名前。

Cookieパス

Google AnalyticsのCookieがサイト上の特定のフォルダーでのみ機能するかどうかを制限できます。

Cookie ドメイン

デフォルトのCookieドメインは変更できます。 Webプロパティが複数のドメインまたはサブドメインにまたがるように指定した場合、Dynamic Tag Managementはこの設定を自動的に行います。

従来のcookieドメイン

このフィールドは、 ga.jsや urchin.jsなどのスクリプトを追跡する以前のGoogle Analyticsで生成されたcookieをanalytics.jsがどのように 検索するかを設定するために使用 します

キャンペーン追跡

キャンペーンパラメーターがデフォルトの変数(utm_sourceなど)に表示されない場合は、 ここで設定します。

要素 説明

#をクエリ文字列の区切り文字として設定

Dynamic Tag Managementが#記号の後のURLの値をURLパラメーターとして認識できるようにします。

Hit callback

ここに追加するコードは、各ヒットがGoogle Analyticsに正常にレポートされた後に実行されます。

要素 説明

編集画面を開く

エディターを使用してページコードをカスタマイズします。 このコードは、ページ表示を追跡する呼び出しの直前にすべてのページに挿入されます。 初期設定の _trackPageview コマンドをキャンセルし、ページ名をカスタマイズする独自のコマンドを記述する場合は、スクリプトの最後 に「return false;」と記述してください。

ページコードのカスタマイズ

フィールドを使用してページコードをカスタマイズします。 Tracker Name このコードは、ページ表示を追跡する呼び出しの直前にすべてのページに挿入されます。

初期デフォルトの pageview コマンドをキャンセルし、ページ名をカスタマイズする独自のコマンドを記述する場合は、必ず「return false;」と記述してください。

スクリプトを使用してDTMでGoogle Universal Analyticsオブジェクトを呼び出す

Google Analyticsユニバーサルツールを作成する場合、GAデフォルト名、DTMで生成された名前、特定の名前のいずれを使用するかを選択できます。

GAデフォルト名

GAデフォルト名を使用する場合、スクリプトでは次のようにGoogle Analyticsユニバーサルを使用できます。

ga('send', 'pageview');

DTMで生成された名前

DTMで生成された名前を使用する場合、スクリプトでは次のようにGoogle Analyticsユニバーサルを使用できます。

この例では、DTMGoogle Analyticsユニバーサルインターフェイスからトラッカー名を取得します。

次に例を示します。

ga('38f91ccf1ca252deaaba3c2fc421f0f3.send', 'pageview');

特定の名前

特定の名前を使用する場合、スクリプトでは次のようにGoogle Analyticsユニバーサルを使用できます。

次に例を示します。

ga('alexisuniversal.send', 'pageview');

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now