Dynamic Tag Management への移行

Dynamic Tag Managementには、一般的なJavaScript実装またはTag Manager実装から移行するためのいくつかのオプションが用意されています。

Analytics — 既存のページコードを使用した移行

Dynamic Tag Managementは、デプロイ済みの既存のページコードを使用できます。 サイトにはページコードは導入されませんが、古いコードがすべてサイトから削除されるのを待たずに、事前にルールを追加し、導入を拡張することができます。

レガシーコードが削除されたら、このボックスのチェックを外すだけで、Dynamic Tag ManagementがAnalyticsページコードのサイトへのデプロイを開始し、待たなくてもDynamic Tag Managementの利点をすぐに活用できます。

2番目のインスタンスの設定

Dynamic Tag Managementは、元のAnalyticsはそのままの状態で、完全に個別のAnalyticsを実装する手段を提供します。これにより、それらを並行して実行できます。 これを行うには、新しいインストール用にAnalytics s object のメインの名前を変更します。

Analyticsオブジェクトの名前を変更すると、両方の実装を実行できます。元のタグとDynamic Tag Management内のタグを区別します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now