Adobe Tag Manager 1.0 から Dynamic Tag Management へのマッピング

各Adobe Tag Manager1.0タグをDynamic Tag Managementタグに移行する方法です。

カスタムコアJavaScript

Tag Manager 1.0タグ Dynamic Tag Management 移行手順
カスタムコアJavaScript JavaScript /サードパーティタグ カスタムJavaScriptは、ルールの「JavaScript /サードパーティタグ」セクションに直接導入できます。 ほとんどの場合、ベンダーから提供されたページコードを、追加の設定なしでタグに直接貼り付けることができます。 製品固有のコードがAdobeタグ管理のこのセクションに含まれていた場合は、Dynamic Tag Managementの該当するツールに個別に移行する必要があります。

製品コード

DemdexからDTMのAdobe Audience Managerツールに変換するには、 オーディエンス管理 ツールを追加し、設定します。

次のTag Manager 1.0製品コードタグをAdobe Analyticsツールに変換するには:

  • SiteCatalyst

  • SiteCatalyst/Survey

  • SiteCatalyst /ビデオトラッキング

  • SiteCatalyst > Genesis 統合

次の移行手順を実行します。

Adobe Analytics設定 」の手順に従って、Dynamic Tag ManagementにAdobe Analyticsツールを追加します。

オプション1

オプションを使用してコードをホストし Managed by Adobe ます。 この方法では、コードの基本バージョンが利用され、利用可能な最新のコードバージョンの中から AppMeasurement 選択できます。

このオプションを使用すると、この行 *のカスタマイズの上で、使用可能なインターフェイスフィールドで設定するか​*Customize Page Code 、エディターに貼り付けることができます。

オプション2

Dynamic Tag Managementで手動でs_code/ AppMeasurement ファイルをホストします。 現在のコードが高度にカスタマイズされている場合や、レガシーコードバージョンを使用している場合は、この方法をお勧めします。

  1. 1.0 Adobe Tag Management で、最新のコンテナファイルの Edit 横にあるをクリックします。

  2. をクリック Preview して、生成されたファイルを表示します。

  3. この行コードの 上のすべてをコピーします

宣言で始まり、最初のコマンドで終わるすべてのコードが s_account 宣言で始まり s.setTagContainer ます。 (この場合は含め s.setTagContainer ないでください)。 次に例を示します。

このコードを、Dynamic Tag Managementの Adobe Analytics ツールのカスタムエディターに貼り付けます。

次に、ATMの同じプレビューファイルから、行コードの下のをコピーします。 このコードは次の語句で始まります。

‘/************* DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE! **************/’

2番目の setTagContainer 関数で終わります。 (この場合は、このコードは変更しないでください。 setTagContainer 関数を含めてください)。 このブロック内のコードのみを含めてください。 「カスタムコード(製品後)」セクションに設定されたコードは、プレビューファイルのこのコードブロックの後に含まれるので、コピーには必ず目的のコードブロックのみを含めてください。 次に例を示します。

コードを、Dynamic Tag Managementのカスタムエディター内のコードの後に貼り付け above this line ます。

メモ

コピー&ペーストではエラーが発生する可能性があるので、必ずDynamic Tag Managementの実装を十分に見直し、実稼動環境に発行する前にステージングで入念にテストし、期待どおりの動作が確実に行われるようにしてください。

カスタムコード(製品後)

1.0カスタムコードタグ Dynamic Tag Management 移行手順

HTML

HTML

ATMの実行ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。 ルール内のJavaScript /サードパーティタグ (Third Party Tags )エディターにすべてのコードをコピーします。 目的に応じて、非順次HTMLまたは順次HTMLを選択します。

JavaScript

JavaScript

ATMの実行ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。 ルール内のJavaScript /サードパーティタグ (Third Party Tags )エディターにすべてのコードをコピーします。 目的に応じて、非順次JavaScriptか順次JavaScriptかを選択します。

イメージビーコン

HTML

ATMの実行ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。 ルールのJavaScript /サードパーティタグ (JavaScript / Third Party Tags )エディターに、1.0タグのイメージURLをコピー&ペーストします。 画像URLを<img >タグで囲み、目的に応じて、非順次HTMLまたは順次HTMLとして設定します。 次に例を示します。 <img height="1" width="1" style="border-style:none;" alt="" src=" imageurl"/>

リモートスクリプト

HTML

ATMの実行ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。 ルールのJavaScript /サードパーティタグ (JavaScript / Third Party Tags )エディターに、1.0タグのスクリプトURLをコピー&ペーストします。 スクリプト URLをscriptタグで囲み 、目的に応じて、非順次HTMLまたは順次HTMLとして設定します。 次に例を示します。 <script type="text/javascript" src=" scripturl"></script>

iFrame

HTML

ATMの実行ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。 ルールのJavaScript /サードパーティタグ (JavaScript / Third Party Tags )エディターに、1.0タグのiframe URLをコピー&ペーストします。 iframeの URLをiframeタグで囲み 、目的に応じて、非順次HTMLまたは順次HTMLとして設定します。 次に例を示します。 <iframe height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden" src=" iframeurl"></iframe>

メモ

発生ルールに設定された条件が各カスタムタグ間で同じである場合は、Dynamic Tag Managementでそれらの条件を単一のルールに配置できます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now