ライブラリ管理

この記事では、Dynamic Tag Managementのライブラリ管理設定のフィールドとオプションについて説明します。

プロパティ​>Edit Tool>Library Management

メモ

1 つの Web プロパティで複数の Adobe Analytics ツールを使用する場合は、ツールごとに異なる名前のトラッカー変数を使用する必要があります。1つのWebプロパティ内にあるAdobe Analyticsツール間にオブジェクト変数名の重複があると、競合が発生します。

ページコードが既に存在します

This prevents Dynamic Tag Management from installing Adobe Analytics page code if the code is already present on your site.

この機能を使用すると、一から開始するのではなく、Dynamic Tag Managementを使用して既存の実装を追加できます。 このボックスをチェックする場合は、トラッカー変数名を適切に設定してください。

ライブラリを<Page Top または Page Bottom>にロード

ページコードを読み込むタイミングと位置を指定します。 選択内容にかかわらず、Analyticsツールを使用するルールはすべて同じ設定にする必要があります。

Adobeが管理(推奨)

Dynamic Tag Managementでライブラリを管理できるようにします。

このオプションを選択すると、次のオプションを使用できるようになります。

ライブラリバージョン

メニューから最新バージョンを選択し Library Version ます。 新しいバージョンが提供されると、Dynamic Tag Managementから通知されます。 必要に応じて、以前のバージョンに戻すことができます。

カスタム

ライブラリコードを設定できます。

このオプションを選択すると、次のオプションを使用できるようになります。

次のカスタムコードを使用してレポートスイートを設定

このチェックボックスをオンにすると、Dynamic Tag Managementは、というカスタムコード内の変数を探し s_account​ます。 この変数には、データの送信先となるレポートスイートのコンマ区切りリストを含める必要があります。

ホストするコード

次をホストするオプションを選択し s_codeます。

  • DTM:Dynamic Tag Management 内で s_code をホストできます。Click Edit Code to cut and paste the file directly into the editor.

  • URL 指定:適切な s_code ファイルが既に存在し、それを更新するプロセスに満足している場合、ここでそのファイルの URL を指定できます。Dynamic Tag Management then consumes that s_code file for its implementation of Adobe Analytics.

編集画面を開く

コアの AppMeasurement コードを挿入できます。このコードは、Adobe Analytics の設定で説明されている自動設定方法を使用している場合、自動的に入力されます。

トラッカー変数名

If you want to run two instances of Adobe Analytics in parallel (one within Dynamic Tag Management and one natively), you can rename the main s object. オブジェクト名を変更すると、衝突を回避できます。

このページ