Dynamic Tag Management によるページ読み込み速度はどのように改善されましたか

ページ読み込み速度に影響する問題の効果的な解決方法に関する情報です。

AdobeDynamic Tag Managementは、ページの読み込み速度に影響する問題の効果的な解決策を多数提供します。 Dynamic Tag Managementでは、他のほとんどのソリューションとは異なる方法でページを処理します。コアライブラリファイルに条件ロジックを提供し、必要な場合にのみファイルアセットを配信します。 シナリオベースのロジックとベンダーテクノロジーの正確なアクティベーションに重点を置くことに加え、Dynamic Tag Managementは、ページ速度を大幅に向上させる一連の機能を提供します。 これには、以下が含まれます。

  • サードパーティのホスティングとDNSに依存しない自己ホスト型の静的ファイル配信
  • 非同期配信によるタグの読み込みの並行化
  • タイムアウトを含むタグ無効化オプション(クライアントが変更可能)
  • Dynamic Tag Managementライブラリのスキーマを最適化することで、ファイルサイズを大幅に削減 —競合他社よりも90%以上小さく
  • ファイルの圧縮と配信の向上
  • タイミングと配信の優先順位の最適化。クライアントが変更可能
  • クライアント側でのファイルアセットの配信により、追加のサーバー側処理を排除

各タグ管理システム(TMS)ベンダーは、ページ読み込み速度の問題に対処する必要があり、AdobeDynamic Tag Managementは、これらの問題に対応するために組み立て可能な最適なオプションを提供します。 また、ページの読み込み速度とTMSのオプションを評価する際に回答が必要な、いくつかのガイドとなる質問もあります。

ページ読み込み速度

基本的に、ページの読み込み速度に影響する6つの領域があります。

  1. サイトアセットのキャッシュ
  2. サーバーからのサイトページの作成
  3. ダウンロードするファイル数の削減
  4. ダウンロードするファイルのサイズの縮小
  5. ソースファイルへの接続速度の向上
  6. ファイルの読み込みの順次処理から並行処理への変換

サイトアセットのキャッシュは、ブラウザーレベルで発生し、TMSベンダーが直接対応できるものではありません。 サーバーがサイトページを作成し、配信の準備を行うのに要する時間についても同様です。 どちらの領域でも、ページの読み込みに要する時間が増減する可能性があります。 ページの読み込みに関する最初の2つの問題については、TMSベンダーが直接対処することはできないので、この概要では残りの4つの問題に焦点を当てます。

主要なすべてのTMSオプションは、ダウンロードするファイルの数を減らし、サイズを最適化しようと試みています。 これらのタスクを達成するために各TMSが取るアプローチは多少異なる可能性がありますが、最終的には、各TMSはページに配信されるファイル重み付けに対してある程度の向上を提供しています。 TMSを評価する際には、個々のファイルのパッケージ化とクライアントWebブラウザーへのデプロイに関連するアーキテクチャを理解することが重要です。

  • リクエストのたびにサーバー側でファイルを組み立てるか、事前に発行された静的なファイルを配信するか。
  • ファイルが動的にアセンブリされる場合、要求ごとにファイルのアセンブリにかかる時間はどのくらいか
  • ファイルの一部をサーバー側でのみ管理できるか。管理できる場合、そのアーキテクチャの制限事項は何ですか。
  • ファイルの生成時に使用される圧縮方法は何ですか。
  • TMSでのファイル生成時に、ブラウザーのエラー軽減に役立つような最適化を行っているか。

最終的な分析では、主要な各TMSベンダーが、ダウンロードするファイルの数を削減し、ファイルサイズをある程度の成功率で最適化しています。

TMSソリューションでページ速度の顕著な違いを確認できる領域は、接続速度とファイルの読み込みの領域です。 主要なすべてのTMSサービスは、グローバルに分散したCDNを使用してファイルを配信するオプションを提供しています。 また、AdobeDynamic Tag Managementを使用する場合は、任意のインフラストラクチャでファイルをホストすることもできます。 ほとんどの場合、TMSファイルを配信する効率的な方法はCDNです。 ただし、TMSが提供するホスティング方法に関して、注意を要するいくつかの質問があります。

  • ホストCDNまたは地域DNSサービスが失敗した場合はどうなりますか。

    一部のTMSベンダーのきわめて重要な配信時間に、これらの領域で多くの企業レベルの障害が発生しています。 TMSアセットの自己ホスト型機能を備えたファイルは、クライアントがホストするWebサイトの残りのアセットと共に、それぞれ独自のアーキテクチャまたは選択したアーキテクチャで配信されるので、この状況が発生するのを防ぎます。

  • ファイル取得の応答時間はどの程度か。

  • 国際訪問者の応答時間は、地域別ユーザーの応答時間と大きく異なるか。

  • TMSが管理するサードパーティコードのベンダー(Facebook、Google、Foreseeなど)は、どの程度の応答性を実現しているか。

    TMSファイルが迅速に配信される場合でも、これらの各サードパーティ接続によって遅延が発生する可能性があります。 ベンダーの遅延を緩和する、クライアント側で調整可能なタグタイムアウトがTMSに用意されているか。

ファイルの読み込みもページ速度に影響しますが、具体的には、ユーザーの操作性に影響します。 タグの非同期読み込み、配信されるファイルアセットを決定する条件ロジックの使用、タグのタイムアウトの配置により、タグの動作を並行化し、ページの読み込みを向上させることができます。 ページ読み込みの最後のタグの重み付けが大きく異なることはありませんが、サードパーティベンダーのタグを同期読み込みから非同期読み込みに移行すると、複数のアセットを一度に1つではなく並行して読み込むことができます。 TMSは、ベンダーコードのタイミングと順次実行に関して、どの程度の柔軟性を備えていますか。 TMSベンダーは、ファイルの読み込みに関連してページのパフォーマンスを最適化するためのベストプラクティスを提供していますか。 サードパーティベンダーのコードを同期読み込みから非同期読み込みに、またはその逆に簡単に変更できますか。

AdobeDynamic Tag Managementは、これら4つのページ速度に関する領域のそれぞれに優れており、ホスティングなどの特定のケースでは、他のベンダーよりも優れたソリューションを提供します。 ただし、TMSの評価時に対処する必要がある領域は、ページの読み込み速度だけです。 ワークフローとガバナンス、ルールの展開方法、ユーザーインターフェイス、導入、移行、メンテナンス、ユーザーセグメント化機能に関して、重要な質問に答える必要があります。 これらの領域は、長期的にクライアントが楽しみに利用できる実績のあるシステムとして、AdobeDynamic Tag Managementを際立たせるものです。

このページ