埋め込みコードとホスティングオプション

この記事には、Dynamic Tag Managementの様々なホスティングオプションに関する情報が含まれています。Akamai、自己ホスト型FTP配信、自己ホスト型ライブラリのダウンロードなどが含まれます。

重要

導入を成功させるためには、Adobe ヘルプの指示に従うことが重要です。特に、ヘッダーのコードは、ドキュメントテンプレートの <head> セクションに配置する必要があります。また、フッターのコードは、</body> 終了タグの直前に配置する必要があります。これらの埋め込みコードのいずれかをマークアップの他の場所に配置する、または非同期メソッドを使用して埋め込みコードを追加する方法は、Dynamic Tag Managementのサポートされ ていない実装です

サポートされていない実装は、予期しない結果を生み出し、カスタマーケアおよびエンジニアリングが実装の支援を行うのを妨げます。

単一のページに複数の埋め込みコードを含めることは、競合の原因となるのでサポートされていません。

ホスティングワークフロー

次の図に、Dynamic Tag Managementでのホスティングワークフローを示します。

ホスティングオプション

Dynamic Tag Managementは、 Embed タブにある次の1つ以上のオプションを使用してデプロイできます。

Akamai(AmazonS3から移行)

  • 実装が最も単純なホスティングオプションです。
  • グローバルな分散配信ネットワーク。
  • サードパーティインフラストラクチャの依存関係(DNSルックアップ、Akamai可用性)が追加されます。
  • AmazonS3からAkamaiへの移行について詳しくは、 Akamai を参照してください。
  1. Dynamic Tag Managementによって、カスタムJavaScriptライブラリが生成されます。
  2. Dynamic Tag Managementが、AkamaiにカスタムJavaScriptライブラリを書き出します。
  3. ターゲットのWebサイトでは、AkamaiがホストするDynamic Tag Managementライブラリを直接ページレベルで参照します。

Amazon S3

メモ

2015年7月31日以降、AdobeはAmazonS3をサポートしなくなります。 AmazonS3のDynamic Tag Managementライブラリは、2015年12月31日まで引き続き提供されますが、読み取り専用です。 Dynamic Tag Managementで行った変更は、これらのファイルには反映されなくなります。

2015年7月31日以降にサイトに追加の変更をデプロイするには、他のホスティングオプションの1つを選択する必要があります。 ベストプラクティスとして常に推奨されるのは自己ホスト型(FTP配信またはライブラリのダウンロード)ですが、サードパーティのAkamaiホスティングもワールドクラスのオプションです。

自己ホスト型:FTP配信

Dynamic Tag Managementでは、FTPプロトコルを使用してカスタムJavaScriptライブラリをWebコンテンツサーバーホストに直接エクスポートする push アプローチを使用します。

このソリューションでは、カスタム Dynamic Tag Management ライブラリに対して変更を発行するために、Web コンテンツサーバー上の FTP サーバーおよび資格情報を使用する必要があります。

詳しくは、「 FTP」を参照してください。

  1. Dynamic Tag Managementによって、カスタムJavaScriptライブラリが生成されます。
  2. Dynamic Tag Managementが、FTPを使用してホストサーバーにカスタムJavaScriptライブラリをエクスポートします。
  3. ターゲットのWebサイトでは、カスタムDynamic Tag Managementライブラリをローカルで参照します。

自己ホスト型:ライブラリのダウンロード

このアプリケーションでは、カスタムJavaScriptライブラリをAmazonS3に書き出すための pull アプローチを使用しています。 ライブラリは、ホストされているサーバー側のプロセスでアクセスできます。

また、ライブラリは、Dynamic Tag Managementインターフェイスから直接Webダウンロードして利用できます。

このソリューションでは、Dynamic Tag Managementライブラリを手動で取得して発行するか、AkamaiからWebコンテンツサーバーにライブラリを自動的に取り込むプロセスを作成する必要があります。

このアプローチは、の設定に最も多くの時間がかかりますが、最も安全で柔軟なオプションでもあります。

詳しくは、「 ライブラリのダウンロード」を参照してください。

  1. Dynamic Tag Managementによって、カスタムJavaScriptライブラリが生成されます。
  2. Dynamic Tag Managementが、AkamaiにカスタムJavaScriptライブラリを書き出します。
  3. カスタムDynamic Tag Managementライブラリは、手動またはプログラムでWebコンテンツサーバーに移動します。
  4. ターゲットのWebサイトでは、カスタムDynamic Tag Managementライブラリをローカルで参照します。

FTP配信とライブラリのダウンロードオプションをCDNやインフラストラクチャにホストすることで、パフォーマンスの向上とセキュリティの管理の強化を期待できます。

このビデオを最後まで学習すると、次のことが可能になります。

  • 各種ホスティングオプションの説明

ホスティングに関する考慮事項(FAQ)

ホスティングオプションを決定する際は、次の質問を考慮してください。

組織にとって最適なホスティングオプションを決定する際には、次の質問を考慮する必要があります。

  • ホスティングオプションの選択方法を教えてください。

    Dynamic Tag Managementは、システムの実行に必要なすべてのコードを含む様々なJavaScriptファイルを作成し、使用します。 これらのライブラリファイルは、Adobeがホストすることも、独自のWebアーキテクチャ内の独自のサーバーでホストすることもできます。

    「ライブラリのダウンロード」ホスティングオプションを使用すると、ライブラリファイルを自己ホストすることもできます。 権限を持つDynamic Tag Managementユーザーがソフトウェアに変更を加えると、システムによってそれらの変更がライブラリファイルに書き出されます。 このオプションを使用してサーバー上でライブラリファイルをホストする場合、システムがこれらの変更をサーバーに取得する方法を必要とします。 「ライブラリのダウンロード」ホスティングオプションを使用すると、システムからping(HTTP POST)がお使いのシステムに送信され、ライブラリファイルに更新が行われたことがお使いのサーバーに通知されます。 ITチームは、cronジョブやその他のスクリプト化されたプロセスを作成して、変更されたファイルをサーバーが取得できるようにします。 この方法により、Dynamic Tag Managementで変更が行われた場合は常に、サーバーでホストしているファイルを自動的に更新できます。

    1つのWebプロパティに対して、これらのホスティングオプションのうち1つ以上を使用できます。単一のページに複数の埋め込みコードを使用することはできません。 例えば、ステージング環境でAkamaiを使用し、実稼動環境で自己ホストオプションの1つを使用することができます。 また、エージェンシーパートナーがホストする任意のサイト、ドメイン、サブドメインにAkamaiオプションを使用することもできます。 これらのオプションを使用すると、特定のニーズに応じてライブラリファイルをより柔軟にホストできます。

  • Webサイトのコンテンツソースに関する現在のポリシーは何ですか?

    この質問に対する答えは、JavaScriptライブラリをAkamaiでホストできるか、FTP経由でWebサイトのファイル構造にプッシュできるか、またはサーバーサイドのプロセスで手動でファイル構造に取り込めるかを判断するのに役立ちます。

  • 一度に複数のDynamic Tag Managementライブラリホスティングオプションを使用できますか。

    はい。任意の数のホスティングオプションをオンにして使用でき、異なるドメインやサブドメインに異なる埋め込みコードを使用できます。

    例えば、ステージング、開発、テストまたはUATなど、実稼働環境以外の低レベルの環境には、Akamaiオプションを使用できます。 実稼働環境には、「ライブラリのダウンロード」などの自己ホストオプションの1つを使用できます。

    同じページでは、複数のオプションを使用できないことに注意してください。 1つのページに複数のヘッダー埋め込みコードを実装しないでください。

  • 現在のWebサイトコンテンツの展開プロセスは何ですか。

    このプロセスは、Dynamic Tag Management管理インターフェイスからサイトにどの程度迅速に変更を導入できるかに影響します。 また、WebサイトへのDynamic Tag Managementの最初のインストールに要する時間にも影響します。

  • 現在のページレベルのマークアップおよびWebサイトの構造は何ですか。

    ページレベルのマークアップとWebサイトの構造上の意思決定に関する基本的な知識があれば、Dynamic Tag Managementの適切なインストールや管理インターフェイス内でのルールの構築に役立ちます。

    識別する主な項目は次のとおりです。

    • Webページのセクション内で参照されるJavaScriptライブラリ <head>
    • ページの個々のセクション(ヘッダーやフッターなど)が動的に生成されるかどうか。

    使用するコンテンツ管理システムに関する知識は、適切なホスティング手法を決定する際に役立ちます。

Akamai

Akamaiは、外部ホスティングの主な選択肢です。 Akamaiは、信頼性の高いホスティング機能を提供する、実装が最も簡単なオプションです。 Akamaiは、DNSルックアップ、読み込み時間の高速化、ラウンドトリップ配信時間の高速化など、サードパーティインフラストラクチャに最も依存しています。

Akamaiホスティングオプションを使用すると、Akamaiアーキテクチャ上に配置されたAdobeのエッジCDNに、Webプロパティライブラリファイルを保存できます。 このオプションを使用すると、ページテンプレートに埋め込みコードをインストールし、社内のITチームやサーバーを使用することなく、すばやくDynamic Tag Managementを設定および実行できます。

メモ

2015年7月31日以降、AdobeはAmazonS3をサポートしなくなります。 AmazonS3のDynamic Tag Managementライブラリは、2015年12月31日まで引き続き提供されますが、読み取り専用です。 Dynamic Tag Managementで行った変更は、これらのファイルには反映されなくなります。

2015年7月31日以降にサイトに追加の変更をデプロイするには、他のホスティングオプションの1つを選択する必要があります。 ベストプラクティスとして常に推奨されるのは自己ホスト型(FTP配信またはライブラリのダウンロード)ですが、サードパーティのAkamaiホスティングもワールドクラスのオプションです。

Akamai キャッシュ制御ヘッダー

Cache control headers are automatically set for libraries hosted on Akamai (assets.adobedtm.com).

  • 実稼動環境ビルド:キャッシュ制御ヘッダーは 60 分に設定されています
  • Staging builds with -staging in the filename: Cache control headers are set to 0 minutes
メモ

キャッシュ制御ヘッダーを受信して適用するのはブラウザー次第です。一部のブラウザーでは無視される場合があります。

Akamaiホスティングを選択する理由

Dynamic Tag Managementの「埋め込み」セクションでAkamaiオプションを選択すると、Dynamic Tag Managementライブラリファイルが、Akamaiアーキテクチャ上で実行されるAdobeのエッジCDNから訪問者に提供されます。

Akamai は、世界中からの大量の Web 訪問者に対してもコンテンツを提供できる、堅牢なアーキテクチャを備えています。Akamai は、負荷分散が行われ、地域に最適化された冗長構成のネットワークを提供し、世界中のどこにいる訪問者にもすばやくコンテンツを提供します。

特に、87 か国で 13 万 7,000 台を超えるサーバーを 1,150 以上のネットワークで運用しています。冗長性に関しては、Akamaiは単にサーバー間でルーティングを行うだけでなく、必要に応じてサーバーのノード間でルーティングを行います。 つまり、各ノードは冗長性を確保するために複数のサーバーで構成されているので、1台のサーバーが停止してもノード内の他のサーバーが引き継ぐので問題ありません。 ノード全体がダウンした場合は、最も近い別のノードが、キャッシングされた同じコンテンツを使用して処理を引き継ぎます。ノードは、訪問者の場所、トラフィックの負荷、その他の要因に基づいて動的に選択されるので、コンテンツは常に各訪問者の最も近い最適なノードから提供されます。

Akamaiが利用できない場合にエラーを回避できますか。

いいえ。ライブラリが使用できない場合、Dynamic Tag Managementはクライアント側から何も実行できません。 ただし、Akamaiが利用できない可能性は非常に低いと考えられます。

AmazonS3からAkamaiへの移行

AmazonS3コードを置き換えて、AmazonS3ホスティングからAkamaiに移行します。

メモ

2015年7月31日以降、AdobeはAmazonS3をサポートしなくなりました。 AmazonS3のDynamic Tag Managementライブラリは、2015年12月31日まで引き続き提供されますが、読み取り専用です。 Dynamic Tag Managementで行った変更は、これらのファイルには反映されなくなります。

2015年7月31日以降にサイトに追加の変更をデプロイするには、他のホスティングオプションの1つを選択する必要があります。 ベストプラクティスとして常に推奨されるのは自己ホスト型(FTP配信またはライブラリのダウンロード)ですが、サードパーティのAkamaiホスティングも非常に優れた方法です。

  1. Navigate to the Embed tab.

  2. 既存のAmazonS3ヘッダーコードを、新しいAkamaiヘッダーコードに置き換えます。

    フッターコードは変更する必要はありません。

  3. クリック Akamai して On 位置を指定します。

    手順の結果

  4. 目的の Amazon S3Off 位置に対するオプションをクリックします。

    メモ

    AmazonS3を無効にすると、AmazonS3ホスティングを使用できなくなります。 電源を切る前に、AmazonS3が不要になったことを確認します。

    Dynamic Tag ManagementのAkamaiホスティングは、現在Webサイトで使用しているAkamaiホスティングとは独立して機能します。

FTP

この節では、FTP(方法論)を使用したDynamic Tag Managementの導入手順を説明し push ます。

「FTP配信ホスティング」オプションを使用すると、ライブラリファイルを自己ホストできます。 権限を持つDynamic Tag Managementユーザーがソフトウェアに変更を加えると、Dynamic Tag Managementによってその変更がライブラリファイルに書き込まれます。 このオプションを使用して、サーバー上のライブラリファイルをホストする場合、Dynamic Tag Managementは、これらの変更をサーバーに取得する必要があります。 FTP配信ホスティングオプションを使用すると、Dynamic Tag Managementは、システムに入力した資格情報とサーバーの場所を使用して、システムに接続し、変更されたファイルを配信します。 この方法により、Dynamic Tag Managementで変更が行われた場合は常に、サーバーでホストしているファイルを自動的に更新できます。

FTP経由でデプロイできるのは、管理者である必要があります。

  1. In the web property, click the Embed tab.

  2. FTP Delivery」をクリックします。

  3. ステージングサーバーと実稼働サーバーに必要なFTP情報を入力し、をクリックし Save FTP Information​ます。

    メモ

    必要 Enable Relative Hostnames for Staging and Production Library Hosting​に応じて、をクリックします。 相対ホスト名を有効にすると、指定したライブラリパスの前に「window.location.hostname」が付加されます。 これにより、DTMは、ホストされたスクリプトを相対パスから読み込むことができ、各デプロイのパスを編集せずにライブラリをホストできます。

  4. 右上隅のスイッチをに切り替え ON​ます。

  5. とをクリック Header Code して、これらのセクション Footer Code を展開します。

  6. 適切な Copy Embed Code ボタンをクリックして、ステージング用または開発用の環境のヘッダーおよびフッターコードをコピーします。

    メモ

    ステージングコードは、ステージングまたは開発環境にのみ使用できます。 実稼動用コードは、実稼動サイトに配置する必要があります。

  7. ヘッダーコードをコピーして、WebサイトのすべてのページのサイトHTMLの「HEAD」セクション内に配置します。 できる限り、開始タグの近くに配置 <head> します。

  8. フッターコードをコピーして、WebサイトのすべてのページのBODYセクション内に配置します。 できるだけ終了 </body> タグの近くに配置します

Library download

この節では、ライブラリのダウンロード(手法)を使用してDynamic Tag Managementを導入する手順を説明し pull ます。

「ライブラリのダウンロード」ホスティングオプションを使用すると、ライブラリファイルを自己ホストすることもできます。 権限を持つDynamic Tag Managementユーザーがソフトウェアに変更を加えると、Dynamic Tag Managementによってその変更がライブラリファイルに書き込まれます。 このオプションを使用して、サーバー上のライブラリファイルをホストする場合、Dynamic Tag Managementは、これらの変更をサーバーに取得する必要があります。 「ライブラリのダウンロード」ホスティングオプションを使用すると、Dynamic Tag Managementはping(HTTPの投稿)をシステムに送信して、ライブラリファイルに更新があったことをサーバーに知らせます。 ITチームは、cronジョブやその他のスクリプト化されたプロセスを作成して、変更されたファイルをサーバーが取得できるようにします。 この方法により、Dynamic Tag Managementで変更が行われた場合は常に、サーバーでホストしているファイルを自動的に更新できます。

ライブラリのダウンロードを使用して展開するには、管理者である必要があります。

  1. In the web property, click the Embed tab.

  2. 左のナビゲ Library Download ーションでをクリックします。

  3. 次のオプションフィールドのいずれかまたは両方に入力します。

    オプション 説明
    共有暗号鍵 ダウンロード中にDynamic Tag Managementライブラリを暗号化します。 共有暗号鍵を入力すると、AES-256を使用して、このパスフレーズを使用して.zipファイルが暗号化されます。
    導入フックURL Dynamic Tag Managementファイルのサーバーへのデプロイプロセスは、更新があった場合に必ず自動化できます。 指定したパブリックURLを介してアクセス可能なスクリプトを作成します。 デプロイフックURLを入力すると、バンドルが正常に更新されるたびに、HTTPPOSTが実行されます。 投稿の本文には、バンドルのダウンロードURLを含むペイロードが含まれます。
  4. ステージング用と実稼働用の、の下のフィールド Domain and Paths to Tracking Fileに入力します。

    サーバーにデプロイする際のファイルの場所を指定します。 プロトコルや先頭または末尾のスラッシュや末尾のスラッシュを含めないでください。 Dynamic Tag Managementには、実稼働環境およびステージング環境用のHTTPまたはHTTPSのドメインとパスが必要です。

    メモ

    必要 Enable Relative Hostnames for Staging and Production Library Hosting​に応じて、をクリックします。 相対ホスト名を有効にすると、指定したライブラリパスの前にが付加され window.location.hostnameます。 これにより、DTMは、ホストされたスクリプトを相対パスから読み込むことができ、各デプロイのパスを編集せずにライブラリをホストできます。

  5. それぞれの環境(ステージングまたは実稼働環境)に対して指定したURLからファイルをダウンロードし、設定で指定した場所に展開します。

  6. セクション Header Code とをクリックし Footer Code ます。

  7. 適切な Copy Embed Code ボタンをクリックして、ステージング用または開発用の環境のヘッダーおよびフッターコードをコピーします。

    メモ

    ステージングコードは、ステージングまたは開発環境にのみ使用できます。 実稼動用コードは、実稼動サイトに配置する必要があります。

  8. ヘッダーコードをコピーして、WebサイトのすべてのページのサイトHTMLの「HEAD」セクション内に配置します。 できる限り、開始タグの近くに配置 <head> します。

  9. フッターコードをコピーして、WebサイトのすべてのページのBODYセクション内に配置します。 できるだけ終了 </body> タグの近くに配置します

このページ