ヘッダーおよびフッターコード

Dynamic Tag Managementを使用して、サイトへのJavaScriptおよびページコンテンツの読み込みを決定するヘッダーおよびフッターコードを追加します。 使用するホスティングオプションに関係なく、サイトのすべてのページにヘッダーとフッターの両方のコードをインストールする必要があります。

このビデオを最後まで学習すると、次のことが可能になります。

  • 埋め込み要素について理解する
  • ステージングと実稼働の違いの説明
  • 埋め込みコードとs.codeを混同しないよう注意してください。

Dynamic Tag Managementにはヘッダーとフッターの両方にコードのスニペットが含まれているので、ページの先頭または末尾でルールを実行できます。 この機能を使用すると、ページの追跡の制御を維持したまま、テストツールや他のテクノロジーを実装できます。

Dynamic Tag Managementは、変更を実稼動環境にプッシュする前に、変更をステージング環境でテストするために使用できる、ステージングおよび実稼動用の埋め込みコードを作成します。

重要

導入を成功させるためには、Adobe ヘルプの指示に従うことが重要です。特に、ヘッダーのコードは、ドキュメントテンプレートの <head> セクションに配置する必要があります。また、フッターのコードは、</body> 終了タグの直前に配置する必要があります。これらの埋め込みコードのいずれかをマークアップの他の場所に配置する、または非同期メソッドを使用して埋め込みコードを追加する、または埋め込みコードを任意の方法でラップする、Dynamic Tag Managementの実装 はサポートされていません 。 埋め込みコードは、指定したとおりに実装する必要があります。

サポートされていない実装は、予期しない結果を生み出し、カスタマーケアおよびエンジニアリングが実装の支援を行うのを妨げます。

Dynamic Tag Managementにはヘッダーとフッターの両方にコードのスニペットが含まれているので、ページの先頭または末尾でルールを実行できます。 この機能を使用すると、ページの追跡の制御を維持したまま、テストツールや他のテクノロジーを実装できます。

このページ