DTMでのグループの作成と管理

ユーザーグループの作成、グループメンバーの割り当て、デフォルトの役割の指定を行います。

グループ管理を使用すると、ユーザーを整理し、アクセスレベルを管理しやすくなります。 この Groups ページには、アカウント内で設定されているすべてのユーザーグループがリストされます。 権限はユーザーグループレベルで設定されるので、グループ内のすべてのユーザーはグループ権限を継承します。

ページにアクセスするには、 Groups 会社ダッシュボードでをクリックし Groups​ます。

デフォルトの役割

Dynamic Tag Managementには、権限の異なる5つのユーザーの役割があります。

次の表に、各デフォルトの役割に継承される権限を示します。

ユーザの役割 ルールの作成 ルールの編集 ルールのテスト ApproveRules
PublishRules
ユーザーの作成/
編集

CreateProperty
ユーザー
承認者
発行者
承認者と発行者
Admin

既存のお客様向けに移行されたグループ

Dynamic Tag Managementの既存のお客様には、これらのデフォルトの役割に加えて、日付と時間のスタンプが付いた移行済みレガシーグループが1つ以上表示される場合があります。

例:Group - 2015-07-21 21:19:57:884。

既存のお客様で、すべてのプロパティに対してユーザーロールを持つユーザーが存在する場合、それらのユーザーは新しいユーザーグループに自動的に移行されます。 ただし、一部のプロパティに対して「ユーザー」役割を持ち、他のプロパティに対して「発行者」役割を持つ他のユーザーは、日付とタイムスタンプが付いた移行済みグループに配置されます。 レガシーグループは、システム内の各シナリオに対して1つ作成されます。 アドビのテストでは、10個ものレガシーグループを持つ会社がいくつか見られました。

別の例として、Dynamic Tag Management会社への参加招待をまだ受け入れていないユーザーがいて、一致するデフォルトグループがない場合があります。 これらのユーザーは、招待を受け入れた後、関連付けられたプロパティと役割に従ってレガシーグループに追加されます。

これらのレガシーグループは、必要に応じて編集でき、意味のある説明的な名前に変更する必要があります。

グループ追加のユーザー

追加(招待)ユーザーを既存のグループに招待する。

  1. 会社ダッシュボードで、をクリックし Groups​ます。

  2. 既存のグループ Edit の横にあるをクリックします。

    また、新しいグループの 作成の説明に従い、新しいグループの作成時にユーザーを招待することもできます

  3. ドロップダウン Add User リストで、ユーザーの電子メールアドレスを選択し、をクリックし Add User to Group​ます。

    ドロップダウンリストには、システム内で使用可能なユーザーが入力されます。 ユーザーを追加すると、そのユーザーの電子メールアドレスはドロップダウンリストから削除されます。

    各ユーザーに、グループメンバーシップを受け入れるためのリンクが記載された電子メールメッセージが届きます。 招待を受け入れるまで、リストには表示されません。

  4. 必要に応じて、追加追加のユーザーを追加します。

  5. Save Group」をクリックします。会社ダッシュボードで、 Users タブをクリックしてリストの表示を行い、関連情報を確認できます。名前、電子メールアドレス、更新者、所属するグループ(管理者、ユーザーなど)。

ユーザーが複数のグループに属する場合、表示される役割は、アクセスのレベルが最も高い役割です。 例えば、一部のプロパティに対して「ユーザー」役割を持ち、他のプロパティに対して「管理者」役割を持つユーザーの場合、次のように、リストに「管理者」が表示されます。

をクリックして、特定のユーザー Revoke に対する招待を取り消すか、をクリックして、そのユーザー Resend に招待の電子メールメッセージを再度送信することができます。

また、特定のプロパティに移動し(会社ダッシュボード/目的のプロパティ)、 Manage Groups ボタンをクリックして、そのプロパティを持つグループにユーザーを追加することもできます。

Create a new group

新しいユーザーグループを作成し、デフォルトの役割を選択して、ユーザーをグループに追加します。

メモ

新しいグループを作成するには、会社管理者である必要があります。

  1. 会社ダッシュボードで、をクリックし Groups​ます。

  2. Create New Group」をクリックします。

  3. 以下のフィールドに入力します。

    名前:(必須)グループを説明する名前を指定します。

    説明:​グループの説明を指定します(オプション)。The description displays on the Groups page and can help you locate a specific group and determine its purpose.

    ツールのチェックボックス:(オプション)任意のツールの横にある目的のチェックボックスをオンにして、それらのツールへのアクセスを制限します。このチェックボックスを選択すると、このグループのユーザーは、選択したツールおよびルール内の関連するツール設定を作成または変更できません。デフォルトでは、グループ内のすべてのユーザーがすべてのツールにアクセスできます。

    ツールの横の緑のチェックマークは、対応するツールが現在このプロパティ用にインストールされていることを示します。

    ユーザーが2つのグループに属し、一方のグループがツールのアクセスを制限し、他方のグループがアクセスを許可している場合、選択した任意のツールに対するアクセス権は制限されます。

    管理者グループのすべてのユーザーは、すべてのツールの作成および変更およびルール内の関連するツール設定に対するフルアクセス権を持っています。 管理者グループを作成または編集している場合、ツールのチェックボックスはUIに表示されません。

    デフォルトの役割:(オプション)デフォルトの役割を選択します。以降に新しく作成されるすべてのプロパティは、この役割を継承します。

    ユーザの役割 ルールの作成 ルールの編集 ルールのテスト ApproveRules
    PublishRules
    ユーザーの作成/
    編集

    CreateProperty
    ユーザー
    承認者
    発行者
    承認者と発行者
    Admin

    承認者グループと発行者グループにユーザーを追加する場合、それらのユーザーには、承認者および発行者グループのユーザーと同じ役割が割り当てられます。

    ほとんどの場合、上の表に示した役割で十分です。 ただし、カスタムのデフォルトのロールを作成することはできます。

  4. (オプション)デフォルトの役割を独自に作成するには、をクリック Define Role Per Property​し、必要に応じて、プロパティごとに別のデフォルトの役割を選択します。

    次の図では、プロパティ1のデフォルトの役割がで User 、プロパティ2のデフォルトの役割がで Approverす。

    プロパティごとに異なる役割を持つエージェンシーでは、一部のユーザーに特定のプロパティへのアクセス権を持たせ、他のプロパティへのアクセス権を持たせない場合があります。 様々なプロパティへのアクセス権を持つグループを作成する利点の1つは、エージェンシーの訪問者と訪問者がいる場合です。 グループから既存のユーザーを削除して新しいユーザーを追加するだけで、様々なプロパティへのアクセス権を設定するのに時間をかける必要はありません。

    プロパティごとに異なるデフォルトの役割を指定する場合は、わかりやすい名前を付け、オプションで説明を入力するようにグループに名前を付けます。

    メモ

    を再度クリックして Default Role​Define Role per Property セクションを折りたたむと、セクションを折りたたむ前に設定されていた設定に関係なく、すべての役割がデフォルトの役割に設定されることに注意してください。

  5. ドロップダウン Add User リストで、ユーザーの電子メールアドレスを選択し、をクリックし Add User to Group​ます。

    ドロップダウンリストには、システム内で使用可能なユーザーが入力されます。 ユーザーを追加すると、そのユーザーの電子メールアドレスはドロップダウンリストから削除されます。

    各ユーザーに、グループメンバーシップを受け入れるためのリンクが記載された電子メールメッセージが届きます。 招待を受け入れるまで、リストには表示されません。

  6. 必要に応じて、追加追加のユーザーを追加します。

  7. Save Group」をクリックします。

グループの編集

既存のユーザーグループを編集して、名前、説明、デフォルトの役割を変更したり、ユーザーをグループに追加したりします。

メモ

グループを編集するには、会社管理者である必要があります。

  1. 会社ダッシュボードで、をクリックし Groups​ます。
  2. 目的のグループ Edit の横にあるをクリックします。
  3. 新しいグループの 作成の説明に従い、目的のフィールドを編集します
  4. Save Group」をクリックします。

Delete a group

不要になった既存のユーザーグループを削除します。

メモ

グループを削除するには、会社管理者である必要があります。

  1. 会社ダッシュボードで、をクリックし Groups​ます。

  2. 目的のグループ Edit の横にあるをクリックします。

  3. Delete」をクリックします。

  4. をクリック Yes して、グループを削除することを確認します。

    このグループのユーザーは、関連付けられたプロパティにアクセスできない可能性があります。

    メモ

    管理者グループは削除しないでください。 これを行うと、Adobeを呼び出して管理者グループに再追加する必要がある場合があります。

  5. Save Group」をクリックします。

このページ